DSC04701DSC04702
本日から80VOXYが入庫しております。

このVOXY、よく見ると・・・

DSC04704
ナンバープレートがありません!!

そうです、登録前のピッカピカの新車です!!
もちろん登録前なのでオーナー様の下にも納車されていません。

近所の車屋さんからのご依頼です。

DSC04705
スーパーデッドニングの施工と、オーナー様のご要望で前車で使用していたスピーカーと新たに購入したパワーアンプも取付けます。

もちろん1日では出来ませんのでお預かりさせて頂きます。


DSC04703
アルパインの80VOXY専用ナビです。


まずはパワーアンプの設置場所の確認から。

DSC04706
最近のパワーアンプは小型のものが多いので助手席下か運転席下へ設置します。

DSC04707DSC04708
助手席下、運転席下は高さ広さとも充分なクリアランスがあるのですが、後部座席用のヒーターダクトがネックです。

殆どの車両はこれがあるためにパワーアンプの設置方法にはいつも頭を悩ませます。
ヒーターダクト後方にアンプが置けそうなスペースはあるのですが、ヒーターダクトからの熱風が直にアンプにあたってしまいます。

音を鳴らしているとパワーアンプ自体が熱くなってきます。
暖まることによってパワーアンプの性能を発揮するのですが、熱くなりすぎは禁物です。
ですので十分に放熱できる状態で設置する必要があります。

ヒーターダクト後方だと放熱どころか逆に熱くしてしまうことになります(汗)
なのでこの場所へは置けません。


DSC04710DSC04711
DSC04712DSC04713
高さ的にかなり余裕があるのでヒーターダクトの上に置いてみました。
シートのスライドにも影響せず充分なクリアランスがあります。

取り敢えず設置場所はここに決定!!

DSC04714DSC04715
DSC04716DSC04717
DSC04718
助手席を外して設置方法を考えます。
流石にこの状態は駄目ですね(笑)

ちゃんと設置するためのボードを制作します。

DSC04719DSC04720
DSC04721
まずベースになるボードを切り出します。

DSC04723DSC04724
DSC04725DSC04726
ボードの上に直にアンプを設置するのではなく下駄を履かせてアンプ下に空間を作ります。

DSC04727DSC04729
これによりアンプの放熱効率が良くなるのと、車両からの振動がアンプへ伝わりにくくなりパワーアンプのクオリティーをより発揮することが出来るようになります。


続いてベースのボードに足をつけて最終的にヒーターダクトを囲うように設置します。

DSC04731DSC04732
その足の製作です。
ダクトサイドはベースのボードと平行ではなくこんな状態。

DSC04730DSC04733
DSC04735DSC04736
DSC04737DSC04738
DSC04739DSC04740
こんな感じで仮合わせ。

DSC04742DSC04744
DSC04745DSC04746
ベースのボードに足をひっつけて最終チェック!!

良い感じに出来ました!!

DSC04754DSC04753
つや消しブラックに塗装。

更に良い感じになりました(笑)

DSC04755DSC04756
アンプを固定するための鬼目ナットを打ち込みます。
ボルトでしっかりと固定できるようになります。

DSC04758DSC04759
完成したアンプボードにパワーアンプを置いてみた。

我ながら素晴らしい出来栄えです!!(笑)

今日はここで終了!!


今日もたいぞうの写真をクリックしてブログランキングにご協力お願い致しますm(_ _)m




◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。