IMG_5144
本日もスイフトです。

IMG_5209
ルーフのデッドニングは完成!!

施工は内装パネルの組付け順序ですすめていきます。
IMG_5213IMG_5217
Bピラー、Cピラーへ吸音材を装着。

IMG_5214IMG_5215
Bピラーは上下に動くシートベルトの高さ調整用アジャスターがあり干渉する恐れがあるため、無闇に吸音材を装着できません。

IMG_5225
Cピラー部も完成。

そしていよいよフロアー部へ突入!!

IMG_5226IMG_5229
フロアーには前回施工したスピーカーケーブルやRCAケーブル、電源ケーブルが張り巡らされています。
まずは制振材を貼り付けていきます。
当然ですがケーブル類の下に貼り付ける必要があります。

IMG_5233
貼り付ける面の採寸をして制振材をカットします。

IMG_5234IMG_5235
運転席側です。

天井とは違い上を向いたままの体制ではないのでクビが痛くなる事はありませんが、細かな凸凹があるので貼り付けにくいです。
また押さえ付けるのにも天井より力がいり、今度は手と指先が痛くなります(汗)

ですので天井よりも時間がかなりかかります。

IMG_5236IMG_5237
助手席側はRCAケーブルがフロアーの真ん中を横切っているので、一度固定のテープを外し浮かしながらの作業となり、さらに時間を要します。

IMG_5238
これでフロアーの制振は完成です。
が、まだ内装は組めません。
防音は、制振、吸音、遮音を行って効果が出るものです。
制振だけでは意味がありません。

次は吸音材と遮音材を装着していきます。
では行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング