デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

F30

BMW F30 ActiveHybrid 3 | JBL BMWF30専用トレードインスピーカー取付。姫路市より

本日は昨夜からお預かりのこのお車。

DSC01940DSC01941
DSC01942
BMW F30 ActiveHybrid 3

DSC01943
姫路市よりお越し頂きました。

DSC01944DSC01957
かっちょいいですね!!


施行内容はJBLの『BMW F30専用トレードインスピーカー』への交換です。

DSC01959DSC01960
DSC01961DSC01962
DSC01963
フロントスピーカーのセットです。

DSC01958DSC01965
DSC01966
リアスピーカーセット

DSC01967DSC01968
センタースピーカー

以上フルセットで交換します。

もちろんただ単に交換するだけではこれらのスピーカーユニットのクオリティーを100%活かせませんので、各スピーカー取り付け箇所にアライブ独自のF30専用チューニングを施して取り付けていきます。



まずは一番重要でこれらのスピーカーシステムの核となる、シート下のミッドバススピーカーのチューニングと交換から。

DSC01961

DSC01970DSC01972
DSC01974DSC01975
左右フロントシート下のフロアー内にミッドバススピーカーユニットが装着されています。

DSC01976
カバーを外すと純正スピーカーが。

DSC01977DSC01980
更にカーペットをめくると純正スピーカーの全貌が見えます。
純正スピーカーは専用スピーカーBOXに装着されています。

DSC01986DSC01988
専用スピーカーBOXごと外します。

DSC01987
BOXサイドにはこのような穴が開いていてボディーサイドに音が抜けていくようになっています。

DSC01981DSC01983
DSC01984
ここからボディーのステップ内へ音が抜けていきます。
ボディーステップ自体をスピーカーBOXとして利用しています。

この部分とスピーカーが装着されている専用BOXにアライブ独自のチューニングを施していきます。


DSC01994DSC01995
DSC01996DSC01997
まず純正スピーカーを専用BOXから外します。

DSC02002DSC01998
DSC01999DSC02000
専用BOX全面に制振塗料ダイポルギーを塗って余計な共鳴を防ぎます。
塗る前に密着性を高めるために特殊なペーパーで傷をつけます。

DSC02001
右が傷をつけた状態です。

DSC02003DSC02004
DSC02005
刷毛で何回かに分けて塗り重ねていきます。

DSC02009DSC02010
DSC02011DSC02012
しっかりと乾燥させます。


DSC02006DSC02007
専用BOXが装着されるフロアー部分には制振材を貼って共鳴を防ぎます。


と、こんな感じで数日間お預かりしてじっくりと煮詰めていきます。

時間があればまた途中経過ご報告します。

では本日もブログランキングにご協力お願い致しますm(_ _)m





BMW F31に、専用JBLトレードインスピーカー交換&サウンドチューニング。

DSC00831DSC00832
本日はかっちょいいBMW F31が入庫です。

F30専用JBLトレードインスピーカーの交換と、この車に応じたアライブサウンドチューニングの施行です。
一泊二日のお預かりです。

専用スピーカーセットがこちら・・・

DSC00839DSC00840
DSC00841DSC00842
JBLのユニットを使用た3ウェイ構成のセットで、F30に取り付けするための専用キットが付属しています。

BMW専用トレードインスピーカーシステム(BM3F30FSP)

DSC00833
ヘッドユニットはもちろん純正です。

DSC00834
標準の純正はドアにスコーカーのみでツィーターは付いていません。

DSC00836
そしてシート下のフロア内部にミッドバスが専用BOXと共に埋め込まれています。

DSC00846DSC00847
DSC00851DSC00852
DSC00853DSC00854
DSC00855DSC00856
DSC00858DSC00859
左右のシート下フロアー内部からミッドバススピーカーを専用BOXごと取り出します。
専用BOXのサイドに穴が開いていて、ミッドバスの背圧の音がボディーのサイドシル側へ抜けていくような構造になっています。

サイドシルもエンクロージャーとして利用しているようですね。

この辺りも含めてサウンドチューニングを施していき、交換するJBLのスピーカーをより活かすサウンドに仕上げていきます。

では続き頑張ってきます!!


- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール