デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

◆ RENNAULT ◆

カングー、DLS RS6.2スピーカー取り外し完成

車両乗り換えの為、オーディオ純正戻しのカングー。

DSC04115
ナビの内蔵アンプから助手席下へ設置していたパッシブネットワークへ、パッシブネットワークから各スピーカーへとスピーカーケーブル交換も行っていました。

パッシブネットワークを外してしまうのでスピーカーケーブルも純正経路に戻します。

DSC04127DSC04129
車室内側からドア側への各配線類はドア開閉部分で特殊なカプラーで接続されています。
最近の車両はこのタイプが多いのでスピーカーケーブル交換時は非常に悩ましい形状ではありますが、ドア交換等の車両メンテナンス的には良いですね。

アライブでは常に車両のメンテナンス時の事を想定した施工を心がけていますので、車両メンテ時でも普通にカプラーが外れるように細工を施します。

その細工を元に戻します。


DSC04124DSC04120
スピーカーを外しても音が出るようにしなくてはいけません。
しかしガッチリとスーパーインナーバッフルを固定していますのでこの状態では純正スピーカーを付ける事が出来ません。

スーパーインナーバッフルを外そうと思えば外せない事はないですがコーキングで一体化されているためにそれなりに手間がかかってしまいます。
その手間暇の時間と費用が勿体ないですね。

という事でオーナーさんがヤフオク(2,000円)でゲットした中古のスピーカーを取り付けることに(笑)

DSC04133DSC04132
より手間暇を省くためにあえてコアキシャルタイプです。
かなり年代物のアゼストのスピーカーですが、この時代の国産スピーカーの音ってめちゃめちゃ良い音するんですよね。

なんて言うか「音楽を奏でてる」っていう感じで聞いていて心地いいんですよね。


内張り戻して音を聞いてみたんですが想定以上の極上サウンドにビックリでした!!

このスピーカーの特性というか音色自体がそうさせているのもありますが、よくよく考えてみると『スーパーデッドニング』『スーパーインナーバッフル』『スーパーチューニング』というスーパー施工フルメニューが施されたドアに装着されているのですからそれもそのはずですね(笑)
何とも贅沢な仕様です!!

解ってはいることですが、『カーオーディオのスピーカーってその物の特性を活かす施工法が重要なんだ』ってことを再認識した感じですね。

次にこのカングーに乗る方はめちゃめちゃラッキーかもしれないですね。


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



ルノー・カングー、オーディオ純正戻し

本日はこちらのお車が入庫しております。

DSC04111DSC04112
ルノー・カングーです。

DSC04117
大阪よりお越し頂きました。

こちらのオーナー様は2015年1月末に『純正スピーカーにスーパーデッドニング施工』をさせて頂きました。
そして約1か月後にはDLS RS6.2スピーカーをアライブ独自の『スーパーインナーバッフル、スーパーチューニング、ツィーターピラー埋込加工』のスーパー施工にて取付させて頂きました。


そしてこの度お車乗り換えの為スピーカーの取り外しで入庫です。

DSC04114
前回施工したツィーターです。

DSC04115
助手席下にパッシブネットワークを専用ボードを製作して設置。

DSC04118DSC04119
約3年半ほど前に施工したスーパーデッドニングとスーパーインナーバッフルです。

DSC04120DSC04121
スピーカーを外すとスーパーインナーバッフル内部が見えますが、コーキングで防水処理をバッチリ行っているのでバッフルボードが腐食することなく施行当時の状態に保たれています。

この車のドア内部の構造上この部分に水がかかりにくいという事もありますが、とても3年半経過した状態とは思えないくらいの美しさです(笑)

3年半経過してこの状態だとこの先何年経過しようが問題ないですね。

DSC04124DSC04125
助手席側も同様の美しさです!!

DSC04131DSC04130
交換したスピーカーケーブルも取り外して次の車に再利用します。

では続き行ってまいります!!



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



ルノー・メガーヌエステートGT220 | スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。明石市より

本日はお初のお車が入庫です。

DSC04901DSC04902
RENAULT MEGANE ESTATE GT220

DSC04906DSC04904
漢の6MTです!!
渋い!!


DSC04905
ご近所の明石市よりお越し頂いております。

DSC04903
オーディオは純正です。

施工内容は『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。

DSC04908DSC04907
DSC04910DSC04909
お初の車種なので一泊二日のお預かりです。


DSC04919DSC04911
DSC04920DSC04912
DSC04917DSC04914
DSC04918DSC04915
DSC04925DSC04926
スピーカーは前後とも純正オプションのフォーカルに交換済みです。


DSC04927DSC04928
DSC04934DSC04936
DSC04938DSC04939

では続き行ってきます!!


- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。