デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

スーパ―デッドニング

またまた初代レガシィがやってきた!!其の二

初代レガシィのスーパーデッドニング施工詳細の続きです。

※ 前回の記事はこちらをご覧ください。

スーパーデッドニング施工に入る前にこちらのリニューアルから。

DSC05227DSC05228
内張り裏にパッシブネットワークが装着されているのですが・・・

DSC05230DSC05232
ガムテープで無造作に固定されている状態です(汗)

ここもオーナー様のご要望でついでにリニューアルです。

DSC05303DSC05304
スペース的に装着するところは変更できないのでホットボンドでしっかりと固定。
見た目にスッキリしました(^.^)


そしてスーパーデッドニングの続き。

DSC05270DSC05271
まずはアウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でるように制振材を利用してコントロールします。
指先でアウターパネル裏を叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。

DSC05272DSC05273
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC05274DSC05275
しっかりと確実に押さえ付けることによってその効果を発揮することができるのです。

DSC05279DSC05280
スピーカーの排圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付け余計な反射音を防ぎます。
剥がれない様に貼り付ける部分に耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC05286DSC05285
しっかりと貼り付けました。

続いてサービスホールを塞ぎます。

DSC05287DSC05288
ゴム質の制振材を利用してサービスホールの大きさにカットします。
サービスホールの縁に粘着を強化するために耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC05295DSC05291
ヒートガンで温めながら太鼓の革をピンッと張る様な要領でしっかりと貼り付けていきます。

DSC05292DSC05293
ドア開閉のためのロッドが引っ付いてしまわないようにコルゲートチューブで保護しておきます。

この状態で音楽を鳴らします。
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わっていきます。

DSC05298DSC05299
手の裏でインナーパネルに触れて響きを感じ取りながら制振材を貼るポイントを探ります。

DSC05300DSC05301
制振材を貼り付けてヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC05302DSC05308
また次のポイントを探ります。
これを繰り返していき完成です。

DSC05309DSC05310
これによりインナーパネルの余計な響きが消え、埋もれていた音が蘇えり、出過ぎていた音が引っ込み、音楽全体のバランスが整います。
結果音量を上げても音の歪がなくなり、ボーカルなど各パートの音が埋もれることなく自然に聞き取れるようになります。


以上が前回施工させて頂いたスーパーデッドニングの全貌です。


次回はいよいよ今回施工中のアンプボード製作とスーパーインナーバッフルのご紹介です。

お楽しみに〜(^O^)/

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



30プリウスの純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工。

本日はこちらのお車が入庫です。

DSC05440DSC05441
30プリウスです。
フロントドアのスーパーデッドニング施工です。

DSC05442
アルパインのナビです。

DSC05443DSC05444
サウンド調整機能は全てOFFの状態で施工します。
施工後はスーパーデッドニング効果で聞くジャンルやソースに関係なく、このような煩わしい調整機能を使う必要がなくなります。

DSC05446DSC05445
DSC05452DSC05449
内張り外します。

DSC05453DSC05450
純正スピーカーです。
敢えてスピーカーの交換はしません。
スーパ―デッドニング効果で、素直でバランスの良い純正スピーカーの本当のサウンドを体感していただけます。

「純正スピーカーは音が悪い」という勝手なレッテルを貼る前に、「なぜ純正スピーカーは音が悪いのか?」もしくは「純正スピーカーの音を悪くしているのは何が原因か?」という事を考えればスピーカーを交換する前に何を改善すべきかが見えてくるはずです。

DSC05457DSC05458
純正スピーカーです。

DSC05451
トヨタ車の純正スピーカーはリベットで固定されているのでスピーカーを外すときはこのリベットをドリルで飛ばす必要があります。

DSC05459DSC05460
最終的に純正スピーカーを取り付けるのですが、ボルトでしっかりと固定できるようにナットリベットを装着します。

純正スピーカーでも市販の高価なスピーカーでも、音の良し悪しを決めるのは「しっかりと固定する」という「物を活かすための確実な施工」です。
高価なスピーカーに交換しても固定方法が適当だと、本来のクオリティーのサウンドなんて出るはずがありません!!

DSC05461DSC05465
ボルトで確実に固定することも出来ますし、外すことも容易になり一石二鳥です。

DSC05462
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC05466DSC05467
アウターパネル裏を指先で叩きながら制振材を貼るポイントを探っていきます。

DSC05468DSC05469
貼っては探りを繰り返していきます。

DSC05470
アウターパネルの響きを、音楽を聴いて心地よく感じるために重要なベース音の余韻が奏でるように、制振材を利用してコントロールしていきます。

意味もなく闇雲に制振材を貼り付けるデッドニングとは根本的な考え方が違います。

スーパーデッドニングは「カーオーディオのスピーカーは楽器の音を鳴らす楽器」という独自の視点から考案したアライブ独自の施工法です。

そのスーパ―デッドニングについて詳しくはこちらをご覧ください。


てな感じで着々と進行しております。

では後半戦行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



デリカD5の純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工。大阪府箕面市より

本日もスーパーデッドニングです(^O^)

DSC04785DSC04786
デリカD5

そして昨日に引き続き県外からのお客様。

DSC04790
大阪府箕面市よりお越し頂いております。
ありがとうございます。


DSC04787
アルパインのナビです。

DSC04791DSC04792
DSC04803DSC04793
スピーカーは純正です。

DSC04797DSC04798
三菱車のスピーカーはビス固定ではなく差し込んで右へ回して固定するタイプです。
かなりギュッと締まり込む感じでしっかりと固定されます。

ただスピーカー周りのクリアランスがあまりないのでスピーカー交換時はサイズに要注意です。

オーバーサイズのスピーカーに交換して固定方法が適当になってしまうくらいなら、ギュッと締まり込んでしっかりと固定される純正スピーカーの方がまともな音が鳴ります。

市販されているカーオーディオのスピーカーはただの部品として売っているだけであって完成された本来のスピーカーではありません。
物(スピーカー)の良し悪しも重要ですが、それ以前に固定方法等の施工法がもっともっと重要なのです。


DSC04807DSC04808
純正の防水ビニールを剥がします。
固定してあるブチルが伸びまくりでなかなか取れません(>_<)

DSC04809
まずヘラである程度取り除きます。

DSC04810
後はガムテープでひたすらペチャペチャと地道に取り除いていきます。
ここまで取れるとあとは溶剤で拭き取ります。

DSC04811DSC04812
ハイッ、綺麗になりました(^O^)

DSC04813DSC04815
ドア内部も丁寧に脱脂処理。
ここまで結構時間かかりました(汗)

という事で続き行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール