デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

パワーアンプ取付

F56ミニ モスコニアンプ(ONE80.4)取付中!!

今日も相変わらず蒸し暑いですね(汗)
そんな蒸し暑い本日も引き続きF56MINIにモスコニアンプ取付です。

DSC04677

アンプを取り付けるためには必ず電源ケーブル、スピーカーケーブルの引き廻しと接続が必要です。

配線経路として、電源はエンジンルーム内の車両バッテリーからプラス線とマイナス線を車室内に引き込んでアンプへ接続します。
アンプから各スピーカーへスピーカーケーブルを接続します。

これらの各ケーブル類はフロアーカーペットの下に引廻していきます。
その為にはまずフロアーカーペットをめくる必要があるのですが、またまたその為に各シートや内装パネル類をまず外していく必要があります。

DSC04684DSC04685
ジャーン!!
バラバラです(笑)

DSC04686DSC04687
この蒸し暑さのおかげで汗だくです(汗)

ようやくここからが各ケーブル類のワイヤリング作業の本番です!!

たかがケーブル這わすだけでしょって思うかもしれませんが、這わした後に内装のパネルがはまらないとか、シートに干渉するとか、ノイズが入るとか、いろいろな事を想定しながら這わしていくので、たかがとかそんな甘っちょろい作業ではありません。

内装類を組上げた後に、音が出ないとか、左右逆とか、そんな事があってはまた振出しに戻り時間の無駄ですので非常に神経を使います。


という事で気合い入れて続き頑張ります!!



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



F56 MINI Cooper S モスコニ ONE80.4取付。豊岡市より

本日はこちらのお車が入庫です。

DSC04672DSC04673
F56 MINI Cooper S

DSC04679
豊岡市よりお越し頂いております。
遠路遥々ありがとうございます。


DSC04675DSC03442
DSC03377DSC03375

こちらのオーナー様は先月ミニ専用JBLスピーカーシステムの取り付けをさせて頂いたリピーター様です。
この度早くも次なる欲望が湧き出てきてパワーアンプの取り付けのご依頼です。

DSC04676
前回は純正だったマフラーがREMUSに交換されていました。
渋い音してます!!

お勧めさせて頂いたパワーアンプはもちろんモスコニです。
その中でもコスパ抜群のこちら。

DSC04678DSC04677
mosconi ONE 80.4

JBLスピーカーシステムのミニにパワーアンプ取付はお初なので、どんなサウンドになるかワクワクしております。

と言ってもアライブサウンドの基本コンセプトである、『いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド』は何を取り付けても絶対にブレませんが(笑)


今回は数日間のお預りです。
乞うご期待!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



ゴルフ7 モスコニD2-80.6DSP取付完了!!

先日よりお預りのゴルフ7にモスコニパワーアンプ「D2-80.6DSP」の取り付けがようやく完成。

DSC04619DSC04620
スピーカーケーブルワイヤリング

DSC04622DSC04638
各ドアにもワイヤリング

DSC04624DSC04625
バッテリーからアンプ用の電源をプラス・マイナスとも引き込みます。

DSC04629DSC04640
ワイヤリング完成!!

DSC04641DSC04642
アンプボード製作。

DSC04643DSC04646
DSC04647DSC04648
アンプボード完成!!

DSC04651DSC04652
アンプ設置。
放熱と耐震対策のために下駄をはかせて少し浮かせています。

DSC04653DSC04654
純正内蔵アンプ出力からのスピーカーケーブルの先にRCAプラグを取り付けます。

DSC04655DSC04656
アンプ設置、各ケーブル接続完成!!

DSC04657DSC04659
メインヒューズホルダーを固定するためのアングルを製作。

バッテリー交換の際に邪魔になる様な所や走行中に振動で外れるような取付は厳禁です!!
適当な固定方法で万が一走行中に外れてショートでもしたら大事故につながります。

DSC04671
何一つ外すことなく通常のバッテリー交換が可能となっています。

DSC04662DSC04663
最後にゲイン調整とパソコンを繋いでクロスオーバー調整を行って完成です。



調整中はエンジンをかけて音楽を鳴らしながらするのですが、ピット内の温度が激アツになっていました(汗)



最終44℃まで上がりました(@_@)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール