IMG_4481IMG_4482
本日はBMW F30が入庫でした。
神戸市北区よりお越し頂きました。

施工内容はスーパーデッドニング。
と言ってもBMWのスピーカーは特殊な構成となっています。

IMG_4484IMG_4485
左右シート下のフロアー内に専用BOXに組み込まれたミッドバススピーカーが装着されています。

IMG_4487
ドアにはスコーカーとツィーターの3ウェイ構成です。

このような特殊な構成ですので通常のドア自体に施工するスーパーデッドニングは通用しません。
BMW仕様のスーパ―デッドニングでの施工となります。

IMG_4488
メインの施工はこのシート下のミッドバス部分となります。
この部分の音の鳴り方を変える事によってドアのスコーカー、ツィーターとの音の繋がりがよくなります。

IMG_4490IMG_4491
スピーカーは他店でBMW専用のJBLスピーカーに交換済みです。

IMG_4496IMG_4498
専用スピーカーBOXごと外します。

IMG_4494IMG_4495
専用スピーカーBOXを外します。
サイドシル部分に穴が開いています。

IMG_4497IMG_4499
専用スピーカーBOXの横に穴があり、こことサイドシルの穴がつながるようになっています。
サイドシルもスピーカーBOXとして利用している構造となっています。

IMG_4501IMG_4502
スピーカーを外します。
専用スピーカーBOXはプラスチック製ですのでスピーカーの振動が伝わり余計な共鳴音を発生してしまいます。

IMG_4505IMG_4504
制振塗料「ダイポルギー」を全面に塗り込みます。
ダイポルギーがしっかりと密着するように足付けをしておきます。
こういった地道な下地処理が重要です。

IMG_4506IMG_4507
刷毛で満遍なく塗り込んでいき、乾燥させます。
乾燥後、もう一度塗り込んで乾燥させます。
しっかりと塗り込むことによってその効果が表れます。

IMG_4508IMG_4509
乾燥させている間にフロアー部分の制振です。
制振材を貼り付けた後、ヘラでしっかりと押さえ付けます。

IMG_4510
しっかりと押さえ付けることにより制振材を貼り付ける意味が見出されます。
ただペタペタと闇雲に貼るだけではダメなのです。

IMG_4512IMG_4513
吸音材をサイドシルの壁面に貼り付けます。

IMG_4515IMG_4517
再度部分には違う素材の吸音材。
サイドシル内の余計な反響を消すチューニングです。
低音域のぼやけた音を解消する事が出来ます。

IMG_4520IMG_4521
シンサレート吸音材をフロアー部分に敷き詰めます。

IMG_4523
続いてドアのスコーカー部分のデッドニングです。

IMG_4538IMG_4539
スコーカーなので低音域がほとんど鳴りません。

IMG_4550
ですのでドア自体へ響きがあまり伝わる事がありませんので主となる部分の施工ではありませんが、スコーカー周りをデッドニングしておきます。

IMG_4549
写真が前後しますが、背圧があたる部分に吸音材を貼り付けます。

IMG_4545IMG_4546
主となるミッドバスBOXに塗り込んだダイポルギーが乾きました。

IMG_4547IMG_4548
BOX内にシンサレート吸音材を装着。

そして時間が押していたのでこの後の写真を撮るのを忘れていました(汗)
という事で、本日はBMW F30に『スーパ―デッドニングBMW仕様』の施工でした(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング