デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

タント

ダイハツ TANTO Exeに、スーパーデッドニング施工。愛知県より

今日の3時頃、愛知県より淡路島観光を兼ねてスーパーデッドニングをご検討中のご夫婦がご来店。

DSC02741DSC02742
奥様のお車、「TANTO Exe」でお越し頂きました。

DSC02743


現状のオーディオの状況やアライブのスーパーデッドニングに興味を持って頂いた経緯など少しお話させて頂いた後、代車兼スーパーデッドニングデモカーのミラをご試聴頂きました。

DSC01828

ご夫婦お気に入りのCDを数分間ご試聴頂きました。

「めちゃくちゃ心地よい音ですね、純正スピーカーがこんなに化けるなんて!!」



急遽施工させていただくことになり、デモカーミラは代車となりお客様は淡路観光へ(笑)

DSC02744
DSC02745DSC02746
DSC02748DSC02752
DSC02758DSC02764


明日のお昼過ぎにはお引渡しなので今夜中にはほぼ仕上げとかないと・・・
なので続き頑張ってきます!!


◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

タントカスタムの純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工。

DSC02192DSC02193
今日はタントカスタムが入庫です。
フル装備の車両でホイールのセンスも抜群!!
渋いです!!

しかし最近の軽の装備は凄いですね。
スライドドア左右とも電動やし、なんやかんやといろんなもんが装備されています(笑)


DSC02194
カロッツェリアのナビです。

DSC02195
DSC02196DSC02197
スピーカーは純正です。

では頑張ってきます!!


◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

タントカスタムに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。

本日はこのお車。

DSC09622DSC09624
ダイハツ タントカスタムです。


DSC09627DSC09629
施行内容は、絶賛好評中の『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。

そして、本日お引き渡しの『恐怖の10時間コース』でございます!!(笑)


DSC09625
carrozzeriaのナビです。

DSC09628DSC09632
DSC09633DSC09634
フロントスピーカーはアルパインに交換済みです。

DSC09640DSC09641
リアスピーカーは純正です。

何時も施工前にボリュームを上げたり下げたりしながら現状の音を色々と確認するのですが、なんか聞いていて気持ちの悪い違和感を感じました(汗)
音自体がおかしいのではないので普通に聞けないことはないのですが、なんか気持ち悪いんです(*_*)

その違和感を言葉で説明するのはちょっと難しいのですが、例えるとすれば「靴を左右逆に履いている感じ」もしくは、「Tシャツを前後ろ逆に着てる感じ」です(笑)

靴を左右逆に履いても歩けないことはないけど気持ち悪いですよね(笑)
Tシャツを前後ろ逆に着てもTシャツを『着ている』ことには違いないですが気持ち悪いですよね(笑)

このタントの現状の音は、『音楽としてはちゃんと鳴っているので聞けないことはないけどなんか気持ち悪い・・・』
ってな感じです(*_*)

この気持ち悪い感じは何が原因なのかはすぐに察しがついていたので、そこの部分を早速確認!!

DSC09657DSC09658
DSC09659DSC09660
ビンゴ!!
大当たりです!!

助手席側のアルパインのスピーカーに接続されているスピーカーケーブルが、プラスとマイナスを逆に繋いでありました(汗)
プラスとマイナスを逆に繋いでもスピーカーの音は鳴りますが、逆位相の音になるので聴感上気持ち悪く感じるのです。
特に助手席側だけ逆なのでより気持ち悪く感じます。

某量販店で勧められて取付けてもらったらしいのですが、純正スピーカーより良い物を購入して車の中の音を良くしようとしてもこの状態では本末転倒ですね(汗)

こんなことするなら交換する意味ないですし、純正スピーカーのほうが間違いなく良い音します。
純正スピーカーでプラス・マイナスを逆に繋いであるってことはまずありえませんからね。

あたりまえのことですが、『何のために純正スピーカーから市販のスピーカーに交換するのか』を、ちゃんと理解して取り付けしてもらいたいですね(汗)


おっと!!
愚痴ってる場合ではない!!(笑)

DSC09665DSC09666
DSC09668DSC09669
DSC09671DSC09672
DSC09661DSC09662
DSC09663DSC09664

続き頑張ってきます!!


◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール