本日はお初のお車が入庫しております。

DSC08468DSC08469
L33型、日産ティアナです。

DSC08470
和歌山県よりお越し頂いております。


DSC08471
オーディオは全て純正です。

DSC08473DSC08472
お初の車なので内張りを外すのに少々手間取りました(汗)
最近の日産パターンの手順でした。

DSC08478DSC08474
DSC08479DSC08475
DSC08486DSC08487
スピーカーも純正です。


DSC08489DSC08484
DSC08491DSC08485
ビニールと邪魔なケーブル類を外してドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC08492DSC08497
DSC08493DSC08498
DSC08496DSC08499
まずは外板パネルの響きをベース音の心地良い余韻を奏でるように制振材を利用してコントロールしていきます。

制振材を貼り付けるポイントはドア内部から指先で外板パネルをコンコンと叩き、指先に伝わってくる振動を感じ取りながらポイントを決めていきます。

この感覚は多種多様の車を何百台と施行して成し得た感覚なので、他の誰にもわかりませんし伝えたくても伝えようがありません。

アライブサウンドのコンセプトである『いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド』を奏でるようにドアの響きをコントロールしていきます。
要は狙った音になるようなドアの響きを作り出しています。

施工できるすべての車の音がアライブサウンドになるのです。


DSC08501
スピーカー裏の背圧があたる部分にオーディオテクニカの吸音材を貼り付け余計な反射音を防ぎます。

DSC08506DSC08503
粘着を強化するために緑色の耐熱ボンドをあらかじめ塗っておき勝手に剥がれないようにします。

DSC08502
ゴム質の制振材をサービスホールに合わせてカットします。

DSC08507DSC08504
サービスホールの縁にもボンドを塗っておきます。


こんな感じで進行しております!!

では後半戦スタート!!