デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

124 spider

本日は豪雨のため閉店ガラガラです、が・・・



雨が吹き込んでくるのでシャッターは閉めてます。
が、アバルト124スパイダーさんの施工は着々と進行しております!!

細かくアップしている時間はないので現時点の施工状況をサラッとご紹介(笑)

DSC04278DSC04289
スピーカーケーブルワイヤリング。

DSC04295
ドアカプラー部分はメンテナンス性を重視して問題なく外れるように細工します。

DSC04296DSC04302
純正のナビ&パワーアンプユニット。

DSC04305DSC04307
パッシブネットワークは運転席後方へ。
シートとのクリアランスがかなりきわどいですが他にベストな設置場所がありません。


そしてスーパーインナーバッフル製作工程。

DSC04309
まずは純正スピーカーを取り付けて内張り内のクリアランスを調査。
この状態では知りたい部分がわからないので・・・

DSC04311DSC04310
内張りを一旦分解(笑)
(もちろん分解できるところで分解していますのでちゃんと元に戻ります)

DSC04312
よく見えます(笑)

DSC04313DSC04317
ここが一番知りたかったところ。
パワーウインドウスイッチと純正スピーカーとのクリアランス!!

モヤモヤが晴れたところでスーパーインナーバッフルの形状を決めていきます。

DSC04319DSC04320
バッフルボードとしての効果を出すために、内張りに干渉しない範囲内でバッフル面を最大限確保した形状で制作します。

DSC04323DSC04324
同時にドアのインナーパネルにボルトで確実に固定するための新たな固定穴の位置決めもします。

DSC04322DSC04325
合体!!

DSC04327
スピーカーの響きが満遍なくドアへ伝わっていくようにバッフルの角をアール状に削ります。

DSC04330DSC04332
スピーカー裏側です。
バッフルの角が立っているとスピーカー裏から出る背圧がスムーズに抜けず細かいニュアンスの音が欠落してしまい、良いスピーカーのクオリティーが台無しになってしまいます。

DSC04333DSC04334
ラッパ状にアール加工を施します。

DSC04340
ただ単にインナーバッフルを作って取り付けるだけでは本来のスピーカーのクオリティーを発揮する事が出来ず良い音にはなりません。
こういった意味のある細かな部分の施工の積み重ねが結果につながってくるのです。

またこのような施工を施すことによって本来出るべき音が出るようになるので、調整機能がないマツコネ等の純正デッキでもスピーカー本来のクオリティーのサウンドを体感できるようになります。

逆に言えばDSP等の調整機能もまず確実な施工法を施すことによって最大限活かす事が出来るのです。

調整ありきで施工をしても本来のサウンドが出るはずがありませんしせっかくの高価なスピーカーが宝の持ち腐れとなってしまいます。

要はカーオーディオは施工すべき重要なポイントを順を追って意味のある施工をしなければ効果が発揮できず、その結果が全て音に現れるという事です。


DSC04346DSC04348

なんだかんだと事細かく紹介してしまいました(笑)

という事で続き行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



ABARTH 124 spider / スピーカーケーブルワイヤリングその他諸々

現在進行中のアバルト124スパイダー。

まずはスーパーデッドニング工程から。

DSC04213DSC04226
ドア内部を脱脂処理。

DSC04237DSC04239
アウターパネル裏を指先で叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。
制振材を貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC04240DSC04241
鉄板の余計な響きを消しつつベース音の余韻を奏でるように響きをコントロールしていきます。


DSC04225DSC04250
並行してスーパーチューニングの施工を行います。

DSC04235DSC04236
内張り裏全面に制振塗料『ダイポルギー』を塗り込むために特殊なペーパーで足付けをして密着性を高めます。

DSC04245DSC04251
ダイポルギーを水である程度薄めて刷毛で塗り込んでいきます。

DSC04252DSC04253
1回塗ってある程度乾燥させた後に2回目を厚めに塗っていきます。

乾燥させている間にスピーカーケーブル交換のために内装をバラしていきます。

DSC04255DSC04259
シートを外しセンターコンソルも外します。

DSC04262DSC04263
運転席側、助手席側のパネルも外します。

スピーカーケーブルの経路を調べていくにつれて外していくパネルが増えていき、想定以上に大掛かりな作業となってきました(汗)

DSC04269
外装はミイラ状態となっています(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



ABARTH 124 spider / DLS RCS6.2

本日はお初のかっちょ良いお車が入庫です。

DSC04167DSC04168
ABARTH 124 spider

DSC04176DSC04173
かっちょいいですねぇ〜

DSC04180DSC04181
至る所に「ABARTH」

DSC04171
ナビのオープニング画面もアバルト仕様です。

DSC04174
マフラーは柿本(改)!!


DSC04175
姫路市よりお越し頂きました。

こちらのオーナー様は今年の5月にランクルに『スーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工』をさせて頂いた方で、スーパ―デッドニング効果を十分体感していただき早速もう1台所有のこちらのお車にも施工のご依頼です。

今回はスーパーデッドニングのみの施工ではなく、スピーカー交換とアライブスーパー施工フルメニューでのご依頼です!!

ありがとうございます。

DSC04182DSC04178
ロードスターとは内張りの形状が違いますね。

DSC04210DSC04211
ドア内部のインナーパネルの形状はロードスターと同じです。

DSC02687DSC02688
スピーカーはDLS RCS6.2です。

約10日間のお預りです。
さてどんな感じに仕上がるか、乞うご期待!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。