デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

パワーアンプ取付

エスティマに、アルパイン juba 7909JとDLS CC-44 取付中

今週いっぱいはこの車に付きっきり!!

DSC00950DSC00951
50エスティマです。

先月にDLSスピーカー「RCS6.2」をスーパーインナーバッフル製作で取り付けたばかりですが・・・
今回早くもパワーアンプ追加にステップアップです!!

外部アンプを選ぶ際は性能ももちろんですが設置場所をどこにするかという事も重要となります。
設置後に的確なアンプのゲイン調整が可能であるか、という事も設置場所を選択する条件の一つでもあります。

オーナー様とあーでもないこーでもないと吟味した結果(笑)、ここへ設置する事に。

DSC00952DSC00953
運転席と助手席の間のセンターコンソール部分です。

DSC00955DSC00954
このセンターコンソールはレールに装着されていて後ろ側にも移動できる優れものです!!
ただオーナー様曰くそんなに必要性がないので取り外すことに。
そしてアンプを運転席と助手席の間に設置します。

チョイスしたアンプがこちら。

DSC00967DSC00968
DLS CC-44
このタイプを取り付けるのはお初ですが何よりもサイズ的にバッチリなのです(笑)

当初はオーソドックスに純正ナビとこのアンプを接続する予定だったのですが、オーナー様がこんなものをもって来ました!!

DSC00975DSC00973
アルパインの名機 juba(ジュバ)シリーズのCDデッキ「7909J」です!!
約30年ほど前の物なので今となっては知らない人も多いかと思いますが、50歳前後のバブリー世代のおっさん達にとってはたまらない逸品です!!(笑)

もちろんオーナー様も僕と同い年のバブリー世代のおっさんです(笑)

これを何年か前に動かない中古品を格安で購入し、アルパインに「いくらかかってもいいから完全オーバーホールしてほしい」と相談したところ、その時にまだアルパインに在籍していた当時のjubaシリーズを開発していた方の耳に入りその方が直々にオーバーホールして下さったそうです。

それから大切に保管していたのですが、急に「この音が聴いてみたい!!」と思い立ったそうです(笑)

と言っても純正ナビは活かしたままで使いたいとの事で、オーナー様自らシステム構成を考えてきて「このシステム構成で取付場所はセンターコンソールワンオフで作ってもらってあとはおまかせ、よろしく!!」と・・・(汗)


DSC01009DSC01010
という流れで久々にプチカスタムオーディオです(汗)

DSC01014DSC01015
形の無い物を想像しながら形にしていきます。
しかも操作性やメンテナンス性、組み込み順序も緻密に考慮しながら想像していきます。


でも十年以上前まではこんな施工は日常茶飯事でしたけどね(笑)

1475416b648bf2b1
33シーマのトランク内カスタムインストール。

404dc409fd833dce
今から13年ほど前です(笑)

8ea2cb5698ccdabd
シーマとかセルシオとか、純正マルチシステムでオーディオやエアコンコントロールが一体化。
しかもモニターは液晶ではなくブラウン管!!
フェイスパネルをばらばらに分解してセンタ―コンソール内へ移植!!

0d4f6872917e439e
フェイスパネルを純正コンソールの枠の部分に一体加工。
そしてボタンとか基盤とか元通り組み込み。

6164560f
組み込みは出来たけど果たして動くのか心配・・・
動かなかったらエアコンのコントロールとかが出来ず大損害です(汗)

6ddbe620
ちゃんと動きました!!(笑)
赤外線タイプのタッチセンサー問題なく動いてホッとした事を今でも覚えています(笑)

08058040
そしてマルチがあったところには9インチモニターを埋め込み、その下へアルパインのF1デッキ、灰皿があったところにマッキントッシュのアナログレベルメーターを埋め込み!!


今思えばよくこんな事してたよなぁって思います(笑)
この事は何事にも挑戦って勢いでした。

一応言っておきますが今はこんな大それた施行はやりませんので悪しからず(笑)



このようなカスタムにしてもデッドニング等の音創りにしても、挑戦して失敗したこともありました(汗)
しかし、失敗しないと解らないこともあり、その事も全てノウハウとして蓄積されてきました。

今年でアライブは21年目です!!
この経験があったからこそ、スーパーデッドニングを基準としたアライブの一貫した音創りがあるのです。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



F56ミニ モスコニアンプ(ONE80.4)取付中!!

今日も相変わらず蒸し暑いですね(汗)
そんな蒸し暑い本日も引き続きF56MINIにモスコニアンプ取付です。

DSC04677

アンプを取り付けるためには必ず電源ケーブル、スピーカーケーブルの引き廻しと接続が必要です。

配線経路として、電源はエンジンルーム内の車両バッテリーからプラス線とマイナス線を車室内に引き込んでアンプへ接続します。
アンプから各スピーカーへスピーカーケーブルを接続します。

これらの各ケーブル類はフロアーカーペットの下に引廻していきます。
その為にはまずフロアーカーペットをめくる必要があるのですが、またまたその為に各シートや内装パネル類をまず外していく必要があります。

DSC04684DSC04685
ジャーン!!
バラバラです(笑)

DSC04686DSC04687
この蒸し暑さのおかげで汗だくです(汗)

ようやくここからが各ケーブル類のワイヤリング作業の本番です!!

たかがケーブル這わすだけでしょって思うかもしれませんが、這わした後に内装のパネルがはまらないとか、シートに干渉するとか、ノイズが入るとか、いろいろな事を想定しながら這わしていくので、たかがとかそんな甘っちょろい作業ではありません。

内装類を組上げた後に、音が出ないとか、左右逆とか、そんな事があってはまた振出しに戻り時間の無駄ですので非常に神経を使います。


という事で気合い入れて続き頑張ります!!



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



F56 MINI Cooper S モスコニ ONE80.4取付。豊岡市より

本日はこちらのお車が入庫です。

DSC04672DSC04673
F56 MINI Cooper S

DSC04679
豊岡市よりお越し頂いております。
遠路遥々ありがとうございます。


DSC04675DSC03442
DSC03377DSC03375

こちらのオーナー様は先月ミニ専用JBLスピーカーシステムの取り付けをさせて頂いたリピーター様です。
この度早くも次なる欲望が湧き出てきてパワーアンプの取り付けのご依頼です。

DSC04676
前回は純正だったマフラーがREMUSに交換されていました。
渋い音してます!!

お勧めさせて頂いたパワーアンプはもちろんモスコニです。
その中でもコスパ抜群のこちら。

DSC04678DSC04677
mosconi ONE 80.4

JBLスピーカーシステムのミニにパワーアンプ取付はお初なので、どんなサウンドになるかワクワクしております。

と言ってもアライブサウンドの基本コンセプトである、『いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド』は何を取り付けても絶対にブレませんが(笑)


今回は数日間のお預りです。
乞うご期待!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。