デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

デッドニングからのステップアップ

SUBARU LEVORG | DLS UP6i スピーカーへステップアップ。姫路市より

ご無沙汰しております(汗)
超多忙でブログアップする余裕がございません(*_*)

で、本日はこのお車。

DSC03799DSC03800
レヴォーグが入庫しております。

DSC03802
姫路市よりお越し頂いております。


こちらのレヴォーグは先月『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』をさせて頂きましたが、今回早くも次のステップへステップアップでお越し頂いております。


純正スピーカーにスーパーデッドニング施工からの次のステップアップは、やはりスピーカー交換です。

オーナー様のご要望として、将来的には外部アンプまでのシステムを組む前提で徐々にステップアップをし、その都度のサウンドの変化や施工効果を楽しみたいとのことです。


お勧めさせて頂いたスピーカーユニットがこちら。

DSC03807DSC03808
DLS UP6i

DSC03809DSC03810
DSC03811DSC03812

ヘッドユニットがcarrozzeriaのP01なのでパッシブネットワーク無しのシステムです。

DSC03801
P01のクロスオーバーを使用してサウンドセッティングを行います。

DSC03813
今回スピーカーの取付は市販のバッフルを使用します。

将来的には『スーパーインナーバッフル』に仕様変更の予定ですが、施工法の効果の違いを楽しむために敢えて市販バッフルでの取付けです。


DSC03816DSC03814
DSC03817DSC03815
先日施工させて頂いたスーパーデッドニングです。

DSC03818DSC03819
DSC03820DSC03821
市販バッフルに付属しているボルトに、ネジロックを塗ってバッフルを取り付けます。

DSC03830DSC03829
DSC03831DSC03827
こんな感じで交換完了です!!

次はツィーターの取付けをして少々エージングを行った後にクロスオーバーセッティングを行います。


では続き行ってきます!!

本日もブログランキングにご協力お願い致しますm(_ _)m



X-TRAILにTS-WH1000A(サブウーファー)を取付。5回目のシステムアップです。

本日からまたまたX-TRAILお預かりです。

DSC03535DSC03536
アライブから車で2~3分の超ご近所様です(笑)

昨年の8月、純正スピーカーにスーパーデッドニング施工を皮切りに・・・

その2ヶ月後の10月、早くも次のステップアップとしてスーパーリアデッドニングの施工へ・・・

さらにその2週間後、DLSスピーカー&スーパーインナーバッフル&スーパーチューニングへ一気にステップアップ!!

DSC03538DSC03537

これで完結かとおもいきや・・・

年明け早々、モスコニのパワーアンプを追加!!
※ パワーアンプ取付記事
※ パワーアンプ取付記事
※ パワーアンプ取付記事

純正スピーカーにスーパーデッドニング施工から1年も経たないうちにフルシステムになってしまいました(笑)


フルシステム完成から約10ヶ月・・・

またまたシステムアップです!!

DSC03546
今回はカロッツェリアのサブウーファー『TS-WH1000A』を追加です!!

このサブウーファーはシート下への設置が前提の設計なので厚みがかなり薄いです。

DSC03545DSC03544
この車の助手席下にはDLSスピーカーのパッシブネットワークとモスコニアンプを設置しているので、必然的に運転席下への設置となります。

DSC03540DSC03541
運転席下へ設置と言うのは簡単なのですがご覧の通り接地面がフラットではありません(汗)

全てのサブウーファーに言えることですが、カーペット等の柔らかい素材の上に適当に設置してしまうと本来のサブウーファーの効果を発揮できません。
低音域は柔らかい材質に吸収されやすいので、歯切れの良いパンチの効いた低音域が消えてしまいます。
これではサブウーファーを追加する意味がありませんね。

ドアのスピーカーと同じように、サブウーファーもユニットを活かす施工をしなければ本末転倒で無駄金を遣うだけです。

しっかりとしたボードの上に足をつけてサブウーファー自体を浮かすように設置しなければ本来のサブウーファーの音は得られません。
その土台になるボードを設置するためにはフロアー面がフラットじゃないと設置しにくいのです。

さてどうやって設置しようか???

3日間ほどお預かりして試行錯誤して完成させていきます。


COPENのDLSスピーカーをグレードアップ!!!

アライブの代表車種の一つであるコペンですが、多数施工したコペンの中でも最高のシステムを組んでいるコペンが、この度更に上の頂点へと到達いたしました。

DSC05938DSC05939









純正スピーカーのスーパーデッドニング施工から始まり、幾度となくステップアップを重ねてきました。
◆その記念すべき第一弾のスーパーデッドニング施工はこちらをご覧ください。
◆DLS MS6Aスピーカー&スーパーアウターバッフル他施工はこちらをご覧ください。
◆DLS A3パワーアンプ装着施工はこちらをご覧ください。

パワーアンプを装着した時点で一通りのシステムとして完成していたので、しばらくはオーナーさんも落ち着いてはいたのですが・・・

しかし最高のシステムで最高のサウンドを聴いていても、人間の欲はさらに上を目指したくなるようです(笑)

そのDLSの頂点に位置する代物がこれ。

【COPENのDLSスピーカーをグレードアップ!!!】の続きを読む


- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール