デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

シーマ

Y33シーマ、完成

 Y33トランク完成1Y33トランク完成2
 
 
 
 
 
 
 
 Y33トランク完成3Y33トランク完成4
 
 
 
 
 
 
 
 Y33、ヘッドレストY33、メインモニター
 
 
 
 
 
 
 
やっと完成しました。
 
とりあえずシステムはこんな感じ・・・。
 
ヘッド            アルパイン DVI-9990J
プロセッサー       アルパイン PXI-H990
フロント用アンプ     BRAX X2400.2BB
リア用アンプ         HELIX A4 Competition
センター、
ウーハー用アンプ    HELIX A4 Competition
フロントスピーカー    BRAX Graphic Pro
リアスピーカー       HELIX S6 Competition
センタースピーカー    HELIX S5 Competition
リアセンター        HELIX S5 Competition
サブウーハー        ALIANTE 12"Si
パワーチャージャー  ドライブエナジー PW-20AS
キャパシアター       BAlabo BE-101&BE-202
RCAケーブル        アコースティックハーモニー CS5000
スピーカーケーブル  アコースティックハーモニー CR5000
ヒューズ、端子類    フルテック
メインモニター       パナソニック TR-M90WS3
ヘッドレストモニター  ネックボックス FD-6569
ミラーモニター      MOBILTRON M-403AL
 
以上のような豪華システムです。
 
さすがにここまでのシステムになると、映画の迫力は凄まじいものがありますね。
また、メインモニターが9インチですので、結構音に負けない迫力をかもし出してます。
 
ドライブエナジーの、パワーチャージャーシステムで電圧を14.5Vまで上げて、安定させています。
オーディオ機器の電源は、すべてここから取っていますので車両側の電気回路とは完全に分離しています。
いくら、ヘッドライトやワイパーなどを使用してもオーディオの電圧は14.5Vからは一切変動しません。
そのため、アンプの電圧変化が無いので音に歪が出る事もなくよりクリアーなサウンドになり、音に立体感が出てなんともいえない空間に包まれます。
 
値段はけっこうしますが、ここまでのシステムなら必要でしょう。
ここまでのシステムに限らず、アンプは電源が命ですのでどんなアンプでも必ず必要かなとは思いますが・・・。
 
 
まだまだセッティングを煮詰めていかないといけませんが、これからが楽しみな一台です。
 
 
 
 
 
 


◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

Y33シーマ、トランクインストール

トランク、パーツ

トランク、1

 

 

 

 

トランク、2

トランク、3

 

 

 

 

トランク、4

トランク、5

 

 

 

 

トランク、6

トランク、7

 

 

 

 

トランク ウーハーボックス

 

 

 

 

ここまで来ると、段々とこの車のゴージャスさが見えてきた感じです。

 

あらかじめ製作しておいたパーツを、順番に組み込んでいきます。

って、簡単そうに言ってますが実はこのパーツを製作するまでが一番時間がかかるんです(汗)。

はじめに、この限られたトランクスペースの中に、アンプやプロセッサー、ウーハーボックスなどすべて収納できるように考えないといけないのですが、ほとんど空想の世界です・・・。

だいたい構想を決めてから、一番ベースになるボードを固定するのですが、これが家の基礎のようなもので、水平機を使ってミリ単位の制度で合わしておかないと、あとのパーツすべてが狂ってきます。

それと、組込み順序や、メンテナンス性なども考慮しておくのも重要です。

じゃないと、仮組み出来たけど今度はトランクの中から取れない、ちゅうことになっちゃいます。

 

で、4枚目を見るとここにも『オニメナット&ボルト』が使われています。

 

相当お気に入りのようです(笑)。

 

すべてこれでとまっています。メリットはやはりタッピングと違って何回でも取り外しが出来るのと、組み込み精度の向上、確実な固定が出来る事です。

その代り、ナットとボルトの穴を合せるのは至難の業で、コンマ何ミリの誤差も許せません(きびしぃ〜)。

穴も必ず垂直に開けないとだめですしね・・・。

 

真ん中は、ウーハーボックスを受けるボックスです。

通称『ウーハーボックスボックス』・・・はぁ?

ちなみにここはフローティング構造になっていて、浮いてます。

で、ウーハーボックスの写真を見ると、下に隙間があるのがわかります?

フローティングボックスに入れるウーハーボックスもフローティング構造になってます。

こうする事によって、振動が逃げなくなり歯切れの良い低域が再生されちゃうんです。

 

なんだかんだ言ってここも結構こだわってます。MDFの厚みはすべて21ミリを使ってるので、かなりの重量です。

 

最終仕上げはまた近々後悔します。

 

今週の試聴会に、このシーマもお借りすることが出来ましたので、是非現車を見に来て、音も聞いてみてください。

 

 

では、恒例のこちらもよろしく。

 

 

 

 

 

 

 

 



◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

Y33シーマ、リアトレイボード

 

リアトレイ、ベース

リアトレイ、1

 

 

 

 

リアトレイ、2

リアトレイ、3

 

 

 

 

ちょっと暗くて見にくいですが、リアスピーカーボードです。

将来作り変えなくても良いように、リアセンターも今回一緒に取り付けました。(また後でだと、二度手間になるし、工賃もかかるしと思って・・・。)

 

シアターシステムの時位しか、リアスピーカー付けないので久々のトレイボード製作です。

これって結構めんどくさいんですよぉ〜(あっ、ついつい本音が・・・(汗))

 

しかーし、やはりなんだかんだ言いつつも、こだわる所はこだわってます。

出来上がりだけの写真載せても何処をこだわってるのか解らないので、あえて中を見せちゃいます(笑)。

一枚目のベースボードです。やはりここは音の基礎ですのでかなり頑丈にできてます。

固定はすべてアライブサウンドの立役者『オニメナット&ボルト』です。

三つ別々で作ってるのと、下の鉄板がぼこぼこで、すべての上面を水平に合すのがひじょーーーーーーーーに苦労しました(激汗)。

じゃないと上のボードがきっちりと乗らないですもん(涙)。

もちろん、ベースボード、化粧ボード、スピーカーそれぞれの固定すべてに『オニメナット&ボルト』を使っています。これで、ドラムのスネアの『カーン』ってゆう音が飛んでくるんですよねぇ〜・・・へへへ最高〜。

 

出来上がると見えないから解らないし、見ても説明しないと解らないでしょ?

結構苦労してるんです・・・。

 

また、長くなってしまうんでこの辺で。

更新すると、試聴会の案内が見えなくなるからこまるぅ〜(汗)。

 

だから・・・、

 

 

今週の土日、忘れないでね

 

 

こちらも忘れずに、よろしく。



◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール