デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

DLS

シトロエン C4ピカソ、スーパーインナーバッフル制作とDLSスピーカー交換、その他もろもろ完成しました!!

先週から約10日間ほどお預かりさせて頂いていたシトロエンC4ピカソ。

DSC05756
本日無事にオーナー様の元へ!!

今回施工させていただいた内容は、フロントスピーカーをアライブ定番のこちらに交換。

DSC05758DSC05760
DLS RCS6.2

リアスピーカーも交換しました。
同じくDLSのコアキシャルタイプのこちらに交換。

DSC05759DSC05761
DLS M226

もちろんただ単に交換するのではなくそれぞれのユニットのクオリティーを活かすための重要な施工法、「スーパーインナーバッフル」と「スーパーチューニング」とセットです。

ちなみにスーパーデッドニングは先月施工済みです。

DSC05767DSC05769
もちろんフロント&リア同時施工です。

DSC05768
その時すでにスピーカーはカロッツェリアに交換済みでしたが、この度スピーカーも施工法もグレードアップです。


と、このまま施工詳細をアップしたいところなのですが・・・

DSC05921
夕方から入れ替わりでこちらのお車が入庫して待機しているので要所要所だけでご勘弁をm(_ _)m


まずはスーパーインナーバッフルです。

DSC05790DSC05791
内張り内クリアランスとドア内部奥行き等を、ミリ単位で計測して最適なバッフルの厚みを決めます。

DSC05795DSC05798
ドアの接地面の凹凸の形状に合わせて現物合わせで削っていきます。

DSC05799DSC05800
インナーバッフルを固定するための鬼目ナットを打ち込む穴位置を決めます。

DSC05805DSC05806
ドア側にも穴位置をケガきます。

DSC05809DSC05812
鉄板をカットするにあたり鉄粉が飛び散らないようにドア内部と周辺をしっかりと養生します。
特にドア内部は入念にしておかないと鉄粉が入り込んでドア内部がサビだらけになってしまいます。

DSC05814
まずはエアーソーで大まかにカットしていきます。

DSC05815
続いてベルトサンダーでライン上まで削っていきます。

DSC05818DSC05819
最後は手作業でバリ取りをして仕上げます。

DSC05821
錆止め塗装をします。

DSC05826DSC05827
スーパーインナーバッフルの角を落として形は完成です。

DSC05828DSC05829
制振塗料ダイポルギーを塗り込みます。
防水効果と余計な共鳴を防ぎます。

DSC05835DSC05836
鬼目ナットを打ち込みます。

DSC05839DSC05840
スーパーインナーバッフル完成です。

DSC05841DSC05842
ドアの接地面にコーキングを塗って密着性を高めます。

DSC05843DSC05850
ステンレスキャップボルトでドア内部からしっかりと固定します。

DSC05851
ドア内部側のテーパー面にはコーキングを塗ってより防水効果を高めます。

DSC05884DSC05885
スピーカーもボルトでしっかりと固定するのですが、スピーカーの振動で緩まないようにロックタイトを添付。

DSC05896DSC05897
フロントドア完成!!

DSC05901DSC05902
リアドア完成!!

DSC05858DSC05863
パッシブネットワークはセカンドシート足元の小物入れの中へ。

DSC05865DSC05868
スピーカーケーブルをナビ裏からパッシブネットワーク、各ドアへワイヤリング。

DSC05875
専用ボードを制作して設置します。

DSC05879DSC05880
パッシブネットワーク設置完成!!


続いて、内張り裏に施工するスーパーチューニングです。

DSC05783DSC05784
制振塗料ダイポルギーを塗る前に特殊なペーパーで傷をつけて密着性を高めます。

DSC05785DSC05786
何回かに分けてしっかりと塗り込みます。

DSC05787DSC05788
一回塗って乾燥させます。

DSC05830DSC05831
二回目、たっぷり塗り込んでしっかり乾燥させます。

DSC05888DSC05889
しっかり乾燥しました。

DSC05892
要所要所に吸音材を貼り付けて完成です!!


DSC05904DSC05906
ツィーターは純正位置へ。
純正ツィーターの枠を加工して取り付けます。

DSC05910DSC05909
ツィーター設置完成です!!


最後にサウンドセッティング。

DSC05912DSC05914
と言ってもアライブサウンドではスーパーシリーズの施工法で確実な音創りをするので、イコライザーやタイムアライメントは基本的にすべてOFFです。

DSC05916
この項目は使います。
フロントスピーカーを基準として前後スピーカーの最適なバランス調整を行います。
どこの座席に座っても前後スピーカーの音が一つに纏まるように調整します。

DSC05917DSC05918
タイトで心地の良い低音域を出しつつ中音域の音抜けを良くするためにクロスオーバー調整を使用します。
これらは全て聴感で調整します。


以上ですべて完成です!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



シトロエン グランドC4ピカソ DLSスピーカーに交換。

ご無沙汰しております。

ブログの更新が途絶えている時はめちゃくちゃ暇か、逆にアップする余裕がない状況のどちらかなのですが後者の方です(汗)

約1週間前からこちらのお車が入庫しております。

DSC05315
シトロエン グランドC4ピカソ

先月スーパーデッドニングの施工をさせて頂いたばかりなのですが、早速ステップアップでDLSスピーカーに交換で今回お預かりさせていただいております。

もちろんスピーカーユニットのクオリティーを活かすために重要な施工法、「スーパーインナーバッフル」や「スーパーチューニング」等々のフルメニューです。

しかし国産車と違い、しかもスピーカー交換もお初で内装を外すだけでも勝手が違うので一苦労で、ブログを更新する余裕すらないくらい四苦八苦しております(汗)

という状況ですがインスタだけでもご覧くださいませ!!



ではまだまだ続き頑張ってまいります!!
と、その前におなか空いたので晩ご飯食べます(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



新型レヴォーグにDLSスピーカー「RCS6.2」取付。大阪より

今週は新型レヴォーグが入庫しております。

DSC05023DSC05024
納車ほやほやの新車です。
渋いですね!!

DSC05027
大阪市よりお越し頂きました。

こちらのオーナー様は約2年前に同じレヴォーグで、純正スピーカーにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工をさせて頂いたリピーター様です。

今回新型に乗り換えられ、以前から気になっていたDLSのRCS6.2を納車と同時に取付のご依頼です。

DSC05032DSC05033

もちろん重要な施工法は・・・
以上のフルメニューでRCS6.2のスピーカークオリティーを発揮させます。
約1週間のお預りです。

オーナー様もご覧になっていたレヴォーグのスーパーインナーバッフル製作過程は、以下をご参照ください。

DSC05025
ナビの画面が大きくなっています。

まずはリアドアのスーパーリアデッドニングの施行から始めます。

DSC05031DSC05029
DSC05047DSC05041
リアドアのスピーカーは純正スピーカーのままで交換はしません。

DSC05062DSC05052
アウターパネルの響きを制振材を利用してベース音の余韻が奏でるようにコントロールしていきます。

DSC05073
スピーカーの背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。

DSC05072DSC05075
剥がれない様に予め耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC05074
ゴム質の制振材をサービスホールの穴の大きさにカットします。

DSC05071DSC05078
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて剥がれない様にしておきます。
ヒートガンで温めながら貼り付けていきます。

DSC05079DSC05077
スピーカーを取り付けてここから実際に音楽を鳴らします。

DSC05084DSC05081
インナーパネルの響きを音楽全体のバランスが整うように制振材を利用してコントロールしていき完成です。


続いてスピーカーケーブル交換の工程へ進みます。

その詳細はまた次回!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール