デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

レガシィ

レガシィB4、『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』最終工程です。

土曜日からお預りのレガシィB4。

想定以上に時間のかかったスピーカーケーブル交換も無事終わり、只今からメインメニューのスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工の最終工程突入です!!

詳細書いてる時間ないのでインスタグラムの画像のみでご勘弁を(笑)





◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

レガシィB4(BM9)にスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工とプラスα。枚方市より

DSC00426DSC00427
本日の施工車両は昨日よりお預りのレガシィB4です。
施工実績がかなり多いレガシィですが久々の入庫です。

DSC00429
大阪府枚方市よりお越し頂いております。
ありがとうございますm(__)m

施工内容はレガシィでは定番メニューの『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。
あと今回はオーナー様のプラスαのご要望で、スピーカーケーブル交換(スピーカーは交換済み)も行います。

この内容では流石に1日では絶対に無理ですので3日間のお預りです。


DSC00428
ナビはダイヤトーンのNR-MZ100です。


DSC00430DSC00432
DSC00434DSC00440
DSC00435DSC00441
DSC00451DSC00450
フロントスピーカーはクラリオン製のセパレートタイプに交換済み。
ツィーターは純正位置です。

DSC00431DSC00433
DSC00436DSC00438
DSC00437DSC00439
リアスピーカーも同じくクラリオン製に交換済み。
こちらはコアキシャルタイプです。


DSC00443DSC00445
DSC00446DSC00448
フロントスピーカー、リアスピーカー、どちらもスピーカーセットに付属の樹脂製の専用インナーバッフルを使用して取り付けられています。

付属品ですが専用だけあってきっちりと固定できますのでコストパフォーマンス高いですね。
樹脂製なので市販されているインナーバッフルのように、スピーカーをネジ留めするとひび割れしてそこに水が入って腐食してしまう心配もないですしね。


今回はオーナー様のご要望でスピーカーケーブル交換も行います。
前後とも交換するのでナビや内装パネル類を外します。

フロントスピーカーはセパレートタイプで専用ネットワークが付属しているのですが、他店で取り付けているのでまずはそのネットワークがどこに潜んでいるか探す事から始めます。

ナビ裏からのスピーカーケーブルをたどって行くと・・・

DSC00452
右はこの中の車両ヒューズユニットの所に貼り付けてありました。

DSC00458DSC00459
左はグローブBOXを外した奥の所に貼り付けてありました。

DSC00461DSC00462
これがネットワークです。

ツィーターの音量レベル調整(切り替え)をするアッテネーションスイッチが付いています。
本来ならば音を聞きながらベストなポジションへ切り替えられるようなところへ設置した方が良いのですが・・・

DSC00463
一旦すべて外してしまうので手軽に調整が出来るところに設置し直します。


DSC00464DSC00465
DSC00467DSC00466
ツィーターの脱着が容易になるようにギボシではなくこのカプラーを使います。


DSC00468DSC00469
リアドアの車両のケーブル類の接続部分です。
じゃばらのゴムホースを外すと車両側からカプラーが出てきます。

DSC00470
レガシィの場合はドアの交換をする際にはこのカプラーを外してドア側のケーブル類とを分離する構造になっています。

DSC00471
交換するスピーカーケーブルを車両側からこのゴムホースの中を通してドア側へ引き込んでいくのですが、そのまま通してしまうだけだと万が一ドア交換等の車両メンテが必要になった時に新たに引き込んだスピーカーケーブルが車両側と繋がったままとなり、すんなり外せないという非常に面倒な事になってしまいます。

DSC00472DSC00476
車両メンテの事を考慮し、スピーカーケーブルにもカプラーを取り付けて容易に脱着が出来るようにします。

DSC00473DSC00475
フロントドアも同じ構造なので同様に細工します。

DSC00479DSC00480
ネットワークはこちらへ移設。
内装パネルを組んだ後でも設定の変更が容易に出来るようになりました。


たかがスピーカーケーブル交換と思われがちですが、このように車両側の構造や車両メンテ等を考慮しながらとなるのでその都度施工内容や工程が変わってきます。
ですので意外と時間がかかってしまいます。

今回も想定以上に時間がかかってしまいました(汗)

早くしないと間に合わない〜ので、続き行ってきます!!


◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

SUBARU LEGACY | 純正マッキントッシュシステムに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。静岡県より

DSC04149DSC04150
本日はアライブ定番車種のレガシィが入庫しています。
ここ最近はスバル車続きですね(笑)

DSC04160
なんと静岡県よりお越し頂いております。
遠い所お越し頂き誠にありがとうございますm(_ _)m

施工内容もアライブ定番メニューの『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。
そして定番の『恐怖の10時間コース』です!!(笑)


DSC04151DSC04152
オーディオは純正マッキントッシュシステムです。

DSC04153
センタースピーカー

DSC04155DSC04154
ミッドツィーター

DSC04157DSC04156
DSC04167DSC04161
DSC04168DSC04162
フロントスピーカー

DSC04158DSC04159
DSC04169DSC04164
DSC04170DSC04165
リアスピーカー


DSC04181DSC04173
DSC04180DSC04177
ドア内部とインナーパネルを丁寧に脱脂処理。


DSC04188DSC04197
DSC04189DSC04198
DSC04190DSC04199
DSC04191DSC04194
DSC04193DSC04196


こんな感じで着々と進んでおります。

では後半戦行ってまいります!!

本日もブログランキングにご協力お願い致しますm(_ _)m



◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール