デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

アコード

新型アコードハイブリッドの純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工。徳島県より

本日はリピーターのお客様。

DSC08397DSC08398
この度マイナーチェンジした新型アコードハイブリッドです。

DSC08403
徳島県よりお越し頂いております。

こちらのオーナー様は2014年1月にマイナーチェンジ前のアコードハイブリッドにスーパーデッドニングの施工をさせて頂きました。

この度のマイナーチェンジで乗り換えられたのですが、スーパーデッドニングを施していない純正スピーカーの音に耐えられず今回も施工ご予約いただきました。

ドアの形状とスピーカーはマイナーチェンジ前と全く変わっていないので、純粋なスーパーデッドニング効果の違いが体感できますね。

施工後から施工前で逆ですが・・・(笑)

で、今日お帰りになる時は施工前から施工後を体感できます(笑)


朝お預かりして車を動かそうと思ったら・・・

DSC08400
シフトレバーが無い!!!

一瞬戸惑いました(笑)

全てボタン操作です!!


DSC08402DSC08401
DSC08408DSC08404
DSC08409DSC08405
ドア自体の構造は変わっていません。


DSC08411
純正スピーカーです。

DSC08414DSC08415
こちらは純正ツィーター。


DSC08418DSC08419
次に防水のビニールを外すのですがケーブル類が邪魔なので外しておきます。

DSC08420
ビニールを固定しているのがこの黒いブチル。
ホンダ車は非常に柔らかくてネバネバしているタイプです。
そのまま引っ張るとビロ〜ンとのびて、いろんな所に引っ付きまわって後々大変です(汗)

特殊な溶剤を徐々に垂らしていくと綺麗に剥離していきます。

DSC08421
ここで焦ってしまうと元も子もありません。

DSC08422
溶剤を垂らしながら重力に任せて剥離させていきます。

DSC08423DSC08424
こんな感じで半分取れました。

DSC08425
残りの半分も同じ要領で。

DSC08426DSC08427
DSC08428DSC08429
ドア内部とインナーパネルを丁寧に脱脂処理。

DSC08430
助手席側も同様に。


DSC08431
続いてこの制振材を利用して心地よいベース音の余韻が奏でるように、アウターパネルの響きをコントロールしていきます。

DSC08439DSC08432
ドア内部から指先でアウターパネルをコンコンと叩きながら、指先に伝わる響きを感じ取り制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。

DSC08442DSC08437
DSC08440DSC08435
DSC08441DSC08433
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けます。


と、こんな感じで進行しております。

では後半戦行ってきます!!



アコードハイブリッドの純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工。明石市より

DSC07672DSC07673
本日はアコードハイブリッドが入庫しております。
地元、明石の大久保よりお越し頂きました。

施工内容はスピーカーのクオリティーを引き出すために一番重要な、『ドアの響きの基礎作り』であるスーパーデッドニングの施工です。


純正スピーカーでも高価なスピーカーでも、音の良し悪し(ユニットのクオリティー)が大きく左右されるのがドアの響かし方です。

一般的には『純正スピーカーは音が悪い』というレッテルを貼られていますが、そんな事純正スピーカーにとっては大迷惑な話です!!

純正スピーカーのユニット自体が音を悪くしているのではなく、純正スピーカーが装着されているドア自体の響き方が音を悪くしている最大の原因です。

まずその部分を改善しなければ高価なスピーカーに交換したところで高音域がうるさくなるだけで、長時間聴いていると聞き疲れしてしまいます。

そのドアの響きを改善する為の施工法が、アライブ独自の音に対する観点から生み出した『スーパーデッドニング』です。
ちなみにスーパーデッドニングは、ただただ闇雲に制振材を貼り付けるだけのデッドニングではありません!!


この拘りを語りだすと長くなるので、詳しくは『スーパーデッドニングって何?』をご覧ください(笑)



DSC07674DSC07675
オーディオは全て純正です。


DSC07677DSC07676
DSC07682DSC07678
DSC07683DSC07679
スピーカーも純正です。

DSC07700DSC07701
純正スピーカー。
確かに安っぽい作りですね(笑)

高価なスピーカーユニットのように音の深みや、立体感などの『音色』は流石に期待出来ませんが素直な音を出してくれます。

それに純正は確実にきっちりとドアに固定されるようにできていますし、純正ナビの内臓アンプで十分に駆動できます。
『確実な固定』『アンプとのバランス』、良い音を出すために必要な最低限の条件が抜群に構築されています。

が、残念な事に固定されているドア自体の響きが音を悪くしてしまっているのです(汗)


それともう一つ純正スピーカーの音を悪くしている原因があります。

それは・・・

『純正スピーカーは音が悪い』と勝手に決めつけている固定観念です!!

ある意味この事が一番の原因かもしれませんね(汗)


『純正スピーカーだから音が悪いんだ!!』と決めつける前に、『なんで純正スピーカーは音が悪いんだろう?』と冷静に考えていけばいずれ答えは出てきます。
決めつけてしまうと永遠にその答えにはたどり着きませんからね。




おっと!!
また話が脱線してしまった(汗)

うんちくを語っている暇ないので、あとは写真をご覧ください(笑)


DSC07684DSC07685
DSC07686DSC07687
DSC07688DSC07689
DSC07690DSC07691
DSC07692DSC07693
DSC07694DSC07695
DSC07696DSC07697
DSC07698DSC07699

では続き行ってきます!!


 



アコードハイブリッドの純正スピーカーにスーパーデッドニング施行。徳島県より

本日はまたまたこのお車です。

DSC03278DSC03279
ACCORD HYBRID

DSC03280
徳島県よりお越し頂いています。

DSC03281DSC03282
DSC03283
もちろんオーディオは全て純正。

本日も寒いですが頑張ります!!



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール