しばらくお預かり中のステップワゴン。
施工の方は着々と進行しいよいよ佳境に入ってまいりました!!

DSC06116
スーパーインナーバッフルの完成、そして無事音出しOKです!!

あまり時間がないのですがスーパーインナーバッフル製作工程を少しご紹介。

DSC06024DSC06019
純正スピーカーの取付位置を基準に、内張りに干渉しない範囲内で極力面積の広い形状をデッサンします。

DSC06025DSC06026
これをもとに適度な厚みのボードで切り出します。

DSC06028DSC06029
内張りに干渉しないか入念にチェック。

DSC06032DSC06034
ドアに的確な位置に仮留め。
純正のスピーカー穴の方が小さいため鉄板が見えています。
このままではスピーカー裏から出る背圧に悪影響を及ぼしますのでカットします。

DSC06035DSC06036
斜線部分をカットします。
周りのマーキングはインナーバッフルを固定するためのボルトを通す穴位置です。

DSC06037DSC06038
鉄板をカットする前に鉄粉が車内やドア内部に飛び散らないように入念に養生を行います。

DSC06042DSC06039
エアーソー、ベルトサンダーを使ってカットしていきます。
霧吹きで水をたっぷりとかけて鉄粉の飛散を防ぎます。

DSC06040DSC06041
まずボルトを通す穴を開けます。

DSC06043
ラインに沿ってカット。

DSC06044DSC06045
切れました!!

DSC06046
更にベルトサンダーでラインに沿うように微調整。

DSC06047DSC06048
最後は指でなぞっても切れないくらいにペーパーでバリ取りを行います。

DSC06049
美しい!!(笑)

DSC06050DSC06051
錆止めを塗っておきます。
これでドア側の処理は完成です。

DSC06069DSC06070
インナーバッフルの角をアール状に削ります。

DSC06071DSC06072
スピーカー裏は背圧がスムーズに抜けるようにラッパ状に加工。

DSC06074DSC06075
制振塗料ダイポルギーをしっかりと塗り込みます。
防水効果とバッフル自体の余計な共鳴を消す効果があります。

DSC06077DSC06078
鬼目ナットを打ち込みます。

DSC06080DSC06079
スーパーインナーバッフル自体の完成です。

いよいよドアに装着です。

DSC06082DSC06083
インナーバッフルが密着する部分にコーキング材を添付します。
余計な所につかないように養生してから添付します。

DSC06084DSC06085
こんな感じ。

DSC06086DSC06090
ドア内部からボルトでしっかりと固定します。
ドア内部のテーパー面と鉄板との境目にコーキング材をしっかりと塗り込みます。
これにより更に防水効果が増します。

ただ指で塗るのでヌルヌルして気持ち悪いです(汗)

DSC06115DSC06116
スピーカーをボルトでしっかりと固定。

DSC06121DSC06127
しばらく鳴らし込んだ後にスーパーデッドニングの施工を行います。

DSC06137
内張りのスーパーチューニングも完成してドアの施工は終了です!!

あとはツィーターをAピラーへ埋込加工の工程を残すのみとなりました。

結構ガッツリご紹介しましたが、こちらでもスーパーインナーバッフル製作工程をご紹介しておりますのでご参照ください。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m