デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

◆ DAIHATSU ◆

MOVE キャンバスの純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工。


DSC08070DSC08071
本日はMOVEキャンバスが入庫です。
車高も程よく下がって渋いスタイルに仕上がってますね。

DSC08073
稲美町よりお越し頂いております。

施行内容は『スーパーデッドニング』です。
只今開催中の『スーパーデッドニング・お年玉キャンペーン』でご予約いただきました。

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!


DSC08072
純正ナビです。

DSC08074DSC08079
スピーカーも純正です。

DSC08080DSC08081
鉄板直付けです。
最近のダイハツはスピーカー表面から内張りまでのクリアランスが少ないのでスピーカー交換時は干渉に要注意ですね。

DSC08088DSC08087
そして最近の軽自動車は内貼り(肘があたる部分)が窪んでいてドア内部にまで達する勢いです。

DSC08082DSC08083
ちょっと見にくいですがビニールも内張り形状に合わせてドア内部側に窪んでいます。

DSC08086DSC08084
さらにドア下にあるドリンクホルダーは完全にドア内部にまで達しています。

ここまでドア内部に入り込んでいるとサービスホールを塞ぐことが出来ません。
塞いでしまうと内張りが取付できなくなってしまいます。

なのでこの場合はこうする事にしています。

DSC08090
ビニールを剥がす前に窪んでいる部分を位置決めしながらカットします。

DSC08093DSC08094
この部分だけはこのビニールを使ってサービスホールを塞ぎます。

スーパーデッドニングではドアのパネル(鉄板)自体の響きをコントロールして音を良くするデッドニング法ですので、部分的にこのビニールでサービスホールを塞いでも問題ありません。

無理にサービスホールを塞いで内張りが浮いた状態になる方が余程問題ありですね。

という感じで着々と進行中です。
では後半戦行ってまいります!!

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



move キャンバス、ウーファー設置完成!!

ムーヴ キャンバス、チューンナップウーファー取付の続きです。

各ケーブルのワイヤリングが終了したのでウーファー設置ボードの製作です。

DSC07559
ウーファーは運転席下に設置します。

一般的なチューンナップウーファーの取付だと、マジックテープでこのカーペット上に貼り付けて、配線繋いで、音が出て、「ハイッ!出来上がり!!」です。

まぁこの状態でもとりあえずはボコボコと締まりの無い低音は出るので、
「おっ!ウーハー鳴ってるやん!!」という事ではある意味OKなのかもしれませんが、音楽としての低音域の再生(鳴り方)としては果たしてそれでいいのでしょうか?

ウーファーの本来の役割(使い方)は、ドアスピーカーの中低音域を補い音楽全体に厚み(迫力)を出すためです。

アライブの音創りの中でのウーファーの鳴らし方は、聴感上迫力ある低音域が鳴っていても「シート下のウーファーから低音域が鳴っているとは感じないくらい、存在感がない状態」です。

その役割を果たすためには「ウーファーの設置方法」が非常に重要となります。

低音域は柔らかい物に吸収されやすいので、ウーファーをシート下のカーペットの上に直に置くとその影響で締まりの無いぼやけた低音になってしまいます。
そしてドアのスピーカーとの音の繋がりも悪くなり、結果的にドアスピーカーからは軽い耳障りな高音がチャキチャキと鳴り、シート下からはボワボワと不快な低音が鳴るという、いわゆる典型的な聞き疲れのする「ドンシャリサウンド」になってしまいます。


アライブでは必ず専用のボードを製作してウーファーを活かす施工を行います。
「何のためにウーファーを取り付けるのか?」という事を考えれば当然の事です。


DSC07563
まずベースとなるボードを切り出します。
車台番号の刻印部分が見えるようにカットしておきます。

DSC07564DSC07565
ウーファーを置いて現物合わせでボードの形を作っていきます。

DSC07566DSC07567
音抜けが良くなるように下駄をはかせてウーファーを浮かせます。
インシュレーター効果です。

インシュレーター
ホームオーディオでは当たり前の処置ですね。

DSC07568DSC07569
ケーブルを通す穴を開け角を削りボードの形状は完成です。
車両に仮置きして設置状況をチェックします。

DSC07570DSC07571
制振塗料ダイポルギーを塗ってボード自体の余計な共鳴音を防ぎます。

DSC07572
ウーファーをボルトで固定出来るように鬼目ナットを埋め込みます。

DSC07574DSC07576
超強力マジックテープと超強力両面テープでボードを固定します。
ウーファーとの隙間部分に吸音材を貼り付け音溜りを消します。

DSC07578DSC07579
ウーファーを取り付けてシートを元に戻します。

DSC07580
最後に自然な低音域が鳴るようにサウンドセッティングをして終了です。


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



ムーヴ キャンバスにケンウッドのチューンナップウーファー取付

DSC07205DSC07207
本日はMOVE キャンバスが入庫です。

こちらのオーナー様は、つい先日純正スピーカーにスーパーデッドニングの施工をさせて頂きました。
早くもステップアップです(笑)

その施工内容は・・・

DSC07541DSC07542
昨日のJUKEに引き続き、チューンナップウーファーの取付です(笑)

DSC07543
運転席下へ設置します。

DSC07547DSC07550
まずは付属ケーブルのワイヤリング作業から。

DSC07549
綺麗に収まりました。

DSC07545DSC07551
電源はバッテリーのプラス端子に接続。
バッテリーが邪魔なので外します。

DSC07552DSC07554
バッテリー奥のこの部分から室内へ引き込みます。

DSC07555
引き込んでケーブルをまとめた後はコーキングを塗り込んで防水処理。

DSC07557
プラス端子直後にヒューズホルダーを取り付けてエンジンルーム内は完成。

DSC07558
続いて専用のウーファー設置ボードを設置場所に応じて製作します。

DSC07560

では後半戦行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。