デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

New DEMIO

福岡県よりお越しのデミオのオーナー様から、施工後のご感想メールを頂きました。

DSC08922DSC08923
昨年の4月ごろに施工させて頂いたデミオのオーナー様から、施工後のご感想メールを頂いていましたのでご紹介いたします。



その前に施工内容の詳細を包み隠さず暴露いたします!!(笑)

DSC08924
福岡県よりお越し頂いていました!!


DSC08929

施工内容はアライブ人気メニューの『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。

● 『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』の詳細と価格についてはこちらをご覧ください。


DSC08926DSC08925
オーディオはマツダコネクトの純正です。


DSC08927DSC08930
DSC08931DSC08932
フロントスピーカー、純正です。


DSC08928DSC08934
DSC08935DSC08936
リアスピーカーも純正です。


DSC08933DSC08941
まずはマツダ車特有の黒い樹脂パネルを外す為に窓ガラスを抜きます。


DSC08944DSC08945
はいっ!!
外れました!!


DSC08946DSC08947
DSC08948
樹脂パネルを外すと大穴が空くのでドア内部の作業はやりやすくなります。


DSC08949DSC08950
DSC08951DSC08952
リアも同様に外します。


DSC08953DSC08954
シリコンオフでドア内部を丁寧に脱脂処理します。

DSC08955
ほぼ新車の場合、ドア内部の脱脂処理時に汚れと一緒に色も多少取れてしまいますが、ドア内部に付着している塗料は吹き付け塗装時の霧がかかって付着しているだけなので問題ありません。


DSC08956DSC08957
まずはアウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でるように制振材を利用してコントロールします。
この制振材を貼り付けているポイントはドア内部から指先でコンコンと叩きながら探って決めています。


ここで制振材を貼り過ぎるとドアの鉄板が響かなくなってしまいます。
鉄板が響かないという事は音が響かないという事なので、心地よいベース音の余韻も消えてしまい味気の無い音になってしまいます。

音楽を聴いていて心地良く感じるのはベースの音が心地よく響いている(余韻が出ている)からです。

ベースの音は耳で直接聞き取りにくいですが響きとして自然に感じています。
しかもどんなジャンルにも必ずベースラインがあります。

音楽を心地良く聞くためにはベースの音が心地よく響いていることが重要なのです。
スーパーデッドニングはドアのアウターパネルの響きを利用してベース音の心地良い余韻を作り出しています。


ちなみにこの制振材を貼っている位置はベース音の余韻を作り出す目的で決まったポイントです。

スーパーデッドニングは『アライブサウンド』という明確な目的とするサウンドがあり、その音になるように制振材を貼ってドアの響きをコントロールしています。

制振材が貼ってある位置はアライブサウンドとしての響きが完成した結果の位置です。

一般的なデッドニングは『決まった大きさの制振材を決まった位置に貼った結果、こんな音が出来た!!』となるのですがスーパーデッドニングはその逆で、『目指す音「アライブサウンド」が完成した結果、制振材を貼る大きさや位置がこうなっていた!!』となっているのです。

要は一般的なデッドニングは『出来上がる音はデッドニング施工後じゃないとどんな音になるかわからない』けど、スーパーデッドニングは『どんな車でも「アライブサウンド」になる』という事です。



DSC08960DSC08961
リアドアも同じ要領で施工していきます。


DSC08963
スピーカーの背圧があたる部分にオーディオテクニカのアクワイエ吸音材を貼り、スピーカーコーンの動きの邪魔をする反射音を防ぎます。

DSC08964DSC08965
予め耐熱ボンドを吹き付けて吸音材が剥がれない様に粘着を強化します。

DSC08966DSC08968


DSC08967
樹脂パネルを元に戻しスピーカーを取り付けます。
ここから実際に音楽をかけてスピーカーを鳴らします。

音楽をかけるとスピーカーの振動が樹脂パネルとドアのインナーパネルに伝わっていきます。

音楽全体のバランスを整えるような感じで制振材を利用して、樹脂パネルとインナーパネルの響きをコントロールしていきます。

そうすると余計な響きで埋もれていた音が蘇り、また逆に出過ぎていた音が引っ込んだりとイコライザーを調整するような効果で音楽全体の音がまとまり聞きやすくなります。


DSC08976DSC08970
DSC08971DSC08972
これで完成です!!


DSC08977DSC08973
リアドアも同様に完成!!

DSC08979
最後に前後バランス(フェダー)調整で、前席、後席どこに座っても心地よいサウンドが得られる最適な位置に調整して完成です。


ではオーナー様からのご感想メールをご覧ください。

***********************************************
先日、北九州よりお邪魔した○○です。

7時間強の帰り道にCD、FM、AM等をずっと聴いていました。
 
音の一つヾが「クッキリ、ハッキリ、スッキリ」でとても心地よく響きます。

ジェフ・ベック、ラリー・カールトンのギター、
デビあやのバイオリン、
なべ貞のサックス、
どれもライブみたいです。

またAM&FMラジオの音がすばらしいのに驚きました。
片道90分の通勤が楽しくなりなした。

新型デミオはマツコネ搭載でヘッドユニットが選べないので音質改善に思案していましたが、
片道7時間かけてアライブさんにお願いした甲斐がありました。

ありがとうございました。
 
***********************************************

こちらこそ遠路遥々お越し頂きありがとうございました。


● 『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』の詳細と価格についてはこちらをご覧ください。



◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

デミオ、DLS RCS6.2インストール完成!!

DLS RCS6.2インストールのデミオ完成です。



スピーカーをボルトでがっちり固定するために鬼目ナットを埋め込みます。




樹脂パネルとスーパーインナーバッフルをコーキングを塗り込んで一体化します。




樹脂パネルをドアに取付け、スピーカーをボルトで取り付けます。





 この状態で音楽をかけます。
 (画像をクリックすると動画が再生できます)







手の指裏で樹脂パネルに触れてスピーカーから伝わる響きを感じ取り、制振材を貼るポイントを探ります。
適当な大きさの制振材を貼り、ヘラでしっかりと押さえ付けていきます。




DSC05890DSC05889

この動作を繰り返していき完成です。

完成後、エージングを兼ねて音源の動画を撮影してみました。



 ●押尾コータロー
 (写真をクリックすると動画が観れます) 







 ●上原ひろみ
 (写真をクリックすると動画が観れます)





ちなみにこの動画の録音機材は、iPhoneにZOOM iQ7というMSステレオマイクを取り付けて収録しています。




 


◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

デミオにスーパーインナーバッフル製作中、最終日

デミオのスーパーインナーバッフル製作もいよいよ終盤となってきました!!
昨日からの続きです。




がっちり一体化しました!!




インナーバッフルがぴったりと収まるように樹脂パネルをカットします。
失敗できないので緊張の一瞬です(笑)




想定通りジャストフィットです!!




制振塗料『ダイポルギー』を何回かに分けてしっかりと塗り込みます。
インナーバッフル自体が発する余計な共鳴音を防ぎ、防水効果もあります。

しっかりと乾燥させます。

  


◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール