デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

◆ MITSUBISHI ◆

パジェロにスーパーデッドニング施工完成とウーファーボード製作。

スーパーデッドニングでお預りのパジェロが完成。

DSC08229
完成直後の写真です。

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!


ところで前オーナーの方が交換済みで中途半端に取り付けられていたスピーカーですが・・・

DSC08148DSC08149
大きめのワッシャーで引っ掛けてるだけのような取付がされていた。

DSC08165
純正スピーカーのグロメットに無理やり取付られていました。

DSC08193DSC08194
グロメットがあると微妙にスピーカーに干渉してがたつきが出るので外します。
スピーカーを少しずらして新たに取付穴位置を決めます。

DSC08195DSC08196
マーキングしました。

DSC08197DSC08198
新たな取付位置にナットリベットをかしめてボルトで固定できるように細工します。

DSC08199DSC08200
ナットリベットが入る大きさの穴を開け、錆止めのタッチアップペイントを施します。

DSC08202DSC08203
専用工具で確実にかしめます。
かしめ方が甘いとボルトを締めた時にナットリベットが一緒に回ってしまい固定が出来なくなってしまいます。

DSC08204DSC08205
これでスピーカーをボルトで確実に固定できるようになります。
脱着も容易になり一石二鳥ですね。

DSC08215DSC08216
しかし、そのままボルトで固定しただけではスピーカーの振動で緩んでくる可能性があるので、ロックタイトの緩み止めを添付してから固定します。
これは完全固定しないタイプなので外すことも可能です。

DSC08218
写真を撮り忘れましたが、スピーカー取付面とドアの鉄板との接地面にエプトシーラー吸音材を貼り付けて密着性を良くしています。


あとこのパジェロの助手席下にはケンウッドのチューンナップウーファーが設置されています。

DSC08237DSC08241
これも前オーナーの方が装着された状態のままです。
それなりにウーファーとして鳴っているのですが、よりウーファーとしてのクオリティーをアップするには専用の設置ボードを製作して取り付けた方がベストです。

と、ご提案したところお預りついでという事もあり、追加で専用ウーファーボード製作のご依頼もいただきました。
ありがとうございます。

実はウーファーボード製作はここ最近秘かにブームになっています(笑)
● こちらの製作事例をご参照ください。

※ 車種やウーファーの種類によってはサイズ的に製作できない場合もあります。
※ 現状ウーファーが設置されていてもボードが製作できるクリアランスがない場合もありますので、必ず製作可能かどうかを事前に現車確認する必要があります。


DSC08239DSC08242
まずは現状でのシート下や左右スペースのクリアランスチェックから。
後ろ側から見るとシート下までのクリアランスが少ないです。

DSC08243DSC08245
シート裏を見てみると後ろ側のでっぱり部分が邪魔な感じです。

DSC08248DSC08247
触って確認するとそんなに分厚く無い鉄板で特に何の支障もなさそうだったので叩いて加工しました。
これでかなりクリアランスが広くなり適度なボードの厚みが確保できるようになりました。

DSC08251DSC08255
あとはサイズ通りにボードをカットして製作していくのみです。

では続き行ってまいります!!

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



三菱パジェロにスーパーデッドニング施工です。

DSC08142DSC08143
本日はパジェロが入庫しています。
アライブから徒歩十数分にお住いの超ご近所様です。
また以前乗っていた「ISUZUビークロス」にもスーパーデッドニング施工をさせて頂いたリピーター様でもあります。

一度スーパーデッドニングのサウンドを体感したほとんどの方は、次に車を乗りかえた時はスーパーデッドニング施行必須となるようです(笑)

意外ですがパジェロに施工するのはお初なようです。

今回ももちろん「スーパーデッドニング・お年玉キャンペーン」でお申し込み頂きました。

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!


DSC08144
ナビは前オーナーの方が交換していたケンウッド製です。

DSC08145DSC08147
スピーカーも前オーナーの方が交換済みでした。

DSC08148
スピーカーもケンウッドです。

DSC08157DSC08165
純正スピーカーが留まっていたグロメットをそのまま使ってビス留めしてあるのですが、当然ケンウッドのスピーカーの取付穴位置には合いません。
ワッシャーを使って引っ掛けるような感じで取り付けられています。

ちょっとした衝撃で外れてしまいそうな状態ですね(汗)

スピーカーはこの状態でも音が鳴ります。
「特に何のこだわりもなくただスピーカーを交換するという目的」であれば全く問題ありません。

が、本来はそんな目的ではないはずです。
「良い音にするためにスピーカーを交換する」という真っ当な目的意識があればこの固定方法はありえないはずです。

しかし「一般的なスピーカー交換の取付方法」はこのような状態が非常に多いのが現状です(汗)

「純正スピーカーなんてダメダメ、良い音にするならこのスピーカーに交換しないと」とか言って売っといて蓋開ければこんな状態(汗)

純正スピーカーがこんな状態で取り付けられていますか?

そんなに純正スピーカーをバカにするのなら固定方法も純正以上の施工をしないと説得力ゼロです。
これでは純正以下の取付クオリティーです。
それに比例して音も純正以下のクオリティーになるのです。

スピーカー交換して良い音になったのではなく、ただ音が変わったというだけなのです。

カーオーディオの純正スピーカーを良い音で鳴らすことが出来ない人が、高価なスピーカーを良い音で鳴らすことができるはずがありません。



アライブの音創りのコンセプトとしてはこんな固定方法は絶対に許せないので、後で固定方法をどうするか検討します。

という事で後半戦行ってまいります!!

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



デリカD5の純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工。大阪府箕面市より

本日もスーパーデッドニングです(^O^)

DSC04785DSC04786
デリカD5

そして昨日に引き続き県外からのお客様。

DSC04790
大阪府箕面市よりお越し頂いております。
ありがとうございます。


DSC04787
アルパインのナビです。

DSC04791DSC04792
DSC04803DSC04793
スピーカーは純正です。

DSC04797DSC04798
三菱車のスピーカーはビス固定ではなく差し込んで右へ回して固定するタイプです。
かなりギュッと締まり込む感じでしっかりと固定されます。

ただスピーカー周りのクリアランスがあまりないのでスピーカー交換時はサイズに要注意です。

オーバーサイズのスピーカーに交換して固定方法が適当になってしまうくらいなら、ギュッと締まり込んでしっかりと固定される純正スピーカーの方がまともな音が鳴ります。

市販されているカーオーディオのスピーカーはただの部品として売っているだけであって完成された本来のスピーカーではありません。
物(スピーカー)の良し悪しも重要ですが、それ以前に固定方法等の施工法がもっともっと重要なのです。


DSC04807DSC04808
純正の防水ビニールを剥がします。
固定してあるブチルが伸びまくりでなかなか取れません(>_<)

DSC04809
まずヘラである程度取り除きます。

DSC04810
後はガムテープでひたすらペチャペチャと地道に取り除いていきます。
ここまで取れるとあとは溶剤で拭き取ります。

DSC04811DSC04812
ハイッ、綺麗になりました(^O^)

DSC04813DSC04815
ドア内部も丁寧に脱脂処理。
ここまで結構時間かかりました(汗)

という事で続き行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。