デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

パワーアンプ取付

ゴルフ7にモスコニパワーアンプ [D2-80.6DSP] 取付。西宮市より

本日はリピーターのお客様。

DSC04565DSC04566
ゴルフ7です。

今年の5月に、『GLADENゴルフ7用スピーカー前後交換と、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』【ゴルフ7定番メニュー】をさせて頂きました。

今回はさらなる音質向上を目指してパワーアンプ取付のご依頼です。

チョイスしたパワーアンプはもちろん『mosconi(モスコニ)』です。

DSC04568DSC04569
DSC04571DSC04572
DSPプロセッサー内蔵のD2-80.6DSPです。
専用(別売)のコントローラーも装着します。

フロントスピーカーはマルチシステムとして4ch使用し、リアスピーカーは2chで鳴らします。
合計6chです。
取付後、DSPプロセッサーで各スピーカーのサウンドセッティングを行います。

DSC04574DSC04606
DSC04576DSC04614
施工前に現状の音を聞いてみましたが、良い感じにエージングが進んでいて高音域の角がとれてマイルドになり、中低音域の深みが増してリアリティーが向上していました。
心地良いサウンドにしばらく聞き入ってしまいました(笑)

今回のパワーアンプ取付後のサウンドが非常に楽しみになってきました!!


DSC04615DSC04618
アンプは助手席下へ設置します。

シート、内装パネル類を外してスピーカーケーブル、電源ケーブル等のワイヤリング作業から行っていきます。

こんな感じで数日間のお預りです。

乞うご期待!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



X-TRAIL アンプボードにアンプ取付、音出しチェックOK!!

今日もエクストレイルさんです(^.^)

DSC02709
前回製作のアンプボードは撤去して新たに製作します。

DSC02710DSC02711
ベースのボードを切り出して各アンプ等を仮置きしてレイアウトを決めます。
アンプの下には下駄をはかせてアンプ本体を浮かせるように取り付けます。
放熱対策と振動対策に効果的です。

DSC02712DSC02713
制振塗料『ダイポルギー』を全面に塗り込み、ボード自体の余計な共鳴を防ぎます。

DSC02714DSC02715
ボード裏にはクッション材を貼り付け鬼目ナットを埋め込みます。

DSC02718DSC02719
純正のパネルにボルトで固定します。

DSC02716
アンプ固定用の鬼目ナットを埋め込みます。

DSC02721DSC02722
ここからアンプ等に結線していきます。

DSC02723DSC02724
たかが結線と思われがちですが、見栄え良く各ケーブルを束ねながらの細かい作業なのでかなりの時間を要します。
無理な体制にもなるので腰が痛いです(汗)

DSC02726DSC02727
結線完了!!

DSC02728DSC02729
なかなかええ感じに出来ました(^O^)

DSC02732
通電チェックも問題なくクリアーしてフロント、リアスピーカー、サブウーファーの音出しチェックも一発OKです!!


いよいよ最終工程のウーファーボックスチューニングに突入です。

DSC02733DSC02734
まずボックス内に制振塗料『ダイポルギー』をたっぷりと塗り込みます。

DSC02735DSC02736
まずは一回目。
しっかりと乾燥させてもう一回塗り込みます。


とこんな感じで着々と進行中です!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



VW GOLF7 GTi | モスコニパワーアンプ取付け。横浜市より

DSC02756DSC02757
本日はアライブの定番車種の一つ、GOLF7が入庫しております。

DSC02759
泉ナンバーですが横浜市よりお越し頂きました。

こちらのオーナー様には昨年9月頃にゴルフ7定番メニューの、GLADENスピーカー交換&スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工をさせて頂きました。

その時の施行内容詳細は下記リンク先をご覧下さい。
◆ GOLF7 GLADENスピーカー交換とスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工 ◆


この度さらなるクオリティーアップのご要望でパワーアンプ追加のご依頼頂きました。

チョイスさせて頂いたパワーアンプがこちらです。

DSC02761DSC02762
アライブ定番パワーアンプのモスコニです。
mosconi ONE 80.4です。
突如ニューモデルに変わっていました(汗)

ゴルフ7の助手席下へピッタリと収まります。
助手席下カーペット直置きではなく専用のボードを制作してきっちりと取付けます。

DSC02758
ヘッドユニットは純正です。

まずはケーブル類のワイヤリング作業から。

DSC02764DSC02777
DSC02778DSC02779
DSC02780
電源ケーブルをバッテリーから直接引込みます。
アースもバッテリーのマイナスへ直に戻します。

DSC02781DSC02782
音声信号は純正パワーアンプのスピーカー出力からモスコニアンプへ入力します。
ゴルフ7の純正パワーアンプはグローブBOX内のCDプレーヤー内にあります。

DSC02785


今回は3日間のお預かりでじっくりと施工させていただきます。

本日もブログランキングにご協力お願い致しますm(_ _)m



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール