デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

VOXY 80

倉敷市よりお越しの80VOXYにスーパーデッドニング施工でした。

DSC06817DSC06818
昨日は80VOXYにスーパーデッドニング施工でした。

DSC06830
岡山県倉敷市よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

DSC06821
アルパイン80VOXY専用ナビです。

DSC06831DSC06833
内張り外します。

DSC06834
純正スピーカーです。

DSC06836DSC06841
トヨタ車の純正スピーカーはリベットで取り付けられています。
ドリルでリベットをつぶして外します。

DSC06842DSC06843
外れました。

最終工程で純正スピーカーをまた取り付けるのですが、リベット留めではなくボルトで固定できるように細工します。

DSC06846DSC06845
ナットリベットを使います。

DSC06847DSC06848
純正取付穴をナットリベットが入る大きさに広げて錆止めを塗ります。

DSC06849DSC06850
専用工具でドアの鉄板にカシメます。

DSC06851DSC06852
これでボルトが使えるようになりました。
外すことも容易になりますので一石二鳥ですね。


DSC06853
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC06857DSC06858
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼るポイントを探り制振材を貼り付けます。

DSC06859DSC06860
また次のポイントを探り貼り付けるという動作を繰り返し、アウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でるように調整していきます。

DSC06861DSC06862
貼り終えた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。
しっかりと押さえ付けないと制振効果が発揮できず施工効果が半減してしまいます。

DSC06863DSC06864
押さえ忘れのないように隅々までチェックします。

DSC06867DSC06866
特にドアの奥の方は手が入りづらく非常に押さえにくいです(汗)

DSC06868
助手席側も同様に施工していきます。


DSC06872DSC06873
つづいてスピーカーの背面のパネル部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。
スピーカー裏から出る音がパネル部分に反射してスピーカー本来の出音に悪影響を及ぼすのを防ぎます。

貼り付ける面には雨水等で勝手に剥がれない様に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC06875DSC06874
貼り付けました。


DSC06878
つづいてサービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。

DSC06876DSC06877
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC06879DSC06880
ヒートガンで温めながら太鼓の革をピンッと張る様な感じでしっかりと貼り付けていきます。


つづいて純正スピーカーを取り付けます。

DSC06882
ステンレスキャップボルトで確実に固定します。

DSC06881DSC06884
スピーカーの振動でボルトが緩んでこないようにロックタイトを添付。
このタイプは完全に固定されないので外すことも可能です。


DSC06885
ここから実際に音楽を鳴らします。

DSC06887DSC06888
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わります。
手の指裏をインナーパネルに触れながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC06889DSC06890
制振材を貼り付けた後ヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC06891DSC06892
また次のポイントを探ります。

この動作を繰り返してインナーパネルの響きをコントロールし、余計な響きで埋もれていた音を蘇らせ逆に出過ぎている音を引っ込め、音楽全体のバランスを整えていきます。

DSC06893
これで完成です!!

DSC06897
助手席側も同様に施工して完成です。

DSC06900DSC06901
最後にリアスピーカーとのバランスを調整します。
画像がピンボケでスイマセンm(__)m

基本的にサウンド調整機能は全てOFFです。

DSC06902
フェダー調整もセンター位置です。

DSC06903DSC06904
アルパインナビにはクロスオーバー調整機能がありますので、この項目で前後のスピーカーバランスを調整します。
ハイパスフィルターも使って出過ぎている低音域を調整して中高音域とのバランスを整えます。

これらの調整は色々なジャンルの曲を聴きながら聴感でセッティングしていきます。


以上ですべて完成です!!

ご清聴ありがとうございました(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



VOXY(80)に、スーパーデッドニング施工と、スピーカー交換と、パワーアンプ取付の巻。

DSC04701DSC04702
本日から80VOXYが入庫しております。

このVOXY、よく見ると・・・

DSC04704
ナンバープレートがありません!!

そうです、登録前のピッカピカの新車です!!
もちろん登録前なのでオーナー様の下にも納車されていません。

近所の車屋さんからのご依頼です。

DSC04705
スーパーデッドニングの施工と、オーナー様のご要望で前車で使用していたスピーカーと新たに購入したパワーアンプも取付けます。

もちろん1日では出来ませんのでお預かりさせて頂きます。


DSC04703
アルパインの80VOXY専用ナビです。


まずはパワーアンプの設置場所の確認から。

DSC04706
最近のパワーアンプは小型のものが多いので助手席下か運転席下へ設置します。

DSC04707DSC04708
助手席下、運転席下は高さ広さとも充分なクリアランスがあるのですが、後部座席用のヒーターダクトがネックです。

殆どの車両はこれがあるためにパワーアンプの設置方法にはいつも頭を悩ませます。
ヒーターダクト後方にアンプが置けそうなスペースはあるのですが、ヒーターダクトからの熱風が直にアンプにあたってしまいます。

音を鳴らしているとパワーアンプ自体が熱くなってきます。
暖まることによってパワーアンプの性能を発揮するのですが、熱くなりすぎは禁物です。
ですので十分に放熱できる状態で設置する必要があります。

ヒーターダクト後方だと放熱どころか逆に熱くしてしまうことになります(汗)
なのでこの場所へは置けません。


DSC04710DSC04711
DSC04712DSC04713
高さ的にかなり余裕があるのでヒーターダクトの上に置いてみました。
シートのスライドにも影響せず充分なクリアランスがあります。

取り敢えず設置場所はここに決定!!

DSC04714DSC04715
DSC04716DSC04717
DSC04718
助手席を外して設置方法を考えます。
流石にこの状態は駄目ですね(笑)

ちゃんと設置するためのボードを制作します。

DSC04719DSC04720
DSC04721
まずベースになるボードを切り出します。

DSC04723DSC04724
DSC04725DSC04726
ボードの上に直にアンプを設置するのではなく下駄を履かせてアンプ下に空間を作ります。

DSC04727DSC04729
これによりアンプの放熱効率が良くなるのと、車両からの振動がアンプへ伝わりにくくなりパワーアンプのクオリティーをより発揮することが出来るようになります。


続いてベースのボードに足をつけて最終的にヒーターダクトを囲うように設置します。

DSC04731DSC04732
その足の製作です。
ダクトサイドはベースのボードと平行ではなくこんな状態。

DSC04730DSC04733
DSC04735DSC04736
DSC04737DSC04738
DSC04739DSC04740
こんな感じで仮合わせ。

DSC04742DSC04744
DSC04745DSC04746
ベースのボードに足をひっつけて最終チェック!!

良い感じに出来ました!!

DSC04754DSC04753
つや消しブラックに塗装。

更に良い感じになりました(笑)

DSC04755DSC04756
アンプを固定するための鬼目ナットを打ち込みます。
ボルトでしっかりと固定できるようになります。

DSC04758DSC04759
完成したアンプボードにパワーアンプを置いてみた。

我ながら素晴らしい出来栄えです!!(笑)

今日はここで終了!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール