デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

アトレー

DAIHATSU アトレーワゴン | carrozzeriaのスピーカーに、スーパーデッドニング施行。大阪市より

DSC01389DSC01390
本日はアトレーワゴンが入庫です。

DSC01391
スーパーデッドニングの施工で、大阪市よりお越し頂いております。

DSC01392
carrozzeriaのナビです。

DSC01394
carrozzeriaのチューンナップウーハー。

DSC01393DSC01400
スピーカーもcarrozzeriaに交換済みです。


取り急ぎ施行経過をざっとご紹介。

DSC01396DSC01395
DSC01401DSC01397
DSC01404DSC01403
DSC01412DSC01410
DSC01417DSC01413
DSC01418DSC01414
DSC01419DSC01415

こんな感じで着々と進んでおります。

では後半戦、レッツ・ゴー!!(笑)


◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

アトレーワゴン、パワーウィンドウレギュレーター交換&サウンドセッティング終了。

DSC07499DSC07500
先週よりお預かりしていたアトレーワゴン。

DSC07614
パワーウィンドウレギュレーターがようやく入荷したので早速取付。
と言ってもこれを外すとき、窓ガラスやレール、そのレールに付いているゴム等々細かいパーツを外してようやく外れたので、取り付ける時はその逆の工程で組み付けるのでそこそこ時間かかりました(汗)

DSC07615DSC07616
サービスホールを塞いであった黒い制振材も全て外す必要があったのですが、一度外すと再利用出来ないのでここは新たに新品の制振材で塞ぎ直します。

DSC07618DSC07619
そして内張りを取付けます。
通常のレギュレーター交換ならこれで終わりなのですがここからがまた大変(汗)

DSC07620DSC07621
この巨大なスペシャルアウターバッフルを固定しなければいけません。
ドアの鉄板に10本のボルトでしっかりと固定します。

スピーカー穴から手を入れてドア内部からボルトを通して固定するのですが、ドア内部が狭いため差し込んだボルトを指先で回すのが非常にやりにくく指がつりそうになります(汗)
指の関節がもっと欲しくなります(笑)

DSC07623DSC07622
DSC07624DSC07625
最後は工具を使ってボルトをしっかりと閉め込み、スピーカーを取り付けてようやく完成です。

これで音出しが出来るようになったので先日取り付けしたナビでサウンド調整です。

DSC07627DSC07628
このドアの構造やスペシャルアウターバッフル効果で予想以上に低音域が出ていたので、ナビのクロスオーバー機能とイコライザーでこのスピーカーとシステムに最適なサウンドセッティングを行いました。

アライブの音創りでは基本的にイコライザーは使用せずに、スーパーデッドニングを基礎とした施工法でドアの響きをコントロールをして音創りをします。

本来イコライザー等のサウンド調整機能は、ドアの響きをコントロールして根本的なスピーカーの音を出しきってからドアのチューニングではまかなえない部分を補正するために使います。
根本的なスピーカーの音を出しきる前にイコライザー等のサウンド調整機能に頼りきって音を作ってしまうと、味気の無いわざとらしい音になってしまいます。
また、調整した音源から違うジャンルの音源に変えた時、そのセッティングが合わずまた調整する必要があり、いつまでたってもまともなサウンドになりません。

このアトレーワゴンは装着しているJBLのスピーカーユニットに応じたスーパーデッドニング、スペシャルアウターバッフル等、ドアチューニングで出来る事は予めしてありますので、本来のイコライザーとしての使い方でセッティングが可能です。

もちろん色々なジャンルの音源を再生してセッティングしていきます。

スピーカー交換をしてある程度のシステムでサウンドを追求していくと、そのシステムをより活かしきるためにこのようなサウンドセッティングは必要ですね。

ただし、セッティングする本人が目的とする『心地よいサウンド』という明確な音を知っている事が大前提です。
明確な音を知らないということは「ゴールがない」ということですので、永遠に音作りが完成しませんね。


◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

アトレーワゴン、ナビ取り付け完了。

DSC07499DSC07500
先日よりお預かりのアトレーワゴン。

とりあえずナビ装着が完了!!

DSC07513
装着ナビはケンウッドの彩速ナビ「MDV-Z701

DSC07512
もともとのデッキもケンウッド。
今は廃盤となってしまいましたが、メーカーが音質にこだわり抜いた名機「K-WD01」です。
原音を忠実に再生するために余計な調整機能は一切ありません。
アライブサウンドのこだわりにマッチしたヘッドユニットです。

しかし、再生ソースがCDとMDで今主流のiPod等は基本的に接続できません。
原版のCDと比べると音質は落ちてしまいますが、使い勝手の良さには勝てませんねぇ(汗)

後はポータブルナビが邪魔なのと、現状のスピーカーの音をグレードアップするためにどうしてもクロスオーバー機能が必要となり、総合的に判断して彩速ナビを装着することとなりました。

DSC07526
装着完了!!


DSC07510
この部品がまだ入荷していないので右側のスピーカーはまだ取り付けできません。
音出しが出来てから最終セッティングを行います。

もうしばらくお預かりです。


◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール