デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

◆デッドニングの感想

【お客様の声】Audi S3 スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工

先日、『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』をさせて頂いたアウディS3のオーナー様より、施工後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

DSC02254DSC02283


施工詳細の前に、ご感想メールのご紹介です。

**********************************
原田様

昨日は、ありがとうございました。

あれから色んな曲を聴きながら帰りましたが、どの曲も今まで何回も聴いた事がある曲ばかりのはずなんですが、凄く新鮮な気分で聴く事が出来ました。

本当に耳で聴くと言うより『身体全体で曲を感じている、曲に身体全体が包まれで心地良い気分にさせてくれる。』と言う表現がピッタリします。

元々、iPhoneにはWAVファイルで圧縮無しでデータを入れていますから情報量には問題は無かったんですが、今回の施工で、その膨大な情報量が全て再現されている感じですね。
1番最初に聴いた曲は、マイケルジャクソンの【Beat it】だったんですが、イントロの締まったベース音を聴いて腰が抜けそうになりました(笑)

後は、本当にどの曲を聴いても自然と笑いが出てくるんですよね。

以前の車で、スーパーデッドニングの良さは分かっていたつもりだったんですが、今回の施工でスーパーデッドニングの潜在能力の高さを思い知らされた気がします。
これはメーカーオプションの「Bang & Olufsenサウンドシステム」との相性の良さも影響しているのかもしれませんね。

もし、次に車を乗り換える事になっても、この手の組み合わせだけは絶対に外せない気がします(笑)

**********************************

率直なご感想、誠にありがとうございます。

本当の良い音とは、耳で聞こえる音ではなく身体で感じる音です。
『身体全体で曲を感じている、曲に身体全体が包まれで心地良い気分にさせてくれる』
これこそがアライブサウンドです!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 


スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


では施工内容のご紹介。

DSC02261DSC02263
オーディオは純正オプションの『Bang & Olufsenサウンドシステム』

DSC02262DSC02264
ドアにミッドバス、スコーカー。

DSC02265
ピラーにツィーター、フロント3ウェイです。

DSC02266
ダッシュボード真ん中にセンタースピーカー。

DSC02269DSC02296
リアドアは2ウェイです。


DSC02285
フロントドア内張り外します。

DSC02286DSC02287
約8インチ口径のミッドバスと約4インチ口径のスコーカー。

DSC02297DSC02298
リアドアは約6インチ口径。

DSC02307
ツィーターは内張り側に装着されています。

DSC02317DSC02326
ドア内部を丁寧に脱脂処理。
アウターパネル裏のポイント部分に制振材を貼り付けます。

DSC02327DSC02329
ちょっと見えにくいですが貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC02330DSC02331
リアドアも同様に。

DSC02333
スピーカー裏から出る背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。

DSC02335DSC02334
貼り付ける部分に耐熱ボンドを吹き付けて吸音材が剥がれない様に粘着を強化します。

DSC02337DSC02338
貼り付けました。

DSC02339
リアドアも同様に。

DSC02345DSC02343
スピーカーを取り付けます。
ここからエンジンをかけて実際に音楽を鳴らします。

DSC02347DSC02348
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わっていきます。
車のドアは薄い鉄板ですのでスピーカーから伝わる振動によって余計な共鳴音を発生します。
この余計な共鳴音がスピーカー本来の音の邪魔をする、即ち『音を悪くしている最大の原因』なのです。

かと言って制振材をガッツリと貼って完全に共鳴音を消してしまうと(完全に消す事は現実的に不可能ですが・・・)音楽としての心地良い響きまで消えてしまいます。

スーパ―デッドニングはドアの響きを制振材を利用し、装着されているスピーカーユニットのクオリティーを引き出す為の心地良い響き変える施工法です。

ドアに手を触れながらスピーカーから伝わる響きを感じ取り制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。
多種多様の車種を何百台と施工してきた経験をもとに手に伝わる感覚で判断しています。
闇雲に判断しているのではなくアライブサウンドという明確な目指す音(完成の音)になるように施工しています。

その都度響きを感じながら施行していきますので、全く同じ車種でも制振材の大きさや貼り付けるポイント、貼り付ける枚数は違います。
が、出来上がる音は全て同じ音『アライブサウンド』になるのです。


DSC02349DSC02350
まずは1枚貼ってヘラでしっかり押さえ付けます。

DSC02351DSC02352
次のポイントを探り貼り付けて押さえ付けます。
これを繰り返していきます。

DSC02357DSC02353
で、完成です!!
左右のドアでも貼る位置は枚数、大きさが違います。
が、完成する響は同じです。

DSC02348
元々このケースに入れているカットしている制振材自体の大きさ自体がそれぞれ適当な大きさなので、逆に全く狂いなく同じ場所に貼り付ける方が不可能ですけどね(笑)

DSC02363DSC02360
リアドアも同じ要領です。

以上で全て完成です!!

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



【お客様の声】年末にスーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工施工をさせて頂いたCX-3のオーナー様より、施工後のご感想メールを頂きました。

本日より2018年の営業スタートです!!
改めまして本年もよろしくお願いいたします。


スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!


さて、昨年末に『スーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工』をさせて頂いた神奈川県よりお越しのCX-3のオーナー様より、早速施工後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

施行内容の詳細は以下よりご覧ください。
では、ご感想メールです。

***************************************
原田様

まず、この度は年末の30,31日での施工を受諾いただきまして、誠にありがとうございました。
写真もダウンロードできました。

車を買った知り合いはみんなデッドニング施工しています。

こりゃ、私もやらないと、とネットで探していましたところ、
CX-3の施工ご経験が豊富だったことと音楽の好みが同じ?だったことから、
ロケーションを無視してお願いしました。

効果はとにかく「全然違う!」ほど実感できました。

施工前は、音量を上げるとバランスが崩れて音が潰れて、ただやかましいだけ。
施工後は、音量を上げても全域で大きくなって、音楽を鑑賞することができるようになりました。
BOSEも喜んでくれていることでしょう。

割れた内張クリップの新品交換含めDIYしなくて、本当に良かったと思います。
代車まで貸していただきありがとうございました。

来年は戌年です。
益々のご発展をお祈りしています。

***************************************

こちらこそ遠路遥々お越し頂きありがとうございました。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



【お客様の声】インプレッサG4に『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』のオーナー様からのご感想メールご紹介。山梨県より

DSC08980DSC08981
以前に『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』をさせて頂いたインプレッサG4。

オーナー様から施工後のご感想メールを頂いていましたのでご紹介します。

DSC08982
何と山梨県よりお越し頂いていました。

DSC08983
パナソニックのナビです。

DSC08985DSC08987
DSC08986DSC08995
スピーカーはフロント、リア共に全て純正です。

施工詳細の前にご感想メールのご紹介です。

**********************************************
アライブ 原田様
昨日は夜遅くまで有難うございました。

山梨までの長い長い帰り道を使って、早速サウンドを堪能させていただきました(笑)

今までは強調される音と抑制される音がありわざとらしかったのですが、全ての音が心地よく聴こえるようになりました。
特に、他の音にかき消され気味だったピアノの音が明瞭になり嬉しかったです。

はるばる遠征した甲斐がありました!!
本当に有難うございました。

**********************************************
こちらこそ遠路遥々ありがとうございました。


では施工詳細です。

DSC08991
内張り外します。

DSC09019DSC09020
まずはドア内部を丁寧に脱脂処理します。
シリコンオフという溶剤を使用して汚れや脂分を取り除き、制振材が確実に貼りつくように下地処理を行います。

DSC09021
スバル車特有の緑色の防錆材です。

この防錆剤は吹き付けられているので余計な所(制振材を貼り付ける面)にも付着しています。
結構べっとりと付着しているので一度拭き取っただけでは取れません。
逆に周りに延び広がってしまって制振材が余計に貼りつかなくなってしまいます(汗)

ヘラを使ったりして延び広がらないように工夫しながら除去していきます。

単純な下地作業ですがこれを怠ると制振材が直ぐに剥がれてしまいます。
剥がれてしまっては何のためにデッドニングをするのか本末転倒ですね。

何事も下地作業は重要なのです!!



DSC09022DSC09024
脱脂処理後はドア内部から指先でアウターパネルをコンコンと叩き、制振材を貼り付けるポイントを探りながら貼っていきます。
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC09025DSC09027
ドアの下の方など手が入りにくい所は押さえ付けるのも一苦労です(汗)

DSC09029
リアドアも同様に施工していきます。


DSC09040
スピーカー裏の背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けて余計な反射音を防ぎます。

DSC09042DSC09053
貼り付ける面に耐熱ボンドを吹き付けて吸音材が勝手に剥がれないように細工します。


DSC09046DSC09049
サービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。

DSC09047DSC09050
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC09054DSC09055
ヒートガンで温めながら太鼓の革をピンッと張る様な感じでしっかりと貼り付けていきます。
ただ貼り付けるだけと思われがちですが、車両側のハーネス(ケーブル)やドアオープナーのワイヤー等の経路を確保しながらなので意外と頭使います。


ここからエンジンをかけて実際に音楽を鳴らします。

DSC09058DSC09059
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わります。
手の裏で触れて響きを感じ取り制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC09060DSC09061
貼り付けた後はヘラで叩き潰すような感じでしっかりと押さえ付けます。

DSC09062
こんな感じで響きをコントロールしていきます。

DSC09069DSC09070
最後に内張りを留めるクリップが入る穴にフェルトの布を貼り付けてビビリ音を防止します。

DSC09075DSC09077
リアドアも同様に施工して完成です。

DSC09081DSC09083
内張りを付けて各座席に座りながらどの座席で聴いても心地よいサウンドになるように、最適な前後バランス位置に調整して完成です。

ちなみにスーパーデッドニング効果で、イコライザー等のサウンド調整機能を使う必要がなくなりますので全てOFFです。

※『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』の効果と価格等について詳しくはこちらの記事をご参照くださいませ。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。