DSC02662DSC02663
本日はここ最近ではお馴染みとなったアルパインjuba搭載のエスティマが入庫です。

DSC02664


先日ツィーターのグレードアップとAピラーへの埋込加工をさせて頂きました。

DSC02665DSC02666

ツィーターのグレードアップにより更に音のリアリティーが増したのですが、それに伴いアンプのゲインバランス(バイアンプ仕様)の再調整の必要性も感じられます。
ツィーターの鳴り方(音色)が変わるので当然ですね。


DSC02669DSC02668
パワーアンプのゲイン調整は非常に重要かつ奥が深いセッティングメニューです。

せっかくパワーアンプを取り付けてもヘッドユニットのプリアンプとのベストなバランスを見極めたゲイン調整が出来ないと、ちょっとヴォリュームを上げただけで音が歪んでしまったり、逆にパワー不足でスピーカーのクオリティーを活かせなかったりという、最悪なサウンドになり宝の持ち腐れとなってしまいます。

アンプのゲイン調整を適当に合わせて、ヘッドユニットに装備されているサウンド調整機能やプロセッサーを重視したサウンドセッティングでは、パワーアンプを活かした音つくりは不可能です。

歪んだ音になるのが目に見えますね(汗)

パワーアンプを取り付ける意味がありません。
そんなセッティングなら内蔵アンプの方がいい音するでしょうね。

DSC02680DSC02681
ちなみにギターアンプにもプリアンプ、パワーアンプがありゲイン調整があります。

ギターアンプの場合は歪具合の調整をするのでオーディオのゲイン調整とは少々意味合いが違いますが、『目的の音を作り出す重要性』という意味では同じ事です。
ギターアンプのゲイン調整もかなり奥が深く、『心地良い歪の音』を作るのは一筋縄にはいきません(汗)


DSC02670
ゲイン調整の前にしばらく音出しをしてアンプを温めます。
調整中はエンジンをかけた状態なので扇風機でピット内の熱気を逃がします。


DSC02679

そろそろアンプも良い感じに温まっている頃なので行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m