デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

LEAF

お客様の声 | 日産リーフのオーナー様よりスーパーデッドニング施工後のご感想メールをいただきました。

先日、広島県より『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』でお越しの日産リーフのオーナー様より、施工後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

DSC05234DSC05235


ご紹介の前に施工詳細のご紹介。

DSC05236
純正ナビです。


DSC05239DSC05238
DSC05240DSC05241
施工内容はアライブ定番メニューの『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。
特に遠方からお越しの方は何度も足を運ぶことが困難ですので同時施工率が高いですね。


DSC05245DSC05242
DSC05246DSC05243
DSC05247DSC05249
DSC05248DSC05250
スピーカーはフロント、リア共に純正です。

純正スピーカーでもドアの響かせ方次第で聴き疲れしない心地よいサウンドになります。
その施工法が『スーパーデッドニング』です。

施工前は『ほんとに純正スピーカーでスーパーデッドニングの施工だけで良い音になるのかなぁ。。。???』と、皆さん半信半疑です(笑)

ごもっともなご意見ですね!!

一般的には「カーオーディオの音を良くするためにはまずスピーカー交換、純正スピーカーなんてだめだ!!」というセオリーですからね。
このセオリーは間違ってはいないのですが、『音を悪くしている原因が純正スピーカー』と決めつけている点に問題があります。


純正スピーカー自体が音を悪くしているのではなく、ドアの響きが純正スピーカーの音を悪くしているのです。

だからドアの響かせ方次第で心地よいサウンドになるのです。

でも裏を返せば響かせ方次第で更に音が悪くもなります。

誰にでも出来て簡単な作業だと軽視されがちな『デッドニング』ですが、実はめちゃめちゃ奥が深く難しい施工法なのです。
訳も解らず、何の拘りもなく、ただただセオリー通りに制振材を貼り付けるだけのデッドニングなら誰にも出来ますけどね(笑)




DSC05263DSC05260
DSC05264DSC05261
DSC05265DSC05262
フロントドア、ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC05266DSC05270
DSC05267DSC05271
DSC05268DSC05272
DSC05269DSC05273
リアドアも同様にドア内部を丁寧に脱脂処理します。


DSC05274DSC05275
純正スピーカーです。
フロント、リア共に全く同じフルレンジタイプのスピーカーユニットです。

見た目は安物ですが、
  • 『ナビの内臓アンプとの抜群のシステムバランス』、
  • 『専用に設計された土台が一体化されドア自体にボルトで確実に固定されている』
という良い音が鳴るために最低限重要な条件がそろっています。


カーオーディオの音を良くしようとスピーカー交換をするときに、スピーカーユニット重視で予算の許す限り良い物(高価な物)をついつい購入してしまいます。

スピーカーを駆動しているのはパワーアンプです。

ナビ本体に内蔵されている内臓アンプで駆動することが前提であれば、内臓アンプでも十分に駆動できる(クオリティーを発揮できる)スピーカーユニットを選択する事が必須です。

極端に高価なスピーカーユニットを選んでしまうと取り敢えず内臓アンプでも音は鳴りますが本来のクオリティーは発揮できません。
その高価なスピーカーユニットに見合ったパワーアンプで駆動しなければ逆効果になることもあります。
純正スピーカーより音が悪くなるってこともあります。

トータル的なシステムバランスを考慮してスピーカーユニットを選ばなければいけません。


さらにスピーカーを交換する際にはドアに固定する固定方法も重要となってきます。
一般的には市販のインナーバッフルボードを使用して取り付けますが、その固定方法が適当だとせっかくのスピーカーユニットのクオリティーが半減してしまいます。

スピーカーって適当に取りつけても、システムバランスが崩れていても、プラスとマイナスを逆に繋いでも、音が鳴るのです。
だから余計にシステムバランスが重要だとか、固定方法が重要だとか、理解しにくいですね(汗)


しかし純正スピーカーの状態で(スピーカー交換せずに)スーパーデッドニングのみの施工の場合は、純粋に施工方法だけで音質を改善するので『施工方法の重要性』がご理解いただけます。

スピーカーにとって一番重要な箱(ドア)の響きの基礎作りで本来の純正スピーカーの音のクオリティーを確認してから次のステップのスピーカー交換に進んでも遅くないと思います。

もしかすると、
  • 『純正スピーカーってこんな良い音するんや!!』
  • 『スピーカー交換せんでもええわ』
となるかもしれませんしね(笑)

逆に、
  • 『純正スピーカーでこんなに音が良くなるならスピーカーを交換したらいったいどんな音になるんだ!!』
と次なる欲望が湧き出るかもしれませんが(笑)




話を戻しまして。。。(笑)


まずはアウターパネルの響きを、ベース音の余韻が奏でるように制振材を利用してコントロールしていきます。

DSC05278DSC05279
DSC05284DSC05283
ドア内部からアウターパネルを指先で叩き、指先に伝わる響きの感覚を頼りに貼り付けるポイントを探っていきます。
貼り付けた後はしっかりと押さえ付けます。

DSC05277
あえて適当にカットした短冊状の制振材をこのケースの中から選んで貼ります。


DSC05295
オーディオテクニカのアクワイエ吸音材をスピーカーの背圧が当たる部分に貼り付けます。
この吸音材の効果でスピーカー裏から出た音がドアの鉄板に反射して元の音に悪影響を及ぼすのを防ぎます。

DSC05296DSC05299
DSC05303DSC05299
貼り付ける部分にボンドを塗って粘着を強化しておきます。

DSC05310DSC05311
DSC05312DSC05313


次はサービスホールを塞ぎます。

DSC05306DSC05307
ゴム質の制振材をサービスホールの穴の大きさにカットします。

DSC05304DSC05297
DSC05302DSC05300
DSC05298DSC05301
サービスホールの淵にもボンドを塗っておきます。

DSC05319DSC05314
DSC05318DSC05316
DSC05315DSC05317
ヒートガンで温めながら太鼓の皮をピンッと引っ張って貼るような感じでしっかりと貼り付けていきます。

これで密閉されたスピーカーボックス状になりました。

スピーカーを取り付け、ここから実際に音楽をかけてスピーカーの音を鳴らします。

音が鳴るとスピーカーの振動がドアのインナーパネルへと伝わっていきます。
そのインナーパネルの響きを音楽全体のバランスを整えるような感じで制振材を利用してコントロールしていきます。

DSC05320
手の甲(指の裏側)でインナーパネルに触れて響きを感じ取り、制振材を貼り付けるポイントを探ります。
スピーカーの直ぐ傍が一番響きが強いので、まずはここからスタートします。

DSC05321DSC05322
適当な大きさの制振材を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC05323DSC05324
ヘラでしっかり押さえ付けます。

押さえ付けるというより叩き潰すような感じで押さえます。
その時にコンコン、コンコンと叩く音がするのですが制振材を貼るにつれてその音が変化していきます。
その叩く音の変化も響きのコントロールの目安としています。

DSC05325DSC05326
一枚貼ってまた次のポイントを探り貼って押さえ付け・・・

これを繰り返していきます。

DSC05327
これで完成です。

DSC05328DSC05329
まずは大きな制振材を大まかに貼っていき、その後制振材をさらにカットして細かな響きの微調整をしていきます。

これによりドアの余計な響きの影響で埋もれていた音や、逆に出過ぎていた音のバランスが整い、ヴォーカルや各パートそれぞれの音が音量の大小にかかわらずはっきりと心地よく聴こえるようになります。

さらに初めの工程で行った外板パネルのベース音の心地よい余韻とが重なり合い、音楽全体のバランスが整います。

『純正スピーカーはとにかく安物だから音が悪い』という固定観念が払拭されます(笑)


DSC05332
DSC05335DSC05339
その他のドアも同じ要領で施行していきます。

たまに、『左右のドアに貼るポイントは対照的な位置に貼るのですか?』と聞かれるのですが答えは『ノー』です。

制振材を貼る位置を重視して施行しているのではなく、『いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド』になるようにドアの響きを重視して施工しています。


アライブサウンドという明確なゴールの音があり、そのゴールの音になるようにその都度ドアの響きをコントロールしているのです。
制振材を貼っている位置はアライブサウンドというゴールに到達した結果の貼り位置です。

なので貼り位置は左右対称ではないですし、全く同じ車でも貼り位置は全然違います。

でも、出来上がったサウンドは全て同じ、『いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド、アライブサウンド』になります。

貼る位置を重視したデッドニングだと出来上がる音は毎回違う結果論の音になりますよね。

『音は変わったけど良いのか悪いのかこんな音出来ました〜』って感じで(笑)



最後にフェダー調整(前後バランス)で、どこに座ってもバランスの良い音になるように調整して完成です。

DSC05342DSC05343
その他の調整機能は一切使用しません。
スーパーデッドニング効果(ドアの響かせ方)で調整しなくても良いようになるからです。


長くなりましたが最後にオーナー様から頂いたご感想メールをご紹介いたします。


***************************************
alive 原田様、こんにちは。

先日はリーフのスーパーデットニング&スーパーリアデットニング、本当にありがとうございました。
原田様の熱意のこもった丁寧な施工のおかげで広島への帰路も心地よい音楽に包まれて最高のドライブでした。

今年の春に日産リーフを購入し、静かな車内での音楽を聴きながらのドライブがわたしの一番のストレス解消法でした。
 
せっかく電気自動車で車内が静かなのだから、もっといい音で音楽が聴けたらと思いスピーカーをハイグレードなものにしようといろいろ検討していたところ、「デットニング」を知り、いろいろ調べてたらalive sound factoryの「スーパーデッドニング」にたどり着きました。

私は音楽は好きでも音のしくみとかにはまったくの素人なので実際に見ても聴いてもない「スーパーデッドニング」に最初は半信半疑でした。
 
性格も慎重派(自称)なので、どうして広島から兵庫県の明石まで「スーパーデットニング」の施工をお願いしに伺ったのか自分でも不思議に思ってます。
たぶんネットで拝見した原田様の音楽に対するこだわりの姿勢や丁寧な施工事例の紹介、そしてメールでの親切なご対応が嬉しかったからだと思います。

私は音楽についてはど素人なのでただ体で感じる音楽に自己満足できれば十分なのですが、妻は学生の頃からブラスバンドをやったりして結構と言うか、かなり音にはうるさいのですが、
そんな妻が「スーパーデットニング」後の音楽を聴くやいなや、「いままでと音が全然違う??」とマジ顔でびっくりしてました。

「音がいい感じで重たくなってる」とか「ボーカルの声がすーっと入ってくる」とか絶賛し、「なにをしてもらったの?」と質問してきたのでalive sound  factoryのブログを見てもらいました。

ということで、今回の久々の夫婦旅行は原田様のお陰で大成功となりました。
これからも夫婦仲良く『S.D.D』(スーパーデッドニングドライブ)を楽しみたいと思います。

この度は本当にお世話になり、ありがとうございました。
たいぞう様にもよろしくお伝えください。
***************************************

こちらこそ遠いところお越し頂きありがとうございました。

皆様も夫婦円満にスーパーデッドニングを是非!!(笑)


日産LEAFの純正スピーカーに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。広島県より

本日は久々のお車です。

DSC05234DSC05235
日産リーフです。

DSC05237
広島県広島市よりお越し頂きました。
ありがとうございます。



施工内容は『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。


DSC05236
純正ナビです。

DSC05239DSC05238
DSC05245DSC05242
DSC05246DSC05243
フロントスピーカー、純正です。

DSC05240DSC05241
DSC05247DSC05249
DSC05248DSC05250
リアスピーカーも純正です。

DSC05274DSC05275
左がリアスピーカー、右がフロントスピーカーですがどちらも同じ物です。


DSC05263DSC05260
DSC05264DSC05261
DSC05265DSC05262
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC05266DSC05270
DSC05269DSC05273
リアドアも同じ工程です。

まずはアウター(外板)パネルの響きを、制振材を利用してベース音の余韻が奏でるようにコントロールします。

DSC05277
あえて適当にカットした制振材の中から適当な大きさのものを選んでポイント部分に貼り付けていきます。

DSC05292DSC05278
DSC05293DSC05279
DSC05294DSC05281
フロントドアです。

DSC05289DSC05284
DSC05290DSC05285
DSC05291DSC05286
リアドアです。


DSC05295
スピーカーの背圧が当たる部分にアクワイエ吸音材を貼り付け反射音を消し去ります。

DSC05304DSC05297
DSC05305DSC05296
DSC05302DSC05300
DSC05303DSC05299
吸音材を貼り付ける部分とサービスホールの淵にボンドを塗って粘着を強化します。


取り敢えずこんな感じで進んでおります。

早くしないと間に合わない〜って感じなので続き行ってきます!!(笑)


日産LEAF、スーパーデッドニング施工後の感想。

DSC07260DSC07261
昨年の年末にスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工をさせて頂いたリーフのオーナー様より、施工後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

まずは施工内容のご紹介。

DSC07262
三重県よりお越し頂いておりました。

DSC07263DSC07267
純正ナビです。

DSC07264DSC07265
オーディオは純正BOSEシステムです。

DSC07268DSC07269
フロントドア内張りを外します。

DSC07274
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC07275DSC07276
純正BOSEスピーカーユニットです。

DSC07271DSC07272
リアドアの内張りを外します。

DSC07277
フロントドアと同様にドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC07278DSC07279
リアの純正BOSEスピーカーユニットです。
フロントとは口径は同じですが物は違いますね。

DSC07280DSC07281
DSC07282
スーパーデッドニングはドアの外板パネルの響きをコントロールしてベース音の心地よい余韻を奏でるように施工しています。

敢えて適当な大きさの短冊状にカットした制振材を、ポイント部分に貼り付けしっかりと押さえつけて響きを調整していきます。
貼り付けるポイントは指先で外板パネルを叩き、その指先に伝わる鉄板の響きを感じ取りながら探っていきます。
この感覚は何百台と施工してきた経験から掴みとった感覚です。

たまに『制振材を貼る場所はそれぞれの車によって決まってるのですか?』と聞かれる時がありますが、貼る場所はその都度違います。
別記事の同車種の写真を見比べて頂ければわかりますが、同じ車種でも制振材を貼っている位置は全く違います。

アライブサウンドという明確な『目指す音』があり、その音になるように鉄板の響きを調整しながら制振材を貼っていった結果、出来上がった貼り付け位置です。
そもそも制振材自体を適当な大きさに切っているので、貼る位置が同じでも貼る制振材の大きさが違うのですから貼る位置が決まっていても意味が無いですよね。

アライブ独自の各施工法は、アライブサウンドという『明確なゴールの音』を創り出すための施工法です。

ですので施工する車種やオーディオのシステムが違っても、施工後に出来上がる本質の音は全てアライブサウンド(何時までも聴いていたくなる心地よいサウンド)になるのです。

制振材や遮音・吸音材を車種に関係なく決まった貼り付け方をしてしまうと、その結果で出来る音になってしまうので結果的に音が良くなったり悪くなったりしてしまいます。
『スピーカー交換して、バッフルボード作って、デッドニングして、チューニングしたら良いのか悪いのかわからないけど結果こんな音が出来ました』ではカーオーディオ専門店とはいえませんね(汗)

例えばラーメン屋さんのお店によってそれぞれ拘りのスープの味があるように、カーオーディオの専門店としてサウンドを提供しているのですからそのお店独自の拘りのサウンドがあるべきですね。

ただ音は目に見えませんし、良い音に正解もないので『独自の施工法で拘りの音を提供しています』だけでは説得力ないですね(汗)
『独自の施工法や拘りの音は何を根拠にしているのか?』ということを語れないと本当のプロとは言えないと思って熱く語りましたので、下の『スーパーデッドニングって何?』をご覧ください(笑)

『スーパーデッドニング』って何?



では施工内容の続きを(笑)

DSC07283DSC07284
DSC07286
リアドアも同様に施工します。

DSC07287
DSC07289DSC07290
スピーカーの背圧が当たる部分に吸音材を貼り付け余計な反射音を消します。

DSC07291
ゴム質の制振材をサービスホールの穴に合わせてカットします。

DSC07292DSC07297
サービスホールの縁に粘着強化の為のボンドを塗りサービスホールを塞ぎます。

DSC07294
DSC07295DSC07298
リアドアも同様にサービスホールを塞ぎます。

DSC07297DSC07301
ここから実際に音楽をかけます。
スピーカーからドアのインナーパネルに伝わる振動を、制振材を利用して音楽全体のバランスを整えるような感じで調整していき完成です。

DSC07298DSC07303
続いてリアスピーカーで音楽を鳴らしフロントドアと同様に施工して完成です。

DSC07314
最後に最適な前後バランス位置に調整して全て完成です。


ではオーナー様からのご感想メールをご覧下さい。

-----------------------------------------------------------------
こんにちは。
長らくお返事が出来ず申し訳ありませんでした。

実は、神戸から帰って数日後にブレーキの不具合が発見されそれがリーフ独特、しかも例のないトラブルと言うことで、ブレーキのコンピューター?部分をごっそり取り替え、しかも年末だったため部品調達が出来ずなんと年越しは代車・・・だったんです(笑)

ようやく車がかえってきたのが先月中旬でした。

ようやく遠出してスピーカーの威力を満喫しているとこです。

音量を上げるだけで満足のいく音・・・むかしのCDも良く聞こえます。
まったく音量以外操作しなくてもよく、とても快適です。

嫁も音が気持よくなったねと申しております。
ただでかい音にするのが嫁とわたしでは意見が合わず、それ以外は非常に満足しております。

純正でしかもあのお値段でこれだけ満足できるのは原田様の仕事のすばらしさだと感動いたしました。

次回?車を更新することがあるかどうかわかりませんが、その機会には・・・(笑)

寒い季節が続きますが、お身体ご自愛ください。

ホントに丁寧な仕事ありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------

こちらこそありがとうございました。


- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール