DSC01451DSC01452
本日はアクアが入庫しております。

こちらのお車には約1年前にDLS RCS6.2スピーカーとモスコニONE80.4パワーアンプを取り付けさせていただきました。

DSC01454DSC01465

その時の施工詳細がこちら↓↓↓
  1. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  2. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  3. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  4. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  5. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  6. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  7. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  8. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  9. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  10. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細

そして今回はチューンナップウーファーの取付で入庫です。

DSC01457
ケンウッドのこちらをチョイス。
チューンナップウーファーの場合は、物の選択以前に車室内のどこに設置するかという事を決める必要があります。

ラゲッジルームは邪魔になるのでほとんどの方がシート下へ設置を希望されます。
ただしシート下はサイズの制約がありますので必ず事前に現車確認で採寸をする必要があります。

さらにウーファー効果を引き出すためには専用のボードを製作した上での固定が必須となりますので、その専用ボードも想定したクリアランスの確保が必要となります。


DSC01465
運転席下には前回設置したアンプがありますので必然的に助手席下となります。

DSC01459DSC01460
しかし助手席下にはジャッキが収納されているのでこのままでは設置が出来ません。
しかもジャッキを固定するアングルがフロアー下から角のように生えています。

お客様と相談してジャッキを外してアングルのでっぱり部分を加工する事にしました。

DSC01462
施工予約前に予め採寸しているので設置できることは確実ですが、専用ボード製作のためにシート下のクリアランスを今一度確認しながら設計製作していきます。

DSC01463DSC01467
シート下のクリアランスをチェックした後はシートを取っ払ってベースのボードを製作していきます。

DSC01469
まずはこの角をどうするか思案します!!


『たかがウーファー取付にこんな手間暇かけるの?』
と思われるかもしれませんが、そもそもの『何のためにウーファーを取り付けるのか?』という事をちゃんと理解していれば必然なのではないでしょうか?

「ただ物を取り付けて音が鳴ればいい」のであればこんな手間暇かけなくてもいいかもしれませんが、少なくとも『音つくりのプロ』であればそれが必然だという事は理解できるはずです。

今回は2日間のお預りです。
おっと、もうこんな時間!!
早くしないと間に合わないので続き行ってまいります!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから