デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

初代レガシィ

初代レガシィ、スーパーインナーバッフル完成!!

初代レガシィさんのスーパーインナーバッフル制作、いよいよクライマックスです!!

では昨日の続きから。

DSC05632
位置決めしたボルトを通す穴(赤丸部分)の穴あけと斜線部分のカットを行います。

DSC05636DSC05637
まずは鉄粉が飛び散らないように養生をします。
特にドア内部には新聞紙を突っ込んで入念に行います。

DSC05638
そして霧吹きでたっぷり水をかけておきます。
こうすることによって細かい鉄粉が飛び散りにくくなります。

これをやっておかないとドア内部に鉄粉や切りカスが飛び散ります。
そしてドアの中で錆びまくります(汗)
その錆が徐々にドア本体に浸透していき結果とんでもないことになってしまいます。

実は他店で施工した車でそんな状態になっている事例を何台も目の当たりにしてます。
そうなってからでは対処のしようがありませんのでこのような養生は入念に行うのです。
地味な作業で意外と時間がかかりますが絶対に省くことはできない工程なのです。


DSC05639
カット中の写真を撮り忘れました(汗)

以前レヴォーグでカットしている様子の動画を撮っていますのでこちらを参考にしてください。

 
※ クリックするとインスタグラムに飛びます。

DSC05640DSC05641
カットした部分に錆防止の塗装を施します。

DSC05635DSC05643
リングのバッフルを製作してインナーバッフルに引っ付けます。
専用の木工ボンドでがっちりと一体化させます。

DSC05645DSC05646
大まかな形が出来ました。
ここからさらに細かな加工を施していきます。

DSC05647DSC05648
インナーバッフル裏側のスピーカー開口部分を、スピーカーの背圧の空気がスムーズに抜けるようにアール状に加工します。

DSC05649DSC05650
徐々にアールの形状を大きくしていきます。

DSC05651
ある程度までは機械で削っていきますが、最終段階は滑らかなアールになるように手作業で微調整していきます。

ところでなぜこのような加工を施すかと言いますと、ラッパの先を思い浮かべてみて頂ければわかりやすいかと思います。

rappa
ラッパの先端は必ずアール状になっていますね。
拭いた息がスムーズに抜けるため(まともな音を出すため)にこのような形状になっているのです。

身近なものだとこれなんかも同じような形状になっています。

kankisen
換気扇です(笑)
換気扇の羽の周りもアール状になっていますね。
換気扇は空気を吸いだして換気をすることが目的ですが、アール状にすることによってスムーズに空気を吸い込む事が出来るようになっています。

ラッパも換気扇もその物の役割を最大限引き出すためにこのような形状になっているのです。
全て意味があるのです。

スピーカーの裏側からも音が出ます。
音が出るという事は空気が流れるという事ですので、よりスムーズに流れるような状況になっていないとスピーカーの性能を最大限引き出すことが出来ませんね。

その為にスーパーインナーバッフルの裏側はこのようなアール状に加工しているのです。


DSC05652DSC05653
あと角を丸く削ります。
スピーカーから伝わる響きがまんべんなくドア側へ伝わるように角を落とします。

これでスーパーインナーバッフルの形状は出来上がりです。

DSC05657DSC05658
続いて制振塗料ダイポルギーを塗り込んでいきます。
防水効果とインナーバッフル自体が共鳴しないようにする効果があります。

DSC05659
何回かに分けてしっかりと塗り込みます。

DSC05660DSC05661
しっかりと乾燥させます。

DSC05662DSC05664
裏側です。

DSC05665DSC05666
お次は鬼目ナットを埋め込みます。

DSC05667DSC05668
ドアの内側からボルトで固定するための鬼目ナットです。

DSC05669DSC05670
こちらはスピーカーを固定するための鬼目ナット。
ねじ込みタイプです。

DSC05671DSC05672
ボルトでスピーカーを確実にしっかりと固定できるようになります。

いよいよドアにスーパーインナーバッフルを固定します。

DSC05675
ステンレスのキャップボルトで固定します。

DSC05676
あらかじめドアのインナーパネルとの接地面にコーキングを塗っておきます。

DSC05677DSC05678
ハイッ、固定完了!!(笑)

DSC05679DSC05680
インナーバッフル縁はコーキングで一体化。

DSC05682
ドア内部側にはコーキングをたっぷりと塗り込んで完全防水加工です。
これで高野豆腐にはなりません(笑)

DSC05684DSC05685
助手席側も同様に施工。

しっかりとコーキングを乾燥させた後、いよいよスピーカーを取り付けます。

DSC05686DSC05687
もともとスピーカーケーブルをスピーカー端子に半田付けされていました。
この状態だとスピーカーを外すときにスピーカーケーブルも引っこ抜く必要があり非常に面倒です。

またスピーカーケーブルを通す経路も変更して長さが足らなくなったので、この部分だけスピーカーケーブルを変更しました。

DSC05688DSC05689
アライブ定番のシャークワイヤーに交換。
銀コーティングを施しており、非常に繊細な音で忠実に音の信号を伝えてくれます。
音のレンジも広がります。

DSC05691
スピーカー端子にはこれで接続します。

DSC05692DSC05693
スピーカーの振動でボルトが緩まないようにロックタイトを塗っておきます。
完全に固着するタイプではないので問題なくスピーカーを外すことも可能です。

DSC05696DSC05698
スピーカー付きました!!

DSC05694DSC05695
助手席側もバッチリ。

DSC05699DSC05701
内張りを仮付けして干渉しないかチェックします。

DSC05703DSC05704
抜群のクリアランスです!!
自画自賛です(笑)

DSC05709DSC05710
スピーカー周りにエプトシーラー吸音材を貼ります。
エッジ部分に干渉してはいけません(笑)

DSC05715DSC05714
内張りグリル部分にもエプトシーラーを貼ります。

あとは内張りを取り付けて完成です。


最後にアンプのゲイン調整です。

DSC05716DSC05717
助手席下のアンプでフロントスピーカーを鳴らしています。
実は運転席下にもアンプが設置してあり、こちらでリアスピーカーを鳴らしています。

どちらのアンプもゲイン調整はアンプの上面にあります。

DSC05721DSC05719
その為に運転席、助手席ともシートを外す必要があります(汗)

理想を言えばシートが付いた状態でゲイン調整が出来る方がベストなのですがこれは物理的に不可能ですね。

まずはメインスピーカーのフロントのゲイン調整から行います。

そしてリアスピーカー・・・
ん?なんか違和感が・・・

どうも位相がおかしなことになっている雰囲気です。

DSC05722DSC05723
アンプ側で左右ともプラスマイナスを繋ぎ変えてみたところ違和感のある音は改善せず。
という事はどちらか片側の位相がおかしいのだろう。

DSC05726DSC05724
という事でリアスピーカーを外してみる事に。
リアスピーカーはラゲッジルーム左右のリアショックの上に付いています。

カバーを外してみると・・・

DSC05725DSC05727
破れてる!!
しかも両方とも!!
これは経年劣化の影響でしょう(涙)

とりあえずこれは仕方ないとして外してみる。

DSC05729
予想的中!!
右側のプラスマイナスが逆につながっていました(汗)

繋ぎ直してゲイン調整再開。
先程までの違和感ありありの感じが無くなり、フロントスピーカーとの音の繋がりも自然になりました。

前回のスーパーデッドニング時にリアスピーカーを鳴らすと何とも気持ちの悪い感じがあったのはこれが原因だったのですね。

ゲイン調整が出来たのでシートを取付。

DSC05730DSC05732
写真ではわかりにくいのですが、計算通りの抜群のクリアランスです!!


という事で以上ですべて完成です!!
ご清聴ありがとうございました(^O^)/

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



またまた初代レガシィがやってきた!!其の二

初代レガシィのスーパーデッドニング施工詳細の続きです。

※ 前回の記事はこちらをご覧ください。

スーパーデッドニング施工に入る前にこちらのリニューアルから。

DSC05227DSC05228
内張り裏にパッシブネットワークが装着されているのですが・・・

DSC05230DSC05232
ガムテープで無造作に固定されている状態です(汗)

ここもオーナー様のご要望でついでにリニューアルです。

DSC05303DSC05304
スペース的に装着するところは変更できないのでホットボンドでしっかりと固定。
見た目にスッキリしました(^.^)


そしてスーパーデッドニングの続き。

DSC05270DSC05271
まずはアウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でるように制振材を利用してコントロールします。
指先でアウターパネル裏を叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。

DSC05272DSC05273
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC05274DSC05275
しっかりと確実に押さえ付けることによってその効果を発揮することができるのです。

DSC05279DSC05280
スピーカーの排圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付け余計な反射音を防ぎます。
剥がれない様に貼り付ける部分に耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC05286DSC05285
しっかりと貼り付けました。

続いてサービスホールを塞ぎます。

DSC05287DSC05288
ゴム質の制振材を利用してサービスホールの大きさにカットします。
サービスホールの縁に粘着を強化するために耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC05295DSC05291
ヒートガンで温めながら太鼓の革をピンッと張る様な要領でしっかりと貼り付けていきます。

DSC05292DSC05293
ドア開閉のためのロッドが引っ付いてしまわないようにコルゲートチューブで保護しておきます。

この状態で音楽を鳴らします。
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わっていきます。

DSC05298DSC05299
手の裏でインナーパネルに触れて響きを感じ取りながら制振材を貼るポイントを探ります。

DSC05300DSC05301
制振材を貼り付けてヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC05302DSC05308
また次のポイントを探ります。
これを繰り返していき完成です。

DSC05309DSC05310
これによりインナーパネルの余計な響きが消え、埋もれていた音が蘇えり、出過ぎていた音が引っ込み、音楽全体のバランスが整います。
結果音量を上げても音の歪がなくなり、ボーカルなど各パートの音が埋もれることなく自然に聞き取れるようになります。


以上が前回施工させて頂いたスーパーデッドニングの全貌です。


次回はいよいよ今回施工中のアンプボード製作とスーパーインナーバッフルのご紹介です。

お楽しみに〜(^O^)/

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



またまた初代レガシィがやってきた!! 其の一

今週は1週間ほど前にスーパーデッドニングにリニューアルさせて頂いた初代レガシィさんがまたまた入庫しております。

DSC05518

今回の施工内容は、オーナー様が以前から気になっていた助手席下のアンプ類の設置のリニューアルと、前回のスーパーデッドニング施工時に発覚したインナーバッフルのリニューアルです。


今回の施工内容のご紹介の前に前回のリニューアルの様子をご紹介。

前回はもともと施工済みだった当時のデッドニングを全て剥がしてからの作業でした。

DSC05219
これが十数年前に当時行きつけのお店さんで施工したデッドニングです。

DSC05220DSC05221
セオリー通りのデッドニングでガッツリ制振材が貼ってあります!!

スーパーデッドニングにリニューアルする為に、まずはこのガッツリ貼られた制振材をすべて剥がして元のドアの状態に戻す作業から始めます。

・・・と、言うのは簡単ですがガッツリ貼られた制振材はそう簡単に剥がれないのです(汗)
この状態だとドア内部にもガッツリ貼られていることが予想されます。
剥がすだけで丸1日かかる事は間違いありません(汗)


DSC05222DSC05223
スピーカーはナカミチです。

DSC05224DSC05225
スピーカー周りにエプトシーラー吸音材が貼られているのですが、コーン紙のエッジ部分に張り付いている部分が多々あります(汗)

エッジ部分はスピーカーの音が鳴れば動く部分です。
ギターで例えると弦です。
ギターは弦が弾かれて音が鳴るのですが、弾かれて音が鳴っている弦に触れると音が止まります。

さすがにエッジ部分にエプトシーラーが触れていることによって音が止まるとまではなりませんが、これが貼りついている事自体問題ですね。

実は残念ながらこの状況は他店でスピーカー交換済みの車を施工するときに、結構な確率で見受けられるのです。
良い音にするためにスピーカーを交換するはずなのにこんなことしてたら本末転倒ですね。

DSC05241DSC05242
DSC05244
助手席側もガッツリ引っ付いていました(汗)

DSC05245DSC05247
慎重にエプトシーラーを剥がしてようやくスピーカーを外すことが出来ました。

ここで今回リニューアルすることとなった新たな改善点が発覚するのです!!

DSC05248
当時製作されたインナーバッフルですが防水加工が全く施されていません。
使用されているMDFボードは水が染み込みやすく、スピーカー開口部のような切り口面は特に水が浸透しやすいです。

ドア内部は雨が降ったり洗車をしたりすると水浸しになります。
車種によりけりですがインナーバッフルの下の面にも水がかかります。
MDFは水が浸透すると高野豆腐のようにふにゃふにゃになります。
ふにゃふにゃのバッフルボードにスピーカーが固定されている状態となり、当然音にも影響が出てきます。

写真ではあまり解りませんが手で触ると下の部分は明らかに高野豆腐と化していました(汗)

DSC05284
応急処置としてコーキングを塗っておきましたのでこれ以上の進行は防ぐことはできますが、既に高野豆腐状態になっているのでスピーカーが活かせていない状態は改善できません。

という経緯で今回スーパーインナーバッフルへリニューアルする事となりました!!


DSC05249DSC05250
インナーパネルの制振材を剥がしたところです。
まだ制振材の糊がべっとりと残っています(汗)
これを除去するのが大変なんです(汗)

DSC05252
で、予想通りドア内部にもガッツリと制振材が貼られていました(汗)
これを剥がすときはヘラをつかって地道に剥がしていくのですが、場所によってはヘラが入らないところもあってインナーパネル部分よりも非常に剥がしにくいのです。

DSC05256DSC05254
赤外線でドアを温めて制振材のブチルを柔らかくして剥がしていきます。

DSC05255DSC05257
表面のアルミ部分は剥がれてもこのようにブチルが残ります。
これを除去するのがまた大変なんです(滝汗)
地道に根気よく剥がしていくしか方法がありません。

DSC05259DSC05260
数時間かけてようやく綺麗に剥がれました!!
予想通り剥がすだけで丸1日かかりました(汗)

それも想定して1泊2日のお預りなのでスーパ―デッドニング施工は翌日からスタートです!!


長くなったので続きはまた明日〜(*^^*)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール