デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

MARK

トヨタ マーク兇僚秬汽好圈璽ーに、スーパーデッドニング施工。熊本県より

今日は、はるばる九州からお越しいただきました!

gaikanno1






熊本県から!

西方面は、今まで広島県の方が一番遠かったのですが、記録更新です(笑)



【トヨタ マーク兇僚秬汽好圈璽ーに、スーパーデッドニング施工。熊本県より】の続きを読む


スーパーデッドニング日記004〜マーク供■複贈漫スーパーアウターバッフル5

思い起こせば、約1年近く前・・・

gaikan1

 

 

 

 

この車にスーパーデッドニングを施工しました。

 

その時の模様はこちら・・・と言いたいところですが、久々に見てみると、、、

 

 

ギェっ!!!  これかっ!!!

 

                       .......とんでもない画像が・・・(((( ;゚д゚)))

 

 

見ない方がいいけど、どうしても見たい方は心の準備をしてから見てください。

(気分が悪くなっても責任持ちませんので、あしからず)

 

では、どうぞ!

 

【※※※※※※※※※※※】

 

 

・・・どうでしたか? ちょっと気持ち悪かったでしょ?

 

一応フォローしときますけど、実物はそうでもなく気さくで、なかなかええやつですよ。

 

 

まぁ、そんな話はどうでもええとして・・・

 

その、スーパーデッドニング施工から数ヵ月後、今回めでたくステップアップとなりました。

 

以前付いてたスピーカーもかなり年期が入っていたせいか、

しわしわのおじいちゃんになってました。

sp

 

 

 

 

 

これを期にスピーカー交換をすることになりまして、

今回チョイスしたのがこれ↓↓↓

m.jbl

 

【JBL C608GTi Mk供

 

 

さらにこのJBLの性能を100%発揮さす為に、

『スーパーアウターバッフル』、スーパーチューニング』

を施工!

 

では、その模様をどうぞ・・・

 

inner2inner1

 

 

 

 

これがインナーベースバッフル。ダイポルギーぬりぬり。

 

inner4

inner3

 

 

 

 

ドアにオニメナット&ボルトでガッチリ固定!

 

out1out2

 

 

 

 

内張りつけて、アウターバッフルを固定・・・

 

out4out5

 

 

 

 

パテもりもり・・・、削って削って成形。

 

out6out7

 

 

 

 

いったん外して、これにもダイポルギーぬりぬり!

 

out8

 

 

 

 

レザー巻き巻きして、グリルカバー製作。

 

st1st2

 

 

 

 

内張り裏にもダイポルギーぬりぬりして、スーパーチューニング!

 

out10

out9

 

 

 

 

インナーベースバッフルに、アウターバッフルを相変わらずの本数のボルトで、ガッチリ固定!

 

out11

 

 

 

 

グリルカバーつけて、ハイッ完成!

 

pn

 

 

 

 

パッシブネットワークは、助手席下。

近い将来、外部アンプ追加予定!

 

tw1tw2

 

 

 

 

オッと、こいつを忘れちゃいけねぇ!ツィーターをピラーにウメウメ。

これにもダイポルギーぬりぬり。

網タイツ履かして?、ハイッ完成!

 

 

こちらのお客様からも、ご感想メールを頂きました。


先日はお世話になりました。


さて、5〜6時間ほど聞いてみた感想です。

やはり「迫力」が欠けていると言うか「表現力」が乏しいと言うか・・・(^^;

そもそもデッキ内蔵のアンプ(最大50W、定格22W)でこれだけ大きなスピーカを駆動させる事に無理が有るのは重々承知の上だったのですが、

「なんだ、内蔵アンプでも結構鳴らせるもんだな〜」

などと嬉しい誤算になれば良いな・・・と淡い期待をしていたのですが、世の中そんなに甘くは無かったみたいです。(TT)

スピーカのカバーやツイーターの取付け加工など、とても丁寧に仕上げて頂いて、

「これはカー用品量販店では真似出来ない職人の仕事だな〜」と感心致しました。

アライブさんを選んで正解だったと満足しております。

元々今回の施工の結果を見て(聞いて)から外部アンプを導入するかどうかを決定しようと考えていたので、今回の施工の「結果」には大変満足をしております。

今度は外部アンプを導入した時の結果が楽しみになりました。

またじっくり悩んでアンプを決めたいと思っております。

SデッドニングからSバッフルボード、Sチューニングまで、

「物」的な音の設備は、とりあえず「やれる事はやった」

と思うので、後は「電気」的な音の設備を整えて行きたいと思っています。

またお知恵とお力をお借りする事になるかもしれませんが、その時はまた宜しくお願い致します。m(_ _)m


次は外部アンプの“効果”が体感できますね。

ありがとうございました。

 



100系マーク供▲后璽僉璽妊奪疋縫鵐

いやぁ〜、今日は暑かった(汗)。

この調子じゃ、真夏はどうなることやら・・・

 

この暑さで、アライブの影の助っ人“機彪がとんでもないことに・・・

その様子は後ほど・・・

 

その前に今日の『スーパーデッドニング』は、この車。

mk2-gaikan

 

 

 

 

GX100、マーク兇任后

このお客様は、大のドライブ好きで長距離ドライブも月一回くらいのペースで行くようでして、

その時に欠かせないのが『カーオーディオ』。

 

家には音楽を聴くものがなく、とゆうより家にいる時間が少ないから家で聴く事が無い。

その反面車に乗ってる時間の方が多く、必然的に『カーオーディオ』で音楽を聴くのだそうです。

高速道路などは、少々ボリュームを大きくしても周りに聞こえる事も無く、迷惑になりません。

ただ、今の状態でボリュームを上げると高域はうるさくて耳が痛くなるし、低域はモコモコトした締りの無い音で、気持ちよく聴けなかったそうです。

そこで量販店に行って色々なスピーカーを見ていたところ、店員さんにデッドニングも勧められたそうです。

そのデッドニングを色々調べているうちに、アライブのブログに出会い、『スーパーデッドニング』を知ることになり、たまたま家の近くだったので直接ご来店となったようです。

当ブログを読んで、『スーパーデッドニング』は他のデッドニングとは訳が違うことはご理解いただいていましたので、少し補足説明をさせていただきご予約いただきました。

mk2-door-1

mk2-door-2

 

 

 

 

mk2-tw-1

mk2-speaker-1

 

 

 

 

スピーカーは以前乗ってたお車のものに交換済みでしたが、このスピーカーのセットのツィーターが壊れていたようでして、とりあえずツィーターは純正を鳴らしてる状態でした。

そういった理由でスピーカー交換も検討していたようですが、

『スピーカー替えるにしても、システムバランスも重要ですので、まずは基礎になる”スーパーデッドニング”を体感し、それからトータルのシステムの方向性を考えながら、徐々にシステムアップされた方が、失敗は無いと思いますよ』

と、アドバイスさせていただきました。

 

そんな経緯で作業開始。

今日は助っ人“機彪がいるので作業も効率よく進みました。

mk2-i-1

 

 

 

 

このように作業をしてると今日は汗ばむくらいの陽気で、

お互いに半袖での作業です。

特に“機彪は人一倍暑がりの汗っかき!

 

 儀  『あかん、暑い!もう汗だくや!』

 原田  『そんな暑いんやったら、脱いだらええやん』

 儀  『これ以上脱ぎよう無いやん・・・』

 原田  『そらそうやなぁ、まぁ解っててゆうたんやけどな(笑)』

 

 儀  『・・・・・・・・・・・・・・・』

 

 

 原田  『ん?』

  

 

 儀  『・・・・・・・・・・・・・・・』

 

会話が急に途切れたその数秒後・・・

 

ふと、“機彪の方を何気に見ると、思わぬ光景が飛び込んできた!!!!!!

 

 

その光景とは、なんと!!!

 

      これ!!

mk2-i-3

mk2-i-2

 

 

 

 

『裸やん!!』

 

しかもなんとも色白なプヨプヨした体(笑)!

 

しかしこの“機彪、ただの白豚じゃないんです。

この体で、バック転やバック宙するんです!

信じられないでしょうけど本当の話。

 

本人曰く、中学生のときは体操部でかなりのマッチョやったらしい・・・

この体を見ると何の説得力もないんやけど、本当に出来るからそうだったんでしょう(笑)。

 

これはいいブログネタになるので、“機彪の了解を得て、投稿いたしました。

儀の要望通り“モザイク”も入れておきました・・・

   ・・・どこがやねん!(笑)

 

 

こんな馬鹿なことをしながら、『スーパーデッドニング』は完成していくのです(笑)。

mk2-door-3

mk2-speaker-2

 

 

 

 

mk2-door-4

mk2-kansei

 

 

 

 

はいっ!完成!

 

 

お客様の声です。

 

 『これってイコライザーとかすべてフラットなんですよねぇ?』

 『ボーカルがはっきりして、低域もしっかり出てきてるわ』

 『はっきり言ってここまで変わるとは思って無かったわ』

 

ありがとうございます。

次のステップまで色々楽しんでください。

 

この『スーパーデッドニング』をもっと知りたい方は・・・

 

 こちらをクリックしてください。

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール