本日はステップワゴンさんは一時中断させて頂いてこちらのお車が入庫です。

DSC06138DSC06139
オデッセイハイブリッドです。
兵庫県伊丹市よりお越し頂いております。

施工内容は車のスピーカーの音を良くするためにまずするべき重要な施工法『スーパーデッドニング』の施工です。

純正スピーカーでも市販の高価なスピーカーでも、車のスピーカーの音を悪くしている最大の原因は『ドア自体の響き方』です。

特に最近の車のドアの鉄板は薄くなっていてちょっとした振動でも共鳴してしまいます。
そんなドアに車のスピーカーが取り付けてあるので当然音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアに伝わっていきます。
スピーカーから伝わるドアのむちゃくちゃな響きが本来のスピーカーの音の邪魔をして不快な音に感じさせているのです。

当然スピーカー交換をする前の純正スピーカーでもその現象は起こるわけで、でもドアの響き方がスピーカーの音を悪くしているなんて普通は気づきませんね。

だから『純正スピーカーは音が悪い』という勝手なレッテルを貼ってしまうのです。

確かに純正スピーカー自体は安価で良い音色が出るような物ではありませんが、その事以上に車のスピーカーはドアの響き方がスピーカーの音に悪影響を及ぼしているのです。


そのドアの響き方を良い響きへ改善する施工法が『スーパーデッドニング』です。

スーパ―デッドニングはカーオーディオという特異なカテゴリーだけにとらわれず、車のドア自体を『楽器の音色を鳴らす楽器』という認識で生み出したアライブ独自の施工法です。

これを語りだすと長くなるので、詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご覧ください(笑)


DSC06140
純正ナビです。

DSC06141DSC06143
スピーカーは純正オプションに交換済みです。

DSC06145DSC06147
さすが純正オプション!
確実な取り付けがされています。

物自体の良し悪しも大事ですが、それ以前に的確かつ確実な取り付け方法を行う事が音の良し悪しを決める重要なポイントです。

何の拘りもなくただ高価な物に交換するだけでは宝の持ち腐れです。
そんな取り付け方をするくらいなら、このような確実な取り付けがされている純正の方が余程まともな音が出ます。


DSC06152

という事であまり時間がないので続き行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング