兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • 1月14日(金) 臨時休業のお知らせ
    2022年01月14日お知らせ

    1月14日(金)、臨時休業のお知らせ

    記事を読む

  • 【お客様の声】アルファードのお客様より施行後のご感想メールを頂きました。
    2022年01月13日◆お客様の声(レヴュー)アルファード(30型)

    アルファードのお客様よりスーパーデッドニング施工後のご感想メールを頂きました。

    記事を読む

  • 2022年 あけましておめでとうございます。
    2022年01月01日年末年始のご挨拶

    新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。

    記事を読む

  • 2021年、年末のごあいさつ。
    2021年12月31日年末年始のご挨拶

    2021年、年末のごあいさつ。

    記事を読む

  • 2021年最後のお仕事、レクサスUX終了しました。
    2021年12月30日UX250h車内静音対策

    2021年最後のお仕事、レクサスUXにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工と、ロードノイズ対策が完成しました。

    記事を読む

  • 【お客様の声】エルグランドのお客様より施工後のご感想メール頂きました。
    2021年12月28日◆お客様の声(レヴュー)エルグランド

    お客様の声、長野県よりお越し頂いたエルグランド。 スーパーデッドニング施工後のご感想メールを頂きました。

    記事を読む

1月14日(金) 臨時休業のお知らせ

本日1月14日(金)は定期的に通院している神戸アイセンターへ行きますので、誠に勝手ながら臨時休業させて頂きます。

IMG_0110


今日はいつもの定期検診ではなく造影検査を行う予定です。


通院し初めのころにやった検査ですが2年半ほど経つので現状を調べるために行います。

zouei01
腕の血管から造影剤を入れて眼底の血管の写真を撮ります。

zouei02
血管から血液か何かわかりませんが液が漏れてるのですが、どこからどのように漏れているかを調べる検査です。

痛みは点滴の注射針を打つときくらいだったかな?
あまり記憶にないですが、検査後のおしっこが蛍光グリーンになるのははっきりと覚えています(笑)

という事で誠に勝手いたしますがよろしくお願いいたします。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

【お客様の声】アルファードのお客様より施行後のご感想メールを頂きました。

DSC00566

先日スーパーデッドニングの施工をさせて頂いたアルファードのお客様。


早速、施工後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

**********************************
原田様

今日は本当にありがとうございました!!
帰り道、一人ですごいわぁーすごいわぁー!
と独り言を言い続けていました!!
全く別物になっていました(笑)

あのボワァーンと不快でしかない低音域が硬く締まって、定位置にハマったような感じです。
そして、ツイーターからスピーカー本体の繋がりが、本当に自然で分かれ目がありません。

中高音域あたりのボーカルの音も本当に声として聴くことができました!!

スーパーデッドニング前ではただ全体的に流れている音という感じだったんですが、純正とは思えないメリハリと、迫力に感動しました。
もっともっと聴いていたいと思える音になり、無駄に車に乗りたくなるぐらいです(笑)

思い切ってお願いして本当に大正解でした!!

また欲が出たらすぐに連絡しますね!!(笑)

今後ともよろしくお願いいたします(*^^*)

**********************************


とても解りやすい率直なご感想ありがとうございました。
次のシステムアップが楽しみですね(笑)

今後ともよろしくお願いいたします。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

スーパーデッドニングの価格は66,000円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング 

2022年初施工、アルファードにスーパーデッドニング施工です。

本日より2022年の営業開始です。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

2022年一発目のお車はこちら。

DSC00566
アルファードです。
先月納車されたばかりのピッカピカの新車です。

ご依頼いただいた施工内容は、ど定番メニューの「スーパーデッドニング」です!!

DSC00568
オーディオはディスプレイオーディオ。

DSC00569DSC00572
スピーカーは純正です。

DSC00573
純正スピーカー。


まずは純正スピーカーの取り外し。

DSC00574
トヨタ車特有のリベットで固定されています。
このリベットをドリルで取り外します。

DSC00576DSC00577
削りカスが飛び散らないように養生してから行います。

DSC00578
スピーカーが外れました。

DSC00580DSC00581
スピーカーの取付と取り外しが容易に出来るようにナットリベットを埋め込みます。


DSC00579DSC00582
ナットリベットがはまる大きさに穴を広げます。

DSC00583
錆止めを塗ります。
乾かしている間に次の工程へ。

DSC00584DSC00585
純正スピーカーです。


DSC00586DSC00587
アウターパネル裏を丁寧に脱脂処理。

DSC00589DSC00590
アウターパネル裏を叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。
敢えて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC00591DSC00592
制振材を細かくカットして響きを微調整していきます。

DSC00594DSC00595
ヘラでしっかりと押さえ付けて行きます。

DSC00597DSC00598
押さえ漏れの無いように全てしっかりと押さえていきます。


DSC00602DSC00603
吸音材をスピーカーの背圧があたる部分に貼り付けます。
貼る面に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC00607
スピーカー裏から出る音の反射音を防ぐ効果があります。

DSC00604DSC00605
ナットリベットを埋め込みます。

DSC00606
ボルトでスピーカーを固定できるようになります。
取外しも容易です。


DSC00608DSC00609
サービスホールをゴム質の制振材で塞ぎます。
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化して剥がれにくくします。

DSC00610
ヒートガンで温めながら貼っていきます。


DSC00611
スピーカーを取り付けます。
ここから実際に音楽を鳴らします。

DSC00612
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わります。
インナーパネルに手を触れて振動を感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC00613DSC00614
最適な大きさの制振材を選んでポイント部分に貼り付けます。
ヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00615DSC00616
これを繰り返していきます。

DSC00618
これで完成です。

DSC00641
最後に前後バランスを最適な位置に合わせてすべて完成です。

ありがとうございました。

スーパーデッドニングの価格は66,000円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

2022年 あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

001

昨年も沢山の方々にアライブサウンドをご愛顧いただき
本当にありがとうございました。

2022年もアライブサウンドの拘りにブレることなく
邁進していきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

2021年、年末のごあいさつ。

残すところあと約12時間で2021年が過ぎ去ろうとしています。
昨年の9月に現店舗に引っ越してから早くも2回目の年越しを迎えようとしています。

毎年思う事ですが、今年も1年が過ぎるのがあっという間でした。
年々1年が早くなっている気がします。

そもそも1日経つのが早く感じるので1年もあっという間ですね。
地球の自転が早くなっているのかもしれません(笑)



そんなこんなで2021年も非常に忙しい1年でした。
これも皆様のおかげです。
ありがとうございます。

こっちに移転してからは神戸市内の新規のお客様がかなり増えました。
住所が明石市から神戸市に変わった影響でしょうか?

神戸市と言っても西区と明石市の境に近い所なので、自分の感覚としてはそんなに変わらない気がするのですが(笑)

ただ車でご来店時の交通アクセスはかなり良くなったかと思います。
旧店舗の周辺はどこ通っても渋滞に巻き込まれるところだったので、その部分の影響も大きいかもしれませんね。



それとお客様の年齢層も高くなった気がします(笑)

僕と同世代50歳前後の方が一番多いのですが、最近は60歳代の方が多くなってきています。
70歳代のお客様もいらっしゃいますよ。

みなさまカーオーディオマニアではなく、純粋に音楽と車が好きな方ばかりです。
また楽器に携わっている方も非常に多いです。

僕自身もカーオーディオマニアではないですし、実際にギターをやっていてしジャンル問わず楽器の音色(響き)が好きなので、共感し合えて楽しいですし施工にも身が入ります。

ありがたい事です。


さて来年2022年も引き続きアライブの音つくりのスタイルを崩すことなく突き進んでいきます。

今年一年、本当にありがとうございました。
2022年もよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えくださいませ。


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

2021年最後のお仕事、レクサスUX終了しました。

先日からお預りのレクサスUX。

DSC00400

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工と、ラゲッジルーム内静音対策、全ての施工が終了しました。

と同時に2021年のお仕事も終了です!!


DSC00460
フロントドアのスーパ―デッドニング完成。

DSC00467
リアドアのスーパ―デッドニング完成。

DSC00550DSC00552
ダッシュボード上左右のミッドツィーター。

DSC00551
センタースピーカー。

DSC00557DSC00558
全て同じユニットです。

DSC00553DSC00554
スピーカーの下は筒抜け状態なのでプチチューニングを施します。

DSC00559
シンサレート吸音材をスピーカーの下側を包み込むように装着してプチエンクロージャーを作ります。

DSC00562DSC00560
左右スピーカー部分。

DSC00561
センター部分。

この効果で中音域の音に芯が出て明瞭になり、ドアスピーカーとの音の繋がりがよくなり、音全体の纏まりがよくなります。

スーパ―デッドニング関連の施工は以上で終了。


続いてラゲッジルームの施工です。

DSC00472DSC00475
リアシート、ラゲッジ内装を外します。

DSC00492
外したパーツ類です。


DSC00477DSC00476
左側に純正ウーファー。
立派なエンクロージャーに装着されています。

右側にバッテリー。

ラゲッジ下には吸音材がびっしりと敷き詰められています。
流石この辺りはレクサスですね。

この吸音材を外すと・・・

DSC00480
気持ち程度の制振はされていますが鉄板はベコベコ状態です(汗)
ロードノイズなどが伝わって共鳴しまくりそうな状態です。

DSC00482
リアシート下の半分にはハイブリッドのバッテリーが。
バッテリー部分は放熱性などシビアな部分でリスキーなので何も施しません。


まずはベコベコの鉄板部分の制振から。

DSC00498
制振材いっぱい貼ってます(笑)

DSC00500DSC00501
特にタイヤハウス上部のリアフェンダー部分は、もろにロードノイズで共鳴するところなので手が入る範囲内ですが重点的に対策を施します。

DSC00507DSC00508
そしてヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

静音対策でこの作業が一番大変な工程です(汗)
指先と腕が攣りそうになります(汗)

DSC00509DSC00511
しっかりと押さえました!!

DSC00512DSC00513
左側も。

DSC00514DSC00515
ココも、全て押さえました!!
頑張りました!!


次はリアフェンダー内の空洞部分に吸音材を装着。

DSC00518DSC00519
特殊ナイフで分厚い吸音材を適当な大きさにカット。

DSC00520
奥の方から詰め込んでいきます。

DSC00521DSC00522
こんな感じで詰め込みました。


DSC00493DSC00497
ウーファーですが、この箱の中が気になって仕方ないのでスピーカーを外してみました(笑)

DSC00527DSC00528
予想通り、吸音材などは全く入ってなく、ただの空洞です。

DSC00529
奥の方もこんな感じで空洞です。

この状態を見てしまったからには何もしないわけにはいきません(笑)

DSC00530DSC00531
適度に吸音材を入れてチューニング。

ウーファーボックスにはなっていますがプラスチック製で共鳴しまくりです。

DSC00532DSC00533
ボックスをデッドニング。

DSC00534DSC00535
制振と吸音効果のある特殊な吸音材を貼り付けました。


DSC00536DSC00540
ラゲッジ部分に遮音材を敷き詰めます。

DSC00537DSC00538
タイヤハウス部分に制振吸音材を装着。

DSC00542
この部分は立派な純正吸音材を再利用。


DSC00545DSC00546
リアシート下にはシンサレート吸音材を敷き詰めます。

DSC00525DSC00547
各内装パネル裏の装着上邪魔にならない部分に制振吸音材を貼り付けます。



DSC00473DSC00474
すべて元に戻して完成です。

ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

【お客様の声】エルグランドのお客様より施工後のご感想メール頂きました。

先日スーパーデッドニングの施工をさせて頂いたエルグランド。



オーナー様より施行後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

**************************************
こんにちは。

先日エルグランドのスーパーデッドニング施工をして頂いた長野県の○○です。

施工して頂いてから数日、聴くたびに心地良く聴こえてくる感じです。

今までなら低音域はイコライザーで強くして音量も上げないとしっかり聴こえませんでした。
しかし、そうすると他の音域が潰れてしまっていました。

それが施工して頂いてからはイコライザーはフラットで音量もそこまで上げなくても、しっかり低音域も聴こえ、他の音域も潰れる事なく綺麗なハーモニーを奏でてくれます!
気分により大音量で聴くこともありますけどね。

それとおまけ?の効果で、ドアを閉める時の音も高級感のある音になり、ロードノイズやエンジン音も低減されました。
静かすぎて今までの感覚で走るとスピードが出過ぎてしまい注意が必要ですが(汗)

とても素晴らしい施工をして頂き感謝しております!
ありがとうございました!

乗り換えの際はまたよろしくお願いします。

**************************************

遠路遥々お越し頂きありがとうございました。
 
>今までなら低音域はイコライザーで強くして音量も上げないとしっかり聴こえませんでした。
>しかし、そうすると他の音域が潰れてしまっていました。
>それが施工して頂いてからはイコライザーはフラットで音量もそこまで上げなくても、しっかり低音>域も聴こえ、他の音域も潰れる事なく綺麗なハーモニーを奏でてくれます!

スーパーデッドニング施工前と施工後の違いのこの部分、どの車にも言える事です。

他にも沢山のご感想メールを頂いています。



スーパーデッドニングの施工に迷っている方は、是非ご参考にしてみてください。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

スーパーデッドニングの価格は66,000円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング 

2021年最後のお車、レクサスUXにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工

本日は2021年ラスト施行のお車が入庫しております。

DSC00398
レクサスUXです。

先日施工した同車種の施工記事をご覧になってご予約いただきました。



ありがとうございます。


施工内容は「スーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工」と、ロードノイズが気になるという事で、リアシート下からラゲッジルーム内を重点としたロードノイズ対策(静音対策)も行います。

年末最終日までのお預かりですので、今年最後の施工のお車となります。


まずは「スーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工」から。

DSC00401DSC00407
フロントドア

DSC00402DSC00410
リアドア

DSC00405DSC00404
ダッシュボード上両サイドスピーカー部分もチューニングを施します。

DSC00406
センタースピーカー部分にも同様に施工します。


DSC00422DSC00423
純正スピーカーです。
右がフロント、左がリアです。

スピーカー交換はしません。
スーパ―デッドニング効果で本来の純正クオリティーを蘇らせます。

よく市販スピーカーと並べた見た目の比較で、
「純正スピーカーはこんなにマグネット小さいし、軽いし、良い音するはずがないでしょ!!」
と言ったブログを見かけますが、確かに見た目通り構造から材質から何もかもが純正はしょぼいです。

もちろん音(音色)も違います。
そもそも価格が違うので当然ですが・・・


このように物の良し悪しも、音質を突き詰めていけば重要ではあります。

が、車のスピーカーの場合はただ単に「高価なスピーカーに交換すれば良い音がする」とは限らないのです。


なぜなら音を悪くしている根本の原因は物の良し悪しではないからです。

音を悪くしている根本を改善しなければ、せっかくの高価なスピーカーのクオリティーを活かせられない事になってしまいます。
非常に勿体ないですね。


車のスピーカーの音を悪くしている根本の原因は「ドアの響き」です。

ペラペラの鉄板の響きまくるドアに、音が鳴れば振動が発生するスピーカーが装着されています。
試しにドアの外板パネルを軽くドアをノックするような感じでコンコンと叩いてみてください。
「ビンッ!!ビンッ!!」と鉄板特有の響きが出ますね。

軽くたたいただけでもこんなに響くドアに、振動の発生源であるスピーカーが装着されているのです。
ボリュームを上げれば上げるほどその振動が大きくなります。
振動がドアの鉄板に伝わり共鳴して鉄板の余計な響きが大きくなります。

高速道路を走行中に音楽を聴いていてボリュームを上げていくと、ある一定の音量になると音が潰れたようになり、ボーカルや楽器それぞれの音も聞き取りにくく、ただただうるさいだけの音になっていませんか?

ドアにスピーカーが装着されている車のほとんどがこのような現象になります。

これが純正スピーカーだと「やっぱり純正スピーカーは音が潰れてしまってダメだ」と純正スピーカーが原因だと思ってしまいます。

実は純正スピーカーが根本の原因(音色の良し悪しは別)ではなく「響きまくっているドア」が原因なのです。


その余計な響きを殺すのが通称「デッドニング」なのですが、アライブの音つくりの考え方は一般的なデッドニングとは違います。

響きまくるドアの特性を逆に利用します。


車のスピーカーはドアがスピーカーボックスのような役割となっていますが、余計な響きを出しまくって本来のスピーカーのクオリティーを下げるようなスピーカーボックスってありえませんね。

ホームオーディオの様なまともな音が鳴るスピーカーで、余計な響きが出まくるスピーカーボックスに装着されている物なんて絶対にありえません。
何故なら「良い音が鳴らない」からです。



そんな車のスピーカーの音を良くするにはどうすれば良いのか?

20年くらいまではこれでもかっていうくらいドアをガッチガチに固めるようなデッドニングをしていたこともありました。

その当時は当然高価なスピーカーに交換する事が前提でのデッドニングだったので音が変わって当然だし、それ以前にそもそも「高いスピーカーに変えてるのだから良い音がして当然」という強い固定観念がありました。

こんな話をしだすと長くなるので割愛しますが・・・(笑)



色々音つくりに対して試行錯誤していた時にふと気づきました。
響いて良い音が鳴るという物と言えば・・・

「楽器だ!!」

たまたま学生のころからギターをやっていた経験もありそこに気づく事が出来ました。


その時から「車のドアはスピーカーボックス」という考えから「車のスピーカーは楽器の音(音楽)を鳴らす楽器」という考えにシフトし、その考えをもとに「ドアは楽器のボディー」と見立て、カーオーディオという常識にとらわれない施工法を試行錯誤の上生みだしたのです。

それが「スーパーデッドニング」です。

ドアの響きを殺してしまうのではなく、余計な響きを殺しつつスピーカーのクオリティーを引き出す良い響きにチューニングしているのです。


施工方法としてはアウターパネル部分はドア内部から指先でコンコンと叩きながら響きを感じ取り、制振材を貼るポイントを探ります。

DSC00426
こんなふうに、お医者さんが背中をとんとんと叩くような感じで(笑)

DSC00427
敢えて適当な大きさにカットした制振材の中から最適な大きさの物を選んで、探ったポイント部分に貼り付けます。

DSC00428
この動作を繰り返していきます。

DSC00429
はじめは大まかに貼っていき、その後更に制振材を小さくカットしながら響きを微調整していきます。

DSC00430DSC00431
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。


各ドア全て同様に施工していきます。


ちなみに同じ車でも貼ってある位置は全く違います。
先日施工したレクサスUXの同じ場所がこちら。

DSC00032DSC00431
左が先日のUX、右が今回のUX。
違いますね。

「貼っている場所が違うから音も違うんじゃないの!?」
と思われますが、逆です。


アライブの音つくりでは明確な完成(提供)する音(アライブサウンド)が決まっています。
その音になるように響きをコントロールしていくのがスーパーデッドニングです。

だから1台1台響きを感じ取りながら施行しているのです。

制振材を貼った結果の音を提供しているのではありません。

そもそも貼る制振材自体の大きさが私自身が適当にカットしている物(敢えてそうしている)なので、全く同じ場所に同じ大きさの物を貼る事の方が至難の業です(笑)


スーパーデッドニングを考案する前までは一般的なデッドニングと同じで、とにかく制振材を貼りまくっていたので、その当時は「制振材を貼った結果の音を提供していた」という事になりますね。

あまり大きな声では言えませんが・・・当時は納得いく音になる時もありましたが、「あれっ???なんか違う???」という音になる時もありました(汗)
今思えば制振材を貼った結果の音を提供していたので、そうなる事は当然ですね。


スーパ―デッドニングを考案して15年以上経ち、その間数えきれないくらい多種多様の車を施工してきました。

さすがにこれだけの経験値を重ねてきていますので、今ではどんな車でもシステムでも、出来上がる根本のサウンドは全てアライブサウンド(いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド)になります。

もちろんすべての車種、システムでスーパーデッドニング効果が出せるかと言うと残念ながらドアの構造やシステム構成によっては施工効果が出せない場合もあり、残念ながら施工をお断りさせて頂く場合もあります。
その判断も長年の経験によって出来る事ですね。



という事で、なんのこっちゃよくわからん事になってきましたので施工の続きをしてきます(笑)

ではでは〜


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒651-2116
兵庫県神戸市西区南別府
4丁目38-2

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます