兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • 今日から4月、新年度スタートです!!
    2024年04月01日ブログねた

    アライブのメインサイト、リニューアルが完成しました!!

    記事を読む

  • ALPINE(アルピーヌ) A110S 純正フォーカルスピーカーに、スーパーデッドニング施工。
    2024年03月31日● スーパーデッドニングALPINE

    アルピーヌA110S 純正フォーカルスピーカーに、スーパーデッドニング施工です。

    記事を読む

  • ロードスターRF 純正BOSEシステムにスーパーデッドニング施工、和歌山県より
    2024年03月27日● スーパーデッドニングロードスターRF

    和歌山県よりお越しのロードスターRF、純正BOSEシステムにスーパーデッドニング施工のご紹介

    記事を読む

  • 【お客様の声】40アルファードにスーパーデッドニング施工。
    2024年03月15日◆お客様の声(レヴュー)アルファード(40型)

    【お客様の声】40アルファードにスーパーデッドニング施工です。

    記事を読む

愛知県からお越しのオデッセイに、スーパーデッドニング施工。

ゴールデンウィーク初日の昨日はこちらのお車が入庫でした。

DSC_9609
オデッセイです。
こちらのオーナー様は今まで何台か施工させていただいたリピーター様です。

DSC_9611
そして毎度毎度、愛知県よりお越しいただいております。
遠路はるばるありがとうございます。



今回ご依頼いただいた施工内容は、オーナー様にとっては毎度の定番メニューのスーパーデッドニングです(笑)



DSC_9612
オーディオは全て純正。


DSC_9614DSC_9616
内張り外します。

DSC_9617
純正スピーカー。

DSC_9619DSC_9620
ビニールを取っ払います。
ビニールを固定しているホンダ車特有の、のび〜るブチルがなかなかの曲者で、取り除くのに少々時間を要します。


DSC_9623DSC_9622
ドア内部を丁寧に脱し処理した後、ポイント部分に制振材を貼り付けしっかりと押さえつけていきます。
ドアの鉄板特有の余計な響きを消しつつ、ベース音の心地よい音が出るように響きを整えていきます。


DSC_9630
スピーカー背面部分に吸音材を貼り付けて余計な反射音を防ぎます。

DSC_9631DSC_9633
耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化した後、貼り付けます。

DSC_9629DSC_9632
ゴム質の制振材をサービスホールの大きさにカットします。
サービスホールの淵に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC_9634
サービスホールを塞いで純正スピーカーを取り付けます。

ここから実際に音楽を鳴らしてインナーパネルの響きを整えていきます。

DSC_9635
インナーパネルに手を触れて響きを感じ取りながら制振材を貼るポイントを探ります。

DSC_9636DSC_9637
あえて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んで、ポイント部分に貼り付けます。
貼った後はヘラでしっかりと押さえつけます。

この一連の工程を動画に撮ってみましたのでご覧ください。



この工程を繰り返していき・・・

DSC_9642DSC_9639
完成です!!




全て完成後の音を収録してみました。






施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

2024年 ゴールデンウィーク営業のお知らせ

みなさまこんにちは(^^)
毎度のご無沙汰です^^;

相変わらずの超多忙で感謝感謝でございます。
ありがとうございます。


そうこうしている間にゴールデンウィークが近づいてまいりました!!
今日から突入の方もいらっしゃいますね。

DSC00006DSC00018


という事でゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせと予約状況です。

毎度のことながら5月6日までは通常営業しております。
期間中の施工予約状況ですが、残念ながら全て予約で埋まっております。

現時点での5月の空き状況は、16日(木)、17日(金)、20日(月)〜25日(土)、27日(月)〜
がご予約可能です。

しかし日程が確定していないお問い合わせのお客様も多数いらっしゃいますので、この日程もすぐに埋まってしまうと思いますので予めご了承ください。


という事で本日もよろしくお願いいたします。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

【お客様の声】ロードスターRFにスーパーデッドニング施工のお客様より施工後の感想メールいただきました。

DSC_5788
スーパーデッドニング施工をさせていただいたオーナー様から、施工後のレヴューを頂きましたのでご紹介いたします。

施工内容の詳細はこちらをご覧ください。


ーーーーーーーーーーーー
アライブ 原田様。

こんばんは。
本日、スーパーデッドニング施工のお世話になりました〇〇です。

堪能しながら帰りました♪
素晴らしいの一言です!

今までは楽器やヴォーカルがボヤッとしたり籠ったようだったり、特に低音域がボワンとしていましたが、スーパーデッドニングを施工していただき、色々な楽器やヴォーカルの輪郭がハッキリし今まで聞こえなかった楽器の音まで聞こえるようになり、低音域のキレも良くなりました。

あと、音量を上げていったときの音の崩れが無いのに驚きました。
音量を大きめに上げても煩くないですね♪

ドライブがもっと楽しくなりました。
本当にありがとうございました。

次はスーパーチューニングもお願いしたくなりました。
今後とも宜しくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーー

こちらこそありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

マツダ ロードスターRF スーパーデッドニング施工アルバムスライドショー

先日スーパーデッドニング施工の紹介をさせていただいたロードスターRF。



施工アルバムのスライドショーを作ってみました!!
ご覧ください。



-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

今日から4月、新年度スタートです!!

みなさまこんにちは〜(^^♪
今日から4月、ようやく暖かくなってきましたね。

そして新年度のスタートですね。

新年度という事でお知らせです。
と言っても、そんな大した事でもないのですが・・・(^^ゞ


長年ほったらかしにしていたアライブのメインサイトが、ようやく形になりました!!

alivesounds.com_



細かい所はまだまだ未完成ですが、徐々に進化していきますのでお楽しみに!!


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ALPINE(アルピーヌ) A110S 純正フォーカルスピーカーに、スーパーデッドニング施工。

本日はこちらのお車のご紹介。

DSC_8660DSC_8672
ALPINE A110S

めちゃめちゃかっちょいいです!!
もちろんお初のお車ですが、現車を見るのも初めてです。

DSC_8674
ボディーはアルミ製、ルーフはカーボン製です。

DSC_8673
ウィングもカーボン!!


こちらのオーナー様は今まで何台も施工させていただいているリピーター様です。
毎度ありがとうございます。

今回ご依頼いただいた施工内容は、もちろん「スーパーデッドニング」です。


DSC_8664
オーディオは全て純正です。

DSC_8666DSC_8667
フランス車なので純正スピーカーもフランスのスピーカーメーカー「FOCAL」です。


DSC_8665DSC_8675
内バリ外します。


DSC_8676DSC_8685
純正ですが市販品のユニットのような見た目ですね。

DSC_8686DSC_8687
作りもしっかりとしていて、そしてMADE IN FRANCEです。


DSC_8688
ドア内部を丁寧に掃除&脱脂処理。


DSC_8694DSC_8696
アウターパネルのポイント部分に制振材を貼り付けしっかりと押さえつけます。

DSC_8697DSC_8699
スピーカー裏の鉄板部分に吸音材を貼って余計な反射音を防ぎます。


DSC_8704
スピーカーを取り付け、サービスホールを塞いであった発泡状のカバーを元に戻します。

ここから音楽を鳴らします。

DSC_8705DSC_8706
音楽を鳴らすとドアのインナーパネルにスピーカーからの振動が伝わります。
インナーパネルに手を触れて響きを感じ取り、制振材を貼るポイントを探ります。


DSC_8707DSC_8708
ポイント部分に制振材を貼り付け、ヘラでしっかりと押さえつけていきます。

DSC_8709
そして次のポイントを探り・・・


DSC_8710
完成です!!

DSC_8713
助手席側も同様に施工していき完成です。


ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

 

ロードスターRF 純正BOSEシステムにスーパーデッドニング施工、和歌山県より

おはようございます(^ ^)
またまたご無沙汰です(^^;;

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_5788
ロードスターRFです。
色が渋い!!
やっぱりロードスターはかっちょいいですね!!


DSC_5817
こちらのオーナー様は和歌山県よりお越しいただきました。
遠路はるばるありがとうございます。


ご依頼いただいた施工内容はアライブ定番人気メニュー「スーパーデッドニング」です。

DSC_5793DSC_5792
オーディオは純正BOSEシステムです。


DSC_5797DSC_5798
純正BOSEスピーカー


DSC_5800DSC_5801
内バリ裏。
吸音材等何も入っていません。

将来的には「スーパーチューニング」を施工していただけると、BOSEスピーカーのクオリティーがより発揮できます。

※ スーパーチューニングについてはこちらをご覧ください。



DSC_5808DSC_5809
純正BOSE、標準の純正スピーカーよりも造りはしっかりしていますね。

しかし、このスピーカーが装着されているドア自体が、ペラペラの鉄板で出来ているスピーカーボックスとしてはあり得ない環境で鳴っています。

このペラペラのドアにスピーカーの振動が伝わり、余計な響きを出しまくって結果的にスピーカー本来のクオリティーを下げている一番の原因なのです。

「やっぱり純正スピーカーはダメだ」と決め着けていませんか?

このドアの響きを改善しなければ、いくら高価なスピーカーに変えても余計な響きを出しまくるドアがスピーカーのクオリティーを下げてしまいます。
せっかくの高価なスピーカーが勿体無いですね。

逆に言えば、安価な純正スピーカーでもスピーカーのクオリティーを下げている原因のドアの響きを改善すると純正スピーカー本来のサウンドが蘇り、

「えっ!?これ純正スピーカー!?」
「今まで鳴ってなかった音が鳴ってる!?」
「スピーカー変えたみたい!!」
「純正スピーカーでもこんな音出るんや!!」

ってなります(笑)

施工後にこのような声をたくさんいただいています。



これがカーオーディオの概念にとらわれず、「車のスピーカーは楽器の音を鳴らす楽器だ」という独自の発想から考案した「スーパーデッドニング」です。


てな感じで次行きます。

DSC_5814
まずはアウターパネル側の施工から。

ドア内部の汚れ等を取り除きます。

DSC_5819DSC_5820
車が新しいのでそんなに汚れはありませんが、脂分などもあるのでこの工程を怠ることはできません。


DSC_5822DSC_5823
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩き指先に伝わる響きと音を感じ取りながら、制振材を貼るポイントを探ります。

敢えて適当な大きさにカットしてある制振材の中から最適なものを選びます。

DSC_5824DSC_5825
探ったポイント部分に貼っていきます。
制振材をさらにカットして響きを微調整していきます。

最初は「ビンビン」と鉄板特有の音がしていたのが、徐々に変化していき「ボンッボンッ」と太鼓を叩いているような余韻が出る響きに変わります。

この調整しアウターパネルの響きによって、音楽を聴いていて心地よく感じるベース音の余韻を奏でるのです。

「ボディー(ドア)自体がいい響きを奏でる」正しく楽器ですね。


DSC_5826DSC_5827
貼り終えた制振材をヘラでしっかりと押さえつけていきます。
結構地道な作業ですが、この地道な工程の積み重ねが出てくるサウンドに影響してくるのです。

DSC_5833DSC_5832
助手席側も同様に施工していきます。


DSC_5837DSC_5838
スピーカー背面の鉄板部分に吸音材を貼り付けます。
スピーカー裏から出る音の反射を防ぎます。
耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC_5839
貼りました。


DSC_5841
スピーカーとパネルを元に戻します。
ここから実際に音楽を鳴らします。

音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わります。
ボリュームを上げればあげるほどインナーパネルに伝わる響きが大きくなります。

実はこのインナーパネルの響きがスピーカー本来のクオリティーを下げている一番の原因です。

ボリュームを上げていくと音が潰れて歪んだように感じると思います。
ただただうるさいだけで、ボーカルや各楽器の音も埋もれてしまってとても聞いてられない音になりますね。

そこで思うことが「やっぱり純正スピーカーはダメだ!!」となりますね(笑)

そしてスピーカーを「どうせなら高いやつがいいだろう」と交換して、結果・・・
「あれ??、なんか違う??」
「やっぱり外部アンプ、DSPプロセッサーが必要やなぁ」

そして・・・

「あれ??なんで??」

という感じで沼にハマっていくのです(笑)

カーオーディオ(特にスピーカー部分)は未完成なオーディオシステムです。
各パーツを組み合わせて良い音を目指すのですが、車というオーディオにとっては最悪な環境の中、単純にパーツを組み合わせるだけでは良い音にはなりません。

物ばかりに目がいってると、どんどん沼にハマりお金だけが飛んでいきます。
恐ろしいですね(>人<;)

物選びも大事ですが、それらを活かし切る施工法がもっと大事なのです。
その中でもスピーカー部分は音が出る一番重要な部分で、しかもドアがスピーカーにとって最悪な環境なので、ただ取り付けるだけでは本来のサウンドを出すことはできません。

アライブのスーパーデッドニングを基盤とする各施工法は、物を活かすことを最優先に考案した施工法です。


と、話を施行に戻しまして^^;

DSC_5842DSC_5843
インナーパネルに手を触れて響きを感じ取り制振材を貼るポイントを探ります。

DSC_5844DSC_5845
ポイント部分に制振材を貼ってヘラでしっかりと押さえつけていきます。

DSC_5846
そして次のポイントを探ります。
これを繰り返していき・・・

DSC_5847
完成です!!

DSC_5852
運転席側も同様に施工していき完成です。

DSC_5855
最後にサウンド調整。
と言っても全てフラットです!!

スーパーデッドニングで根本の響きを改善して音作りをしているので余計な調整は必要なくなります。
調整で作った音ではないのでどんなジャンルでも良い音で聴けますし、音楽に限らずラジオやテレビの音も聞きやすくなります。


ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

【お客様の声】40アルファードにスーパーデッドニング施工。

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_7647
40アルファードです。
最近、40アルファード&ヴェルファイアの入庫がじわじわと増えてきてます。

こちらのオーナー様はアースシェイカーつながりのバンド仲間(ドラマーさん)で、10年ぶりくらいの再会です(笑)

今回新車購入を気に以前からずっとやりたかった念願の「スーパーデッドニング」のご依頼です。


DSC_7649
オーディオは純正です。

DSC_7650DSC_7652
スピーカーも純正。

ここからの工程の詳細は、以前アップした40アルファードの記事をご参照ください。



そして・・・

DSC_7691DSC_7686
完成!!


お車お引き渡し後、早速感動のLINEが入ってきました!!
感動具合がわかりやすいので、LINEの内容をスクショでご紹介します(笑)

IMG_3812

率直なレヴューありがとうございました。

その他今までにも沢山の施工後のレヴューを頂いていますので是非ご覧ください。



-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒651-2116
兵庫県神戸市西区南別府
4丁目38-2

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます