デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

LEVORG

新型レヴォーグのスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工完成!!

先日からお預かりさせて頂いている新型レヴォーグさん。

DSC06018
『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』無事完成いたしました。

今日は後半戦からスタート!!

DSC06078
スピーカー裏の背圧が当たる部分に貼り付けるアクワイエ吸音材。

DSC06079DSC06080
貼り付ける面に剥がれ防止のための耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC06088DSC06089
こんな感じで貼り付けます。
これによりスピーカー裏から出る音の反射を防ぐことができます。
聴感上の効果としては低音域のぼやけた感じが無くなります。
それに伴いヴォーカル等の中音域の音抜けが良くなります。

続いてサービスホールを塞ぐためのカバーを、ゴム質の制振材を利用してサービスホールの形状に合わせて切り出します。

DSC06081
右側フロントドア用です。

DSC06082
右側リアドア用です。

DSC06092DSC06093
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC06094DSC06095
リアドアも同様に。

DSC06097DSC06096
ヒートガンで温めながら太鼓の革をピンッと張るような感じでしっかりと貼り付けていきます。
この時にサービスホールから出てくるケーブル類を上手くかわすように細工を施します。

DSC06099DSC06098
リアドアも同様に。

DSC06101DSC06100
もちろん左側も。

DSC06097
スピーカーを取り付けてエンジンをかけ、実際に音楽を鳴らします。

DSC06102
音楽を鳴らすとスピーカーの響きがドアのインナーパネルに伝わっていきます。
手の裏側で触れながら響きを感じ取り制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC06103
敢えて適当な大きさにカットした制振材の中から最適な物を選びポイント部分に貼り付けます。

DSC06104DSC06105
貼りつけた後、ヘラで叩き潰すような感じでしっかりと押さえ付けます。

DSC06106DSC06107
次のポイントを探り貼りつけて押さえます。
この動作を繰り返してインナーパネルの響きを整えていきます。
響きを整えることにより埋もれていた音が蘇えり、逆に出過ぎていた耳障りな音が消えて全帯域の音が聴きやすくなります。

DSC06108
これで完成です。

DSC06111
リアドアも同様に施行していきます。

DSC06115DSC06114
左側も同じです。


DSC06118
最後にスピーカーの前後バランスをどの座席に座っても同様な心地良いサウンドになるように調整します。

DSC06116
このシステムの場合、音質効果はOFFの方が音楽としての心地よいベース音が響きますね。

以上ですべて完成です!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



新型レヴォーグ、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。

DSC06017DSC06018
本日は昨晩からお預かりの新型レヴォーグです。

DSC06027
明石市大久保からお越しのご近所様です。

施工内容はここ最近ブレイク中のアライブ定番メニュー『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。


DSC06019
ナビは純正DIATONEナビです。

DSC06023DSC06029
フロントスピーカー、純正オプションDIATONEスピーカーです。

DSC06030DSC06032
さすが純正オプション、専用設計のパーツで確実な取り付けがされています。

カーオーディオのスピーカーはスピーカーユニットの物の良し悪し以前に、「確実な取り付け」が施されているかどうかで出てくる音の良し悪しが決まります。

ちなみにこちらが同じレヴォーグの標準の純正スピーカーです。
DSC00775
同じように確実な取付が施されていますね。

適当な取付で取り付けられている高価なスピーカーと、安物ですが確実な取り付けが施されている純正スピーカー、本来のスピーカーとしてのまともな音が出るのはどちらかは考えるまでもありませんね。


DSC06026DSC06034
リアスピーカーも純正オプションDIATONEです。


DSC06047DSC06049
ドア内部を丁寧に脱書処理。

DSC06051DSC06054
リアドアも同様に施工します。


まずはアウターパネルの響きをコントロールします。

DSC06059DSC06060
ドア内部から指先でコンコンと叩きながら制振材を貼るポイントを探ります。

DSC06061
探っては貼り付けを繰り返していきます。

DSC06062DSC06063
貼り付けたあとはヘラでしっかりと押さえつけていきます。

DSC06075DSC06077
リアドアも同様です。


とこんな感じで進行中です。
一泊二日のお預かりでじっくりと施工させていただきます。

ではでは〜

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



新型レヴォーグにDLSスピーカー「RCS6.2」取付。大阪より

今週は新型レヴォーグが入庫しております。

DSC05023DSC05024
納車ほやほやの新車です。
渋いですね!!

DSC05027
大阪市よりお越し頂きました。

こちらのオーナー様は約2年前に同じレヴォーグで、純正スピーカーにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工をさせて頂いたリピーター様です。

今回新型に乗り換えられ、以前から気になっていたDLSのRCS6.2を納車と同時に取付のご依頼です。

DSC05032DSC05033

もちろん重要な施工法は・・・
以上のフルメニューでRCS6.2のスピーカークオリティーを発揮させます。
約1週間のお預りです。

オーナー様もご覧になっていたレヴォーグのスーパーインナーバッフル製作過程は、以下をご参照ください。

DSC05025
ナビの画面が大きくなっています。

まずはリアドアのスーパーリアデッドニングの施行から始めます。

DSC05031DSC05029
DSC05047DSC05041
リアドアのスピーカーは純正スピーカーのままで交換はしません。

DSC05062DSC05052
アウターパネルの響きを制振材を利用してベース音の余韻が奏でるようにコントロールしていきます。

DSC05073
スピーカーの背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。

DSC05072DSC05075
剥がれない様に予め耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC05074
ゴム質の制振材をサービスホールの穴の大きさにカットします。

DSC05071DSC05078
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて剥がれない様にしておきます。
ヒートガンで温めながら貼り付けていきます。

DSC05079DSC05077
スピーカーを取り付けてここから実際に音楽を鳴らします。

DSC05084DSC05081
インナーパネルの響きを音楽全体のバランスが整うように制振材を利用してコントロールしていき完成です。


続いてスピーカーケーブル交換の工程へ進みます。

その詳細はまた次回!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール