現在進行中のアバルト124スパイダー。

まずはスーパーデッドニング工程から。

DSC04213DSC04226
ドア内部を脱脂処理。

DSC04237DSC04239
アウターパネル裏を指先で叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。
制振材を貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC04240DSC04241
鉄板の余計な響きを消しつつベース音の余韻を奏でるように響きをコントロールしていきます。


DSC04225DSC04250
並行してスーパーチューニングの施工を行います。

DSC04235DSC04236
内張り裏全面に制振塗料『ダイポルギー』を塗り込むために特殊なペーパーで足付けをして密着性を高めます。

DSC04245DSC04251
ダイポルギーを水である程度薄めて刷毛で塗り込んでいきます。

DSC04252DSC04253
1回塗ってある程度乾燥させた後に2回目を厚めに塗っていきます。

乾燥させている間にスピーカーケーブル交換のために内装をバラしていきます。

DSC04255DSC04259
シートを外しセンターコンソルも外します。

DSC04262DSC04263
運転席側、助手席側のパネルも外します。

スピーカーケーブルの経路を調べていくにつれて外していくパネルが増えていき、想定以上に大掛かりな作業となってきました(汗)

DSC04269
外装はミイラ状態となっています(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m