デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

マーチ(K13)

マーチ(K13)のリアドアに、スーパーリアデッドニング施工。川西市より

本日はこちらのお車が入庫しております。

DSC04430DSC04431
日産マーチ、NISMO S
こちらのオーナー様は今年の2月にフロントドアのスーパーデッドニングを施工させて頂いたリピーター様です。

今回はステップアップとしてリアドアへの『スーパーリアデッドニング』のご依頼です。
ありがとうございます。

『スーパーリアデッドニング』は文字通りリアドアへ施工するスーパーデッドニングです。
施行工程や施工時間はフロントドアのスーパーデッドニングと全く同じですが、施工目的が違います。
フロントスピーカーの中低音域に厚みを出し、車室内の臨場感を増す目的の施工です。
相乗効果としてリア席で聞いても心地よいサウンドが得られるようになります。

※ 詳しくはこちらの『スーパーリアデッドニング』の記事をご覧ください。

ちなみにスーパーリアデッドニングはドア自体の構造上の問題でスライドドアへの施工は出来ません。
このマーチのような通常のドア形状にのみ対応となります。



DSC04432
CDデッキです。

DSC04434DSC04433
DSC04438DSC04435
施行工程はフロントドアのスーパーデッドニングと全く同じです。

DSC04439DSC04436
スピーカーはフロントドア同様カロッツェリアに交換済みです。

DSC04446DSC04447
ドア内部、インナーパネルを丁寧に脱脂処理します。

DSC04448DSC04450
アウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でるように、指先でパネルを叩きながらポイントを探って制振材を貼り付けていきしっかりと押さえ付けます。

DSC04457DSC04455
スピーカーの背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。
これにより反射音を防ぐことができ低音域のボワつきがなくなります。
貼り付ける面にボンドを吹き付けて剥がれない様にしておきます。

DSC04458DSC04459
サービスホールの縁にもボンドを吹き付けます。
耐熱タイプのボンドなので夏場でも問題ありません。

DSC04460
ゴム質の制振材をサービスホールの形にカットします。


とこんな感じで着々と進行中です!!
では後半戦スタート!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



日産マーチ(K13型)に、スーパーデッドニング施工。川西市より

本日はお初のお車が入庫しております。

DSC00089DSC00090
日産マーチのK13現行型です。

DSC00095DSC00097
しかもNISMO Sです!!
かっちょいい!!

DSC00093
NISMO Sなので漢の5MTです!!

DSC00094
運転席のシートはレカロのフルバケットタイプに交換されています!!

5MTでレカロのフルバケ、ワクワクしますねぇ〜
久々にフルバケに座りましたが、フルバケならではの乗り降りのしにくさが更にヤル気をそそります!!(笑)
コツを知ってれば乗り降りもたいして問題ありません。


さて本題のオーディオの方ですが・・・

DSC00091DSC00092
カロッツェリアのCDヘッドでナビではありません。

DSC00100DSC00115
スピーカーもカロッツェリアに交換済み。
交換済みというかオーディオレス車でもともとスピーカーが付いていないのでこの場合は取付済みですね(笑)
まぁ、どっちでもいいんですが(笑)


DSC00125DSC00126
助手席下にはアルパインのチューンナップウーファーがあるのですが、フロアーカーペットの上に固定もせずただ置いてあるだけです(汗)

しかもウーハーの接続がデッキのリアスピーカー出力側へ接続されているので、リアスピーカーの音に連動して音量が左右されます。
フロントスピーカーとリアスピーカーの最適な音量バランスをフェダー調整等でセッティングする場合、必然的にフロントスピーカーの出力の方が大きくなります。
リアスピーカーの出力が小さくなるのでウーハーへ入力されている信号もそれに応じて小さくなり、結果ウーハーの音も小さくなってしまいます。

ウーハーには専用のリモコンが付属していてそこでウーハーの音量調整が出来るのですが、大もとのウーハーへ入力されているリアスピーカーからの信号が小さいのでリモコンで調整してもそれ以上音量は上がりません。

要は『本来のウーハーのクオリティーを発揮できず、ウーハーを付ける目的を全く達していない状態』という事です。


カロッツェリアのCDデッキにはサブウーハー出力端子があるので、このシステムで組むのならここへ接続するべきなのです。

この状態ではせっかくのウーハーも活かされていません。
結果的にシステムのバランスを崩すことになっている状態で非常に勿体ないですので、今後はウーハーの接続方法、設置方法を改善していきたいですね。


DSC00119DSC00112


では続き頑張ってきます!!



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール