デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

ウーファー取付

ウーファー&アンプ取付のエクストレイルのワイヤリング作業完了!!

DSC02671
昨日よりお預りのエクストレイルさん。

各ケーブル類のワイヤリング作業。

DSC02683DSC02688
ナビのウーファー出力からウーファー用アンプへRCAケーブルを接続します。

DSC02689DSC02690
助手席を外してカーペット下へ丁寧にワイヤリングしていきます。

DSC02686DSC02687
ついでにリアスピーカーを内蔵アンプ駆動から外部アンプ駆動へ変更。
その為にスピーカーケーブルを交換します。

DSC02692DSC02695
ドアとボディーの間を繋いでいる蛇腹ホースを外して新たにスピーカーケーブルを通します。

DSC02698DSC02699
車両メンテの際には純正のケーブル類はカプラーで脱着が出来るようになっているので、新たに引き込むスピーカーケーブルにもカプラーを付けて脱着が出来るようにしておきます。

DSC02701

「せっかくスピーカーケーブルを交換するのに途中でカットするというのは音的に如何なものか?」というご意見もあるかと思いますが、車両があってのカーオーディオですし車両のメンテはディーラーさん等でする場合も多々ありますので、他の方が作業をすることも考慮しつつ状況に応じて施工しています。

DSC02702DSC02703
ちなみにリアスピーカーは純正なので接続部は純正のカプラーへ付け替えます。

DSC02704DSC02707
てな感じでワイヤリング作業は終了です。

続いてアンプボード製作へと突入です!!



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



エクストレイルに、ウーファー&アンプ追加設置

DSC02671DSC02672
本日はエクストレイルが入庫しております。
高砂市よりお越し頂いております。

こちらのオーナー様は今回で3回目のリピーター様です。

ちょうど1年前に新車購入時と同時に前車で使用していたスピーカーとパワーアンプ取付とスーパーデッドニング施工が出逢いの始まりです(笑)

※ その時の施工記事がこちら

その後リアドアにスーパーリアデッドニングを施工させて頂き・・・

※ 施工後のご感想メールを頂きました。


そして3回目のリピートの今回はこちらを追加です。

DSC02678
カロッツエリアのウーファーとアンプ追加です。

DSC02679DSC02681
このウーファーの専用エンクロージャーに装着して鳴らします。

DSC02682
ただ単にエンクロージャーに取り付けるだけだと「取り付けて、音が鳴って、ハイッおわり!!」なだけで、ウーファーを付ける本来の目的を達することが出来ません。
ウーファーのクオリティーを最大限発揮させ、ウーファーの存在意義を明確にするために、エンクロージャー内部にはアライブ独自のチューニングを施します。

DSC02680
このパワーアンプでウーファーを駆動します。

DSC02676DSC02677
ここへアンプを設置するのですが電源の分岐等もあますので専用ボードを新たに作り直します。

DSC02674DSC02673

付随作業としてナビからウーファー用アンプへのRCAケーブルの引廻しと、リアスピーカーケーブル交換も行います。
その為にまずはシート、内装パネル類、フロアーカーペットを外していきます。


今日から数日間のお預りです。
という事で作業開始です!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

  



タントカスタム、ウーファー設置完成。

DSC02453DSC02455
先日高知県よりお越し頂いたタントカスタムの、ウーファー設置とツィーター位置移設の施工内容の続きです。

DSC02512DSC02513
専用のウーファーボードにダイポルギーを塗り込み余計な共鳴音を防ぎます。

DSC02516DSC02517
鬼目ナットを埋め込んでボルトで確実にウーファーを固定できるようにします。

DSC02520DSC02522
運転席下へ設置。
ウーファーと設置ボードの間に吸音材を貼り付けて余計な反響を防ぎます。

このような細かいチューニングによってウーファー本来のクオリティーが発揮されるのです。

しかし・・・

『ケーブル接続して、シート下へ適当に置いて、音が鳴って、ハイッ!完成!!』

という施工が大半です(涙)

たしかにこれでも取り敢えず低音は鳴ります。
でも本来のウーファーとしての役割の意味を理解していたらこんな事はできないはずです。
こんな事するくらいなら付けない方がましですね。


DSC02523DSC02524
ロックタイトを添付してボルトがかってに緩まないようにします。

DSC02526DSC02527
ウーハーをボードにがっちり固定できました。

DSC02538
シートを付けるとこんな感じでジャストフィットです!!

DSC02536DSC02535
色々なジャンルの音源を再生しながらツィーターの設置位置と角度を調整して取り付けます。

DSC02545
ウーハーのクロスオーバーとレベルは付属のリモコンで行います。

これで完成です。

施工後の音源を収録しましたのでこちらからご試聴ください。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール