デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

EVERY Wagon

EVERY WAGON / DLS RCS6.2&スーパーインナーバッフル製作

本日は今週初めよりお預りのこちらのお車です。

DSC02682DSC02683
EVERY Wagon

こちらのオーナー様は2016年1月にスーパーデッドニング施工、その約2週間後にスーパーチューニングの施工をさせて頂いたリピーター様です。

今回はさらなるステップアップとして、スピーカー交換&スーパーインナーバッフルの製作のご依頼です。

チョイスさせて頂いたスピーカーがこれ。

DSC02687DSC02688
毎度おなじみのDLS RCS6.2です。

このEVERYのドアは非常に薄くガラスまでのクリアランスがあまりありません。
また逆に内張り側までのクリアランスも非常に限られます。

マグネットが大きい(奥行が深い)スピーカーは内側はガラス、外側は内張りに干渉してしまい物理的に取付できません。

必然的にマグネットが小さい(奥行が浅い)このRCS6.2となります。


DSC02684
エクリプスナビです。

DSC02685DSC02689
前回施工させて頂いたスーパーデッドニング。

DSC02692
こちらはスーパーチューニング。

DSC02696DSC02697
左が純正スピーカー、右がRCS6.2。
スーパーインナーバッフル製作は純正スピーカーの取付位置を基準に製作していきます。

DSC02694
またバッフルの厚みも純正スピーカーを基準に内張り側の形状を見ながら決めていきます。
このように内張り側のクリアランスが非常に厳しい状態ですね(汗)

内張りがインナーバッフルに干渉しない事を前提とした、スピーカーユニットのクオリティーが発揮できる最適なインナーバッフルを製作します。


DSC02698DSC02699
まずはバッフル取付に邪魔になる制振材を剥がします。
スピーカー取付後に改めてデッドニングの修正を行います。

DSC02700
純正スピーカー位置をマーキング。

DSC02701DSC02703
内張り側に純正スピーカーをドアに装着されていることを想定してあてがい、内張り内のクリアランスをチェックします。

DSC02704
ドア内張り前方のクリアランスはかなり厳しい状況です(汗)

DSC02705
純正スピーカー位置を基準にバッフルボードの形状をデッサンします。
スピーカーのクオリティーを活かす事が出来る最適なバッフルボードは適度な厚み(強度)とバッフル面の広さです。

特にバッフル面の広さ(面積)は重要です。
バッフルの厚みが厚すぎる(無駄にバッフルを積層しまくる)とトンネル状になり音がこもってしまいます。
強度も無意味に堅ければいい訳ではなく、適度な硬さでバッフル自体が共鳴せずにドア側へ確実にスピーカーの響きを伝えられること(ドアに確実に固定されていること)が重要です。

ただし、あくまでも『アライブサウンドを作り出すうえでの最適なバッフルボードは』という話ですので、また違った音の感性だと当然バッフルボードに対する考え方も変わってきます。


良い音に正解なんてありませんし施工法も色々です・・・が、
『施工する本人に明確な音のビジョンがあり、それに応じたブレの無い一貫した施工が出来るか』
が重要です。

明確な音のビジョンを持っていないと的確な施工法が見出せるわけがないですね。


DSC02708DSC02807

とこんな感じで着々と進行中です。
ちなみにツィーターはAピラーに埋込加工を施して取り付けます。

約1週間のお預りです。

では続き行ってまいります!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



エブリィワゴンにスーパーデッドニング施工

DSC01574DSC01575
本日は納車ホヤホヤのエブリイワゴンが入庫しております。

定番メニューのスーパーデッドニングの施工です。


DSC01579
パナソニックのナビです。

DSC01581DSC01580
DSC01591DSC01582
以前施工したエブリイワゴンと同型式なのですがドア内部の形状が変わっていました。

DSC01583
スピーカーはカロッツェリアに交換済みです。

DSC01584DSC01586
最近の軽自動車は内貼りの肘が当たる部分がドア内部側に入り込んでいます。

DSC01588DSC01587
窓ガラスとのクリアランスギリギリのところまで入り込んでいます。
この部分のサービスホールを通常通りに塞いでしまうと内張りが取付できません。
かと言って入り込む分を凹ましてサービスホールを塞いでしまうと窓ガラスまでのクリアランスがほとんどありませんので、サービスホールを塞ぐ制振材が窓ガラスに干渉してしまいます。

DSC01585
ですのでこの部分は純正のビニールを使用してサービスホールを塞ぎます。

DSC01593DSC01589

と、こんな感じで着々と進行しております!!

では後半戦行ってきます(^O^)




ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



2016年お初は、エブリィワゴンにスーパーデッドニング施工です。

本日より2016年アライブの営業開始でございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて2016年営業開始早々、新年一発目のお車が入庫しております。

DSC04615DSC04616
スズキ エブリィワゴンです。

エブリィワゴンはブログカテゴリーにもないのでてっきりお初の施工だと思っていたのですが、HDDの中には施工の画像が保存されていました(汗)

IMG_1783IMG_1785
外観を弄ってあるしルーフの形状が違うので年式とグレードは違うのだと思いますが、ドア内張りと内部の構造が全く同じだったので施工実績としてはありでした。

IMG_1784
2013年に千葉県よりお越し頂いておりました。
ブログには全くアップしてなかったようです(汗)
また時間が出来たら詳細アップします。

DSC04628
本日のオーナー様は神戸市東灘区よりお越し頂いております。
千葉県から比べると兵庫県内なのでめちゃ近いと感じますが、冷静に考えると東灘区も結構遠方ですね。
ありがとうございます。


DSC04617
イクリプスのナビです。

DSC04618
なんとセンタースピーカーがあります。
千葉県のエブリィワゴンにセンタースピーカーがあったかどうかは記憶にございません(笑)

DSC04620DSC04619
DSC04626DSC04621
DSC04627DSC04622
スピーカーは全て純正です。

DSC04632DSC04637
DSC04629DSC04630

では続き行ってきます!!

あっ!!
今年も下のたいぞうの画像を1日1回ポチッとして頂き、ブログランキングにご協力お願い致しますm(_ _)m




- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。