デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

◆ MAZDA ◆

マツダ プレマシーにスーパーデッドニング施工。西宮市より

DSC00319-1DSC00320-1
本日はプレマシーが入庫しております。

施行内容は只今お年玉キャンペーン開催中の『スーパーデッドニング』です。
もちろんお年玉キャンペーンでご予約いただきました。

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!


DSC00321
ダイヤトーンナビです。

DSC00322DSC00324
スピーカーはアルパインに交換済みです。

DSC00323DSC00342
樹脂パネルを外します。

DSC00345
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC00349DSC00348
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。
敢えて適当にカットした制振材の中から丁度いい大きさの物を選んで貼り付けます。

DSC00350DSC00351
はじめは大まかに貼っていき、更に制振材を細かくカットしてアウターパネルの響きを調整していきます。
音楽を聴くうえで心地よく感じるベース音の余韻を奏でるように響きを調整します。


アライブが提供する『良い音』とは運転しながら聞いていてとにかく『気持ちええ音やぁ』と感じる音です。
気持ちええと感じる音はドアというペラペラの鉄板の響かせ方で決まります。

良い音がする楽器はその楽器のボディー(本体)が『良い音になる響き』になるように、緻密な設計がされています。
スーパーデッドニングはドア自体を楽器のボディーと見立てて『気持ちいい音が鳴る響き』に調整しているのです。

アライブの各施工法は、ギター歴約35年の経験から考案した独自の音創りの考え方なのです。


DSC00352DSC00353
貼り付けた制振材をヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00354

とこんな感じで着々と進行中です。

では後半戦行ってまいります!!

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



愛知県よりお越しのプレマシーに、スーパーデッドニング施工。

DSC00176DSC00177
本日はプレマシーが入庫しております。

DSC00182
愛知県よりお越し頂いております。
遠路遥々ありがとうございます。

施行内容は只今大好評中の『スーパーデッドニング・お年玉キャンペーン』でご予約いただきました。

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!

DSC00179
純正ナビかな?

DSC00180DSC00183
内張り外します。

DSC00184
純正スピーカーです。

DSC00191DSC00192
マツダ車はドアが黒い樹脂パネルで塞がれている構造です。
まずはこの樹脂パネルを外すのですが窓ガラスを外して純正のケーブル類を外していきます。

と、言うのは簡単ですがこのケーブル類を外すのはちょっとしたコツがいります。

DSC00193DSC00194
外れました。

DSC00196DSC00198
外した樹脂パネルです。
この樹脂パネルにウィンドウモーターとレールが組み込まれています。

DSC00199DSC00201
純正スピーカーです。
安っぽいですが偏った音色の色付けがなく全帯域で素直な音を再生してくれます。


『純正スピーカーなんて音が悪い』って思われるでしょうが、一度その固定観念を払拭して長時間聴いてみてください。
車種とその純正システムの構成によって差はありますが、意外と自然な音で長時間聞いていても聞き疲れしないとは思いませんか?

ただボリュームを上げていくと低音域がボワボワして籠った音に感じたり、音がつぶれてボーカルとか各楽器が聞き取りにくくなるという現象が起こります。

この現象は純正スピーカーその物が原因ではなく、『ドアの響き方』が最大の原因なのです。

そこに気付かずに「やっぱり純正スピーカー音悪い」とスピーカーだけを交換してもこの現象は改善されません。
逆に交換するスピーカーの特性が高音域重視な音だと、余計に耳障りで聞き疲れする音になる場合も多々あります。

カーオーディオで心地よい音を聞くためには、まずは『ドアの響きを適正な響きに改善する事』が先決かつ重要です。

その重要な施工法が『スーパーデッドニング』です。


その重要な施工法である『スーパーデッドニング』が台数限定でお得な価格になっています!!
この機会をお見逃しなく!!

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!


DSC00204
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC00205DSC00206
アウターパネルを指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。

DSC00207DSC00208
制振材を小さくカットして響きを微調整していきます。

DSC00209DSC00210
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC00211DSC00212
アウターパネル側はこれで完成。
鉄板特有のビンビンという余計な響きを消しつつベース音の余韻が奏でるような響きにコントロールしています。


とこんな感じで着々と進行中です。
では後半戦行ってまいります!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



【お客様の声】年末にスーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工施工をさせて頂いたCX-3のオーナー様より、施工後のご感想メールを頂きました。

本日より2018年の営業スタートです!!
改めまして本年もよろしくお願いいたします。


スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!


さて、昨年末に『スーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工』をさせて頂いた神奈川県よりお越しのCX-3のオーナー様より、早速施工後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

施行内容の詳細は以下よりご覧ください。
では、ご感想メールです。

***************************************
原田様

まず、この度は年末の30,31日での施工を受諾いただきまして、誠にありがとうございました。
写真もダウンロードできました。

車を買った知り合いはみんなデッドニング施工しています。

こりゃ、私もやらないと、とネットで探していましたところ、
CX-3の施工ご経験が豊富だったことと音楽の好みが同じ?だったことから、
ロケーションを無視してお願いしました。

効果はとにかく「全然違う!」ほど実感できました。

施工前は、音量を上げるとバランスが崩れて音が潰れて、ただやかましいだけ。
施工後は、音量を上げても全域で大きくなって、音楽を鑑賞することができるようになりました。
BOSEも喜んでくれていることでしょう。

割れた内張クリップの新品交換含めDIYしなくて、本当に良かったと思います。
代車まで貸していただきありがとうございました。

来年は戌年です。
益々のご発展をお祈りしています。

***************************************

こちらこそ遠路遥々お越し頂きありがとうございました。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール