デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

◆ DAIHATSU ◆

【試聴動画】タントカスタム、ウーファー施工後の試聴音源です。

タントカスタムのウーファー設置後の試聴音源です。

● デモ音源  
懐かしの「GIVE ME UP」




● デモ音源
懐かしの「Whisper To A Scream」




● デモ音源
懐かしの「I Cry For You」




● デモ音源
定番のMISIAです(笑)




施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



タントカスタム、ウーファー設置完成。

DSC02453DSC02455
先日高知県よりお越し頂いたタントカスタムの、ウーファー設置とツィーター位置移設の施工内容の続きです。

DSC02512DSC02513
専用のウーファーボードにダイポルギーを塗り込み余計な共鳴音を防ぎます。

DSC02516DSC02517
鬼目ナットを埋め込んでボルトで確実にウーファーを固定できるようにします。

DSC02520DSC02522
運転席下へ設置。
ウーファーと設置ボードの間に吸音材を貼り付けて余計な反響を防ぎます。

このような細かいチューニングによってウーファー本来のクオリティーが発揮されるのです。

しかし・・・

『ケーブル接続して、シート下へ適当に置いて、音が鳴って、ハイッ!完成!!』

という施工が大半です(涙)

たしかにこれでも取り敢えず低音は鳴ります。
でも本来のウーファーとしての役割の意味を理解していたらこんな事はできないはずです。
こんな事するくらいなら付けない方がましですね。


DSC02523DSC02524
ロックタイトを添付してボルトがかってに緩まないようにします。

DSC02526DSC02527
ウーハーをボードにがっちり固定できました。

DSC02538
シートを付けるとこんな感じでジャストフィットです!!

DSC02536DSC02535
色々なジャンルの音源を再生しながらツィーターの設置位置と角度を調整して取り付けます。

DSC02545
ウーハーのクロスオーバーとレベルは付属のリモコンで行います。

これで完成です。

施工後の音源を収録しましたのでこちらからご試聴ください。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



タントカスタム、ウーファー設置ボード製作中!

DSC02472
先日よりチューンナップウーファー取付とツィーター設置位置変更でお預かりしているタントカスタムさん。

DSC02482DSC02487
電源ケーブル、バッ直引込作業です。
アースもバッテリーのマイナス端子へ戻します。

DSC02495DSC02496
RCAケーブル等、ウーファー設置位置までワイヤリング完了。

そうこうしている間にウーファーが入庫。

DSC02497DSC02498
カロッツエリアのTS-WH1000Aです。
サイズを測ると運転席下にバッチリ収まります。
バッチリ収まるのですがシート下のカーペット上に直に置いてしまうとせっかくのウーファー効果が発揮できません。
発揮できないどころか邪魔な存在となってしまいます。

「低音の迫力を期待してウーファー付けたのにボワボワした低音が鳴って気持ち悪いやん!!なんでやっ!?」

って事になってしまいます。

低音域は設置されている状況やその環境によって音の出方(鳴り方)が大きく変わります。

DSC02499DSC02501
しっかりとした厚みの板で専用の設置ボードを製作して確実な固定をしなければ、本来のウーファー効果が発揮できません。

DSC02502DSC02503
DSC02511DSC02510
ボードの上にベタ置きするのではなく下駄をはかしてウーファー本体を浮かすような感じで設置します。

DSC02507DSC02508
こうすることによってウーファー本来のタイトな低音域が鳴り、フロントスピーカーとの音の繋がりも良くなります。

ウーファー効果を最大限引き出す設置法について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

てな事で続き行ってきます!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール