デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

◆ BMW ◆

BMW 135iクーペ(E82) JBLトレードインスピーカー取付完成

先日よりお預りのBMW 135iクーペ完成です。



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



では昨日の続きから。

DSC01558
専用ウーファーBOXが装着されているフロアー部分のデッドニング&チューニング。

DSC01565DSC01566
サイドシル内に吸音材を装着してサイドシルBOXをサウンドチューニング。

DSC01567
専用ウーファーBOX装着部分にシンサレート吸音材を敷き詰めてサウンドチューニング。

DSC01568DSC01569
JBLトレードインスピーカーセットに付属しているミッドバス固定用バッフルボードの塗装を剥がして、ダイポルギー制振塗料を塗り込みます。

DSC01570
専用ウーファーBOX内にシンサレート吸音材を敷き詰めてサウンドチューニング。

DSC01573DSC01572
バッフルボード接地面にコーキングを塗ります。

DSC01575DSC01576
バッフルボードを固定して専用ウーファーBOXと一体化。

DSC01577DSC01580
専用ウーファーBOXを取付。

DSC01584DSC01585
JBLミッドバスを取付。

DSC01590DSC01593
カーペットを戻して純正カバーを取り付けてミッドバス部分の完成です。

DSC01594DSC01595
ドア内張りを外します。
スコーカー裏は塞がっています。

DSC01596DSC01597
内張り裏に純正スコーカーが装着されています。

DSC01599DSC01601
ミラー裏カバーを外すと裏側にスポンジが付いています。

DSC01602
ツィーターの穴は開いていませんが裏側にはツィーター装着用の枠があります(笑)

DSC01607DSC01608
JBLトレードインスピーカーセットに付属のネットワーク付きスピーカーケーブルを、内張りが脱着しやすいように細工を施します。

DSC01609DSC01610
HIFIシステム用の純正カバーにツィーターを装着。

DSC01611DSC01613
もともと付いていたスポンジを装着して完成。

DSC01614DSC01615
JBLスコーカーを内張り裏純正位置に取付。

DSC01617
スコーカーをシンサレート吸音材で包み込んでサウンドチューニング。

DSC01622DSC01621
内張りを取り付けて完成。

DSC01620
最後に前後バランスを最適な位置へ調整してすべて完成です。


ただ単にJBLトレードインスピーカーを交換するだけでも「音は変わります」
しかしせっかく良いスピーカーに交換するのに「音が変わった」ではちょっと勿体ないような気がしませんか?

カーオーディオのスピーカーは『適材適所に意味のあるチューニングと施工を施してこそ、スピーカーを交換した効果が発揮される』のです。

裏を返せば、ただ単に交換するだけでは物のクオリティーが活かしきれず本来のスピーカーを交換する目的(良い音にするため)を果たすことが出来ないという事です。


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



BMW 135iクーペ(E82) BMW専用JBLスピーカーセット取付

本日からかっちょ良いお車が入庫。

DSC01507DSC01508
BMW 135iクーペです。
神戸市東灘区よりお越し頂きました。

DSC01550
BMW定番メニューのBMW専用JBLトレードインスピーカーシステムに交換です。
もちろんただ単に交換するのではなく、アライブ独自の『BMW専用スーパー施工』にて取り付けます。

DSC01510DSC01511
純正スピーカーはドアにスコーカー。

DSC01513
シート下のフロアー内にミッドバススピーカーが専用BOXに装着されて埋め込まれています。

DSC01512
そしてツィーターがありません(汗)

BMW専用JBLトレードインスピーカーシステムは3ウェイ構成です。
このままではJBLのツィーターが取付できません。

DSC01551DSC01553
純正部品のHiFiオーディオ用のツィーターカバーを別途取り寄せして取り付けます。


DSC01521DSC01522
まずは左右のシートを外します。
ミッドバススピーカーのグリルカバーが出てきました。

DSC01523
カバーを外すと純正ミッドバススピーカーのお尻が見えます。

DSC01524DSC01526
さらにカーペットをめくると専用BOXに装着されたミッドバススピーカーが登場!!

DSC01527DSC01530
専用BOXは穴が開いていてボディーサイドシル側へ音が抜けるような構造となっています。

DSC01533
サイドシルもスピーカーBOXの役割をしています。
ここにもアライブ独自のチューニングを施します。

DSC01534DSC01536
スピーカーは専用BOXにボンドで溶着されているので取り外しが困難です(汗)
が、ちょっとしたコツがわかっていれば難無く外せます(笑)

DSC01546
専用BOX全面に制振塗料『ダイポルギー』を塗っていきます。

DSC01542DSC01543
ダイポルギーが密着するように特殊なペーパーで足付けをします。

DSC01544DSC01545
この地味な下地処理を怠るとダイポルギーがペロペロと剥がれてしまい、塗り込んだ意味がなくなってしまいます。

見た目の上っ面だけ良くてもいずれ化けの皮が剥がれてしまうって事です!!

DSC01547
一度には塗れませんので何回かに分けて塗り込んでいきます。

DSC01548DSC01549
1回目を塗って乾燥させます。


という感じで着々と進行中です。
3日間のお預りですのでじっくりと煮詰めていきます。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



今日も酷暑の中、BMW F30クライマックスです!!

梅雨明け後、連日酷暑です(汗)

DSC03748
41℃です!!(@_@)

そんな中、ヘロヘロになりながらお預かりしているBMWは最終工程に突入しております!!

DSC03711DSC03712
フロントドアスピーカー交換完了!!

DSC03716DSC03713
フロントドア、ツィーター取付完了!!

DSC03697DSC03698
リアドアスピーカー交換完了!!

DSC03717DSC03722
シート下にミッドバススピーカーが埋まっています。

DSC03725DSC03728
取り出しました!!
ミッドバススピーカーは専用エンクロージャーに装着されています。

DSC03730DSC03731
スピーカー外しました。

DSC03734DSC03735
制振塗料ダイポルギーを全面に塗り込む前に密着性を高めるために、ペーパーで足付けをしておきます。

DSC03736DSC03737
何回かに分けてしっかり塗り込みます。

DSC03740DSC03742
フロアー下をチューニング。

DSC03751DSC03752
激暑の炎天下でしっかりと乾燥させます。

DSC03754DSC03755
ボックス内部に吸音材を装着してチューニング。

と着々と進行中です!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。