デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

サウンドセッティング

X-TRAIL最終章、サウンドセッティング!!

DSC02737
昨晩、2回目のダイポルギーを塗り込んだウーファーボックス。
この時期は一晩おけば十分に乾燥するのですが・・・

DSC02738DSC02739
朝から絶好のお洗濯日和だったので更に乾燥さすために外で日光浴(笑)

DSC02740DSC02741
説明書通りだと付属のタッピングネジでウーファーをボックスにねじ込んで取り付けるのですが、より確実に固定するために鬼目ナットを埋め込んでボルトで固定できるようにしておきます。

DSC02745DSC02746
付属のスピーカーケーブルも交換しました。

ある程度エージングをした後、ボックス内のチューニングをしていきます。

まずはフロント、リアスピーカーのサウンドチェックから!!




とこんな感じでサウンドセッティングを行っていきます。

ではではクライマックスへ、レッツゴー!!(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



LEVORG | DYNAUDIO ESOTAR2 SYSTEM アンプゲインとクロスオーバー調整。滋賀県より

DSC04745DSC04746
本日はレヴォーグが入庫しております。

DSC04751
滋賀県よりお越し頂いております。

こちらのレヴォーグには約2年ほど前に、デンマークの高級スピーカーメーカー『DYNAUDIO』でフルシステムを組ませて頂きました。

DSC04748DSC04747

施工時の詳しい内容は『LEVORGにDYNAUDIO ESOTAR2 & mosconi ZERO4 インストール』の記事をご覧ください。

DSC04749DSC04755
その1年後にはサブウーファーを追加しました。



本日は定期的なゲイン調整とメンテナンスでお越し頂いております。

DSC04756DSC04761

スピーカーユニットやパワーアンプはエージング(鳴らし込み)が進むにつれてその物の良さがじわじわと出てきます。
特にスピーカーユニットはその変化が大きく、DYNAUDIOのような高級スピーカーになるとよりシビアに変化してきます。

ですのでその変化に応じた定期的なパワーアンプのゲイン調整は必須です。
またこのレヴォーグのシステムはアルパインのプロセッサーを使用したデジタルマルチシステムとなっていて、その中でクロスオーバーのみ使用しています。
アンプゲイン調整と同時にクロスオーバー調整も必須となります。


では久々のディナウディオサウンドを堪能してきます!!


- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール