本日は昨夜からお預かりのこのお車。

DSC01940DSC01941
DSC01942
BMW F30 ActiveHybrid 3

DSC01943
姫路市よりお越し頂きました。

DSC01944DSC01957
かっちょいいですね!!


施行内容はJBLの『BMW F30専用トレードインスピーカー』への交換です。

DSC01959DSC01960
DSC01961DSC01962
DSC01963
フロントスピーカーのセットです。

DSC01958DSC01965
DSC01966
リアスピーカーセット

DSC01967DSC01968
センタースピーカー

以上フルセットで交換します。

もちろんただ単に交換するだけではこれらのスピーカーユニットのクオリティーを100%活かせませんので、各スピーカー取り付け箇所にアライブ独自のF30専用チューニングを施して取り付けていきます。



まずは一番重要でこれらのスピーカーシステムの核となる、シート下のミッドバススピーカーのチューニングと交換から。

DSC01961

DSC01970DSC01972
DSC01974DSC01975
左右フロントシート下のフロアー内にミッドバススピーカーユニットが装着されています。

DSC01976
カバーを外すと純正スピーカーが。

DSC01977DSC01980
更にカーペットをめくると純正スピーカーの全貌が見えます。
純正スピーカーは専用スピーカーBOXに装着されています。

DSC01986DSC01988
専用スピーカーBOXごと外します。

DSC01987
BOXサイドにはこのような穴が開いていてボディーサイドに音が抜けていくようになっています。

DSC01981DSC01983
DSC01984
ここからボディーのステップ内へ音が抜けていきます。
ボディーステップ自体をスピーカーBOXとして利用しています。

この部分とスピーカーが装着されている専用BOXにアライブ独自のチューニングを施していきます。


DSC01994DSC01995
DSC01996DSC01997
まず純正スピーカーを専用BOXから外します。

DSC02002DSC01998
DSC01999DSC02000
専用BOX全面に制振塗料ダイポルギーを塗って余計な共鳴を防ぎます。
塗る前に密着性を高めるために特殊なペーパーで傷をつけます。

DSC02001
右が傷をつけた状態です。

DSC02003DSC02004
DSC02005
刷毛で何回かに分けて塗り重ねていきます。

DSC02009DSC02010
DSC02011DSC02012
しっかりと乾燥させます。


DSC02006DSC02007
専用BOXが装着されるフロアー部分には制振材を貼って共鳴を防ぎます。


と、こんな感じで数日間お預かりしてじっくりと煮詰めていきます。

時間があればまた途中経過ご報告します。

では本日もブログランキングにご協力お願い致しますm(_ _)m





◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。