デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

アイ

その後の、ミツビシ「アイ」・・・

大変長らくお待たせいたしました!(長すぎ〜(汗))

その後の「アイ」です・・・。

 

前回、まずは『スーパーデッドニング』を施工して大変ご満悦で帰られたと思ったのもつかの間・・・

今までにも何人かのお客様で、一ヶ月も経たないうちにステップアップをされた方はいたんですが、今回最短記録です(笑)。

その二日後に・・・

『人間の欲望とは恐ろしいものです・・・。早速ステップアップお願いいたします(笑)』

とのメールが来ました。

 

とゆう経緯で、ヘッドユニットは純正ナビなので外すのはもったいないから、とりあえず今回は純正ナビをベースにシステムプランをたてました。

i.head

 

 

 

 

予算的に少し余裕がありましたので、スピーカーは毎度お馴染みの、

AODEA ASS−2726Sのセパレートを選択。

どうせやるならとことん拘って、アウターバッフル仕様に。

 

そんな内容で早速施工開始。

i.s.dead

i.sp.hole

 

 

 

 

まずはインナーバッフルの製作ですが、それと同時にこの致命的な背圧の穴をスピーカーの口径より広い目にカット。

i.inner1

i.inner2

 

 

 

 

これが、アウターバッフルを留める為の『スーパーインナーバッフル』です。

相変わらず、オニメナットをふんだんに使いガッチリ固定します。

i.s.tune1

i.s.tune3

 

 

 

 

当然ココまでするんだったら『スーパーチューニング』も忘れてはいけないですね〜。

i.outer2

i.outer3

 

 

 

 

『スーパーインナーバッフル』『スーパーアウターバッフル』をステンレスボルトでガッチリと固定し、さらにスピーカーも同様に固定しています。

i/tw1

 

 

 

 

i/tw3

i/tw2

 

 

 

 

で、ツィーターですが・・・

純正位置がダッシュボードのかなり奥の方なのと、角度的にあまりよくなかったので、新たにツィーターベースを製作して位置と角度を考えこのような感じになりました。

なんかちょっと愛らしくも思えます(笑)。

i.mini.cap

 

 

 

 

さらに今回は、『ブレイムス』の『ウルトラミニキャパシター』をチョイス!

i.outer5

i.gaikan

 

 

 

 

こんな感じで、無事完成!

当然、純正スピーカーとは比べ物になりません!

お客様も、スーパーデッドニング施工の時以上に、感動です!

 

 

で、実はこの車、10月10日発売の『サウンドアップVol.26』の、

『サウンドアップコンテスト』にお借りしました。

今まで4回連続で『サウンドアップ賞』を頂いてるのですが・・・

 

今回は・・・

 



ミツビシ「アイ」、スーパーデッドニング!

i-gaikan

 

 

 

 

ミツビシ「アイ」、

スーパーデッドニング施工です。

このお客様は、当日の朝お電話頂いてたまたまその日は何も予定が無かったのと、

比較的ご近所だった為、即日入庫でした。

 

まずは、毎度の事ながらデモカー『TODAY』を体感していただきました。

 

『ほぉ〜!これほんまに1万円のスピーカー?しかも車は軽やし???』

 

その秘密をすべてご説明させていただくと・・・

 

『こんなん聞いたら、ココまでやりたくなるよなぁ〜。でもちょっと予算的に・・・』

 

「まぁまぁそうあせらなくても、とりあえずスーパーデッドニングだけ施工して、その効果を体感してください。」

「純正スピーカーもなかなか捨てたもんじゃないですよ。」

 

てな感じで、まず今回はスーパーデッドニングのみ施工する事になりました。

i-door1

i-door2

 

 

 

 

i-door3

i-n.sp

 

 

 

 

i-sp.hole

i-n.sp2

 

 

 

 

これが純正スピーカー。

いかにも”良い音”しなさそうですねぇ〜(笑)。

それよりも、致命的なのがこの背圧の抜ける穴・・・

小さいし、スピーカーの裏も音抜けが悪そうです(汗)。

今回はあえてこのままで・・・

i-kansei

 

 

 

 

完成しました!

i-head

i-n.tw

 

 

 

 

ヘッドは純正ナビ、ツィーターはこんな所にありました。

 

当然お客様は、大満足!

『当分これでもええわ!』

って言って帰られました。

 

         が、その2日後・・・

 

この続きは、また後日。

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール