デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

◆ SUZUKI ◆

スイフトスポーツ、パワーアンプ用ヒューズボックス設置

DSC03536
現在進行中のスイフトスポーツ。

DSC03565
車室内からエンジンルーム内へ電源ケーブルを通し・・・

DSC03604
コルゲートチューブを巻いて通した穴の部分にコーキングを流し込み防水処理。

DSC03607
パワーアンプ用のメインヒューズボックスの設置場所を確認。
バッテリー交換等のメンテナンスを想定し、その時に邪魔にならないようなところに設置します。

また走行中に外れたりすると大事故にもつながりますので、安全面も考慮してステー等でしっかりと固定します。

DSC03608DSC03609
設置場所に合わせてステーを加工して取り付けアングルを製作。

DSC03611DSC03612
設置場所はココに決定。

DSC03614DSC03615
ボルトナットでガッチリと固定。
もちろん緩み止めも添付済みです。

DSC03616DSC03617
電源ケーブルを接続して完成。
メンテナンス性や安全性を重視するのは当然ですが、自分で言うのもなんですが見た目の美しさも重要です(笑)

お客さんが見た時に「おっ!!流石!!」と感じ、金額以上の感動をして頂く仕事をしてこそプロと言えるのです。


DSC03618
並行して内張りへ施工する「スーパーチューニング」

DSC03622
内張り裏全面に制振塗料「ダイポルギー」を塗り重ねていきます。

DSC03619DSC03620
ダイポルギーが密着するように内張り裏全面に足付けをします。
この地味な下地処理が非常に重要なのです。
住宅の基礎作りのようなものですね。

DSC03623DSC03624
水で薄めながら1回目を刷毛で塗り込みます。

DSC03626DSC03627
一晩乾かして2回目を厚めに塗り重ねます。
天気が良かったので天日干し。

DSC03629
制振材の成分がギラギラしてます(笑)

てな感じで着々と進行中です!!



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



スイフトスポーツ、各ケーブル類ワイヤリング

只今お預り中のスイフトスポーツさん。

DSC03552
シート、内装パネル類を取っ払ってリアラゲッジまで電源ケーブル、スピーカーケーブル、RCAケーブル等の各ケーブル類のワイヤリング作業から。

DSC03561DSC03560
電源ケーブルをプラス・マイナス共室内からエンジンルームへ通すのですが、ケーブルを通せる純正穴が車体センター位置辺りにあって非常にやり難い(汗)

DSC03562DSC03563
パワーアンプ用4G電源ケーブル2本とヘッドユニット用電源ケーブル2本を通します。
室内側の穴はダッシュボード真ん中奥辺りで手が入りませんし見えません(汗)
めちゃめちゃやり難いです(汗)

DSC03565
でも気合いで通しました!!(笑)

DSC03566DSC03568
既にコルゲートチューブを巻いていますが室内側はこんな感じ。

DSC03572DSC03570
カーペットをめくってリアラゲッジまで引廻していきます。

DSC03574DSC03577
続いてスピーカーケーブル、RCAケーブルのワイヤリング。

DSC03578DSC03580
出来上がり〜(笑)



とこんな感じで少々苦労しながら進行中です!!(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



スイフトスポーツ DLS UPi6・DEH-P01・APA4200G

今週からスイフトスポーツが入庫です。

DSC03536DSC03537

こちらのオーナー様は約1年半ほど前に、純正スピーカーに『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』をさせて頂いたリピーター様です。

◆ その時の施工詳細はこちらをご参照ください。

今回は純正スピーカーから一気にステップアップのご依頼です!!

DSC03538DSC03543
ヘッドユニットをDENON DCT-R1からカロッツェリアのDEH-P01に変更。

DSC03545
フロントスピーカーをDLS UPi6へ。

DSC03547DSC03546
もちろんアライブ独自の施工法『スーパーインナーバッフル』を製作して取り付けます。
ツィーターはAピラーへ埋込加工。
内張りへのチューニングメニュー『スーパーチューニング』も行います。

DSC03544
パワーアンプはお手持ちのアゼスト『APA4200G』を装着。
こちらも古き良き時代の懐かしの一品です!!

しばらくの間お預りしてじっくりと煮詰めていきます!!



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。