gf1.gaikan

 

 

 

 

今回も「オープン」の車!

ゴルフ気任后

コペンとは違って、”古い”です。  ・・・ゴメン(笑)。

システムは、これまた定番のzhangyi-styleさんコペンと一緒です。

このシステムは、コストパフォーマンスと車の実用性を重視しています。

ラゲッジスペースの少ない車にはもってこいですね。

 

で、今回はちょっとしたハプニングが・・・。

お客さんが車を持って来た時、

 「これ見て〜、カーペットがビチャビチャに濡れてるねん。何でやろ?」

見ると、ビチャビチャどころか水溜まってるやん!

gf1.yuka1

gf1.yuka2

 

 

 

 

屋根が”ホロ”やから雨漏りかと思ってたんやけど、そんな気配も無く・・・、

かといって、このまま知らん顔するわけにもいかないんでオーディオ作業の前に

まずはこれから。

gf1.gaikan2

gf1.yuka3

 

 

 

 

シートやら、カーペットやらすべて取っ払って天気干です。

予想外の展開で作業日程が大幅に遅れ、この影響で静岡コペンが

危うく間に合わなくなるところでした(汗)。

 

で、本題のオーディオは・・・

gf1.door1

gf1.door2

 

 

 

 

純正が小口径の楕円スピーカーで、しかも内張りが昔のこんなタイプ。

必然的に「アウターバッフル」になります。

この手の内張りは簡単そうで、意外と厄介なんです。

ドアと内張りの隙間が全く無いので、インナーバッフルが内張りよりも出っ張ります。

gf1.door3

gf1.door4

 

 

 

 

gf1.door5

 

 

 

 

簡単にしようと思えば、内張りにアウターバッフルを引っ付けて

そのまま内張りをはめれば終了〜。。。

何やけど、それじゃぁ良い音するわけない!

見た目はわからないけど”見る為”にスピーカー付けてるんじゃないからねぇ・・・。

”音を聞くため”にスピーカー付けてるんやから。

アライブの「スーパーインナーバッフル」はその為に”スーパー”が付いてるんやから。

gf1.door8

gf1.door7

 

 

 

 

このスーパーインナーバッフルの固定が、”音の飛び”に影響してくるんです。

ドアに内側からボルトでがっちりと固定しています。

しかも半端な数じゃないよ!

gf1.door6

gf1.baffuru

 

 

 

 

gf1.outer3

gf1.outer2

 

 

 

 

そのがっちりと固定された「スーパーインナーバッフル」に、

内張りを挟み込んだ状態で、「スーパーアウターバッフル」が、

これまたかなりの数のボルトで固定されます。

gf1.outer1

 

 

 

 

さらに、毎度のことながらスピーカーもボルトでがっちり固定。

総本数、約80本!

これだけ止めれば怖いものなしです(笑)。←意味不明・・・

gf1.outer4

gf1.kansei1

 

 

 

 

このAODEA、ASS-2716Cは元々グリルネットが無いので、

アウターバッフルの場合はこのようなグリルを製作します。

gf1.kansei2

 

 

 

 

これで完成!

やっぱりアウターにすると、バッフル面を大きく取れるんで音の芯が太くなるし

音飛びも全く別物になるから、最高です!

 

当然、この車も”オープン”でも最高のサウンドを奏でていました。

写真は無いですが、当然「スーパーチューニング」もやってます。

 

「スーパー3点セット」は”オープンカー”にはもってこいです。

 

「自分の車はオープンやから音が逃げちゃう」って諦めてませんか?

ドアをちゃんとするとそんなの関係ないですよ。