MAZDA CX-8

DSC04690DSC04692

DLS M6.2i スピーカー交換とスーパーデッドニング施工の「コスパ最高プラン」です。




DSC04697
DLSのエントリーモデル「M6.2i(定価29,000円(税別))」です。

DSC04704
市販のインナーバッフルを利用して取り付けます。
色を剥ぎ取ります。

DSC04705DSC04706
制振塗料ダイポルギーを塗り込みます。
防水対策とバッフル自体の余計な共振を止める効果があります。


DSC04702
純正のスピーカーケーブルをカットしてM6.2iのパッシブネットワークを割り込ませます。
純正の状態に容易に戻せるように接続部分は2極カプラー式にしています。

DSC04698DSC04699
樹脂パネルを取外し。

DSC04707DSC04708
ドア内部の汚れや脂分を丁寧に取り除きます。
この下地処理が重要なのです。


DSC04709
アウターパネルを指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC04710DSC04711
敢えて適当にカットしてある制振材の中から最適な物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC04712DSC04713
貼り終えた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。
この工程は腕や指先が痛くなり地味に大変です(^▽^;)

DSC04716DSC04719
押さえ漏れの無いようにしっかりと!!

DSC04723DSC04728
スピーカー裏の背圧があたる面に耐熱ボンドを吹き付けて吸音材を貼り付けます。
スピーカー背面から出る反射音を防ぎます。


DSC04726DSC04727
インナーバッフルを純正スピーカー位置へ取り付けます。
ドア内部の雨水があたる面にコーキング材を塗りつけて防水効果を高めます。

DSC04733
スピーカー取り付けます。


DSC04694DSC04729
ツィーターは純正位置へ加工取付します。

DSC04732DSC04696
表面からの見た目はわかりません(笑)


DSC04734
ここから音楽を鳴らします。

DSC04737
音楽を鳴らすとドアのインナーパネルにスピーカーからの振動が伝わって響きます。
このドアの響きがスピーカーの音を悪くしているのです。

手をパネルに触れて響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC04738DSC04739
ポイント部分に制振材を貼り付けヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC04741
そして次のポイントを探ります。


これを繰り返していきドアのインナーパネルの響きを整えていきます。


DSC04742
完成です!!

ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング