兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

アバルト124スパイダー、スーパーインナーバッフル完成!!

アバルト124スパイダー、スーパーインナーバッフル完成しました!!

毎度のことながらインスタ記事流用です(^-^;


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------
施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

大寒波!!こんなに雪がつもりました!!

昨日の夕方から雪が降り始めたのですが、ここは風が吹き抜けるので一時期は吹雪のようになってました。

みるみるうちに積もって今朝はこんな感じです(^.^)

DSC_2013DSC_2010

元々この辺りでは積もる事自体が珍しいのですが、こんなに積もったのはいつ以来か覚えてないくらいの状態です。

DSC_2019DSC_2022

そしてめちゃめちゃ寒い(>_<)

DSC_2023

今日は閉店ガラガラで引きこもって作業します(笑)

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

カテゴリ

アバルト124スパイダー、スーパーインナーバッフル制作、つづき

アバルト124スパイダー、スーパーインナーバッフル制作のつづきです(^.^)

またまた時間ないのでインスタ記事流用!!


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

アバルト124スパイダー、スーパーインナーバッフル制作

アバルト124スパイダー、スーパーインナーバッフル制作です。

時間ないのでインスタ記事流用(笑)


つづき


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

アバルト124スパイダー、ツィーターAピラー埋込加工

現在お預かり中のアバルト124スパイダー。
ツィーターAピラー埋込加工完成しました。

DSC_1847
ツィーター固定用のリングを制作。

DSC_1848DSC_1849
Aピラーを車両に取り付けて運転席に座り、固定リングを左右それぞれ最適な位置角度に固定します。

DSC_1850DSC_1856
パテを盛って成形していきます。

DSC_1858DSC_1859
1回では成形できませんので、何回か盛っては削りを繰り返しながら成形していきます。

DSC_1860DSC_1861
はじめは工具を使って粗削りしていきますが、最終工程では手作業で自然なラインを成形していきます。


DSC_1863DSC_1865
成形ができたら制振塗料ダイポルギーを塗り込んでいきます。
乾燥させながら何回かに分けてしっかりと塗り込みます。

これにより車体から伝わるAピラー自体の共振を防ぐことができます。
非常に細かな振動によって音を奏でるツィーターが、共振しまくっているAピラーに装着されていると悪影響を及ぼされることは明確ですね。

車のスピーカーが装着されている環境はスピーカー本来のクオリティーを下げてしまう要素が多々あります。
高価なスピーカーに交換してもそのような悪影響を及ぼす環境の状態のままでは、本来のクオリティーを発揮できないので非常にもったいないですね。

ほんとにそんなことする必要あるの?
って思われるかもしれませんが、このような細かな改善策の積み重ねがサウンドに現れるのです。
特に高価なスピーカーになればなるほど重要ですね。


そのダイポルギーをしっかりと乾燥させると表面が凸凹になります。

DSC_1867DSC_1869
この状態でレザー貼りをすると凸凹が目立つのでペーパーで凸凹を削ります。

DSC_1870
身体に悪そうなダイポルギーの削りかすを洗い流します(笑)

水分をしっかりと乾燥させます。


DSC_1874DSC_1875
そしてAピラー埋込加工工程の中で一番緊張するレザー貼りです。
ヒートガンで温めながらシワにならないように貼り付けていきます。

DSC_1877
無事に貼り終えました!!

DSC_1879DSC_1880
ツィーターを取り付けます。

DSC_1881
裏側にはシンサレート吸音材を装着。
これもツィーターに悪影響を及ぼす要素を改善する策です。


DSC_1884DSC_1883
車両に取り付けて完成です。


次はスーパーインナーバッフルの製作へ突入です!!

ではまた〜

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

アバルト124スパイダー、アライブフルメニュー「スーパー4点セット」施工です

DSC_1794
先日よりアバルト124スパイダー入庫しております。

DSC_1797DSC_1798
フルバケ、ロールバーも入ってサーキットも走れる仕様です。
オーナー様曰く、足廻りやエンジン、外装等々、まだまだ手を加えていく予定だそうです。

完成後の姿を見てみたいですね。


今回ご依頼いただいた施工内容は…
・スーパーデッドニング
・スーパーチューニング
・スーパーインナーバッフル
・ツィーターAピラー埋込加工
以上のスーパー4点セットです。

久々のアライブフルメニューの施工です。

装着するスピーカーはこちら。

DSC_1806DSC_1807
前車に装着していたお手持ちのブルームーンオーディオです。
そのフラッグシップモデルです。

エントリークラウスは聞いたことありますが、フラッグシップモデルは見るのも聴くのも初めてなのでどんなサウンドが出るのか楽しみでもあります。


まずはスピーカーケーブルのワイヤリング作業から。

DSC_1825
シートや内装類を取っ払います。

DSC_1833DSC_1834
この車の室内はめちゃめちゃ狭いので作業がやりにくいのですが、オープンにして左右シートを外すと逆にやりやすくなりますね(^O^)/

DSC_1836DSC_1835
パッシブネットワークは助手席背面の下のほうへ設置します。
正直ここくらいしか置くところありません。
ここでもシートを後ろまで下げると若干干渉する可能でいありますがここしかありません。


DSC_1841DSC_1842
専用ボードを制作して背面に取りつけ。

DSC_1845
パッシブネットワーク取付とスピーカーケーブルワイヤリング完成です。


続いてスーパーチューニング。




DSC_1811DSC_1814
内張り裏全面に制振塗料「ダイポルギー」を塗り込みます。
その前に密着性を高めるために足付けを行います。

DSC_1815
この地味な作業が重要なのです。

DSC_1817
まず1回目、刷毛で塗り広げていきます。

DSC_1818DSC_1819
しっかり乾燥させます。


とこんな感じで約1週間強のお預かりで施工していきます。

では今日はこの辺で。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

インプレッサスポーツ、スーパーチューニングF&R同時施工と、モスコニDSPアンプ サウンドセッティング

DSC_1642
インプレッサスポーツにスーパーチューニング・フロント&リア同時施工のご紹介です。

※ スーパーチューニングについてはこちらをご覧ください。



ブログにはアップしていませんが、既に「スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工」とモスコニDSPアンプ取付済みです。

DSC_0175DSC_0247

また時間があればアップするかも・・・(^-^;


DSC_1646DSC_1647
施工済みのスーパ―デッドニング。
スピーカーは純正オプションのパナソニック製です。


DSC_1650DSC_1651
ドア内張り裏側です。

DSC_1652DSC_1653
裏側全面に制振塗料「ダイポルギー」を塗り込むのですが、密着性を高めるために足付けをします。
この様な地味な下地処理が重要です。

DSC_1656
1回目を塗り込みます。

DSC_1657
しっかりと乾燥させた後、2回目を濃い目に塗り込んでいきます。

DSC_1667DSC_1666
たっぷりと塗り込んでしっかりと乾燥させます。
冬場はなかなか乾きませんので効率よく作業をすすめていきます。

DSC_1673DSC_1672
一晩おいてようやく乾きました。


DSC_1674
何種類かの吸音材を適材適所に貼っていきます。

DSC_1675DSC_1683
フロントドア完成です。
この吸音材を貼る作業ですが、一見単純な作業に見えますが結構時間がかかるのです。

DSC_1685DSC_1691
リアドアも完成!!
内張りを全てドアに取り付けます。

最後にDSPアンプのサウンドセッティングを行います。

DSC_1695
色々な曲を聴きながら数値に囚われすぎないように聴感でセッティングしていきます。




以上で完成です!!

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

MAZDA CX-3 スーパーデッドニング&スーパーチューニング・フロント&リア同時施工完成

新年一発目のお車、CX-3完成です!!




DSC_1521DSC_1523
アウターパネルの施工が完成した後、樹脂パネルとスピーカーを取り付けます。
実際に音楽を鳴らしてインナーパネルの響きを整えていきます。

DSC_1524DSC_1525
手を触れてインナーパネルの響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。
制振材を貼った後、ヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC_1526
これを繰り返していき・・・

DSC_1528
完成です!!


続いて内張り裏に施工する「スーパーチューニング」の施工です。


DSC_1510DSC_1511
内張り裏全面に制振塗料「ダイポルギー」を塗り込むために足付けをします。

DSC_1512DSC_1513
まず一回目を満遍なく塗っていきます。

DSC_1518
ある程度乾燥させた後、二回目を濃い目に塗り込んでいきます。

DSC_1515
しっかりと乾燥させます。
冬場はなかなか乾かないので遠赤ヒーターやストーブを使って乾燥させます。

DSC_1545DSC_1546
乾燥後、多種多様の吸音材を適材適所に貼り付けていきます。

DSC_1554DSC_1555
リアドアも同様に施工していきます。


以上ですべて完成です。
ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒651-2116
兵庫県神戸市西区南別府
4丁目38-2

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます