ここ最近ブレイク中のアライブおすすめスピーカー交換メニュー「コスパ最高プラン」の試聴デモカーが出来ました!!

車はこちら・・・

DSC06075DSC06076
日産モコです。

内容はコストパフォーマンス最高のスピーカーユニットとスーパーデッドニングをセットにしたプランです。


セットするお勧めのスピーカーユニットがこちら。

DSC06081
スウェーデンのスピーカーメーカー「DLS」のエントリーモデル「M6.2i」です。



DSC06088
インナーバッフルはコスパを重視して市販の物を使用します。
ただしこれをそのまま使用するのではなくアライブ独自の「スピーカーを活かす」為の細工を施します。


DSC06117
まず元の塗装を全て剥ぎ取ります。

DSC06118
つづいて制振塗料「ダイポルギー」を塗り込みます。

DSC06119DSC06120
何回かに分けてしっかりと塗り込んでいきます。
そして乾燥します。

DSC06130
ダイポルギーを浸透させることによりバッフルボード自体の防水効果と、余計な共振を防ぐ効果があります。
その効果によりスピーカーユニットのクオリティーをより良く引き出す事が出来ます。


ここで一旦インナーバッフルの施工はおいときまして、スーパーデッドニングの施工へ。


DSC06077DSC06082
内張り外します。

DSC06083DSC06087
純正スピーカーです。
モコは日産ですが車体自体はスズキなので純正スピーカーもスズキと同じものです。

そしてビニールを外しますがスズキのビニールを固定してあるブチルがなかなかの曲者で、そう簡単に除去できません(汗)

DSC06091
それなりの時間はかかりましたが綺麗に除去できました。

DSC06089DSC06090
そしてドア内部を丁寧に脱脂処理。
この様な地味な下地処理は非常に重要で、プロとして職人として絶対に手を抜けないところですね。

脱脂処理が出来たら、まずアウターパネルの響きを制振材を利用してコントロールしていきます。


ちなみにスーパ―デッドニングは制振材を闇雲に貼り付けてドアの響きを殺してしまうのではなく、心地よく感じる響きになるようにコントロールするアライブ独自のデッドニング施工法です。

ドアをスピーカーボックスとして利用するのが基本的なデッドニングの考え方ですが、アライブのスーパ―デッドニングは違います。

ドアは薄い鉄板で出来ているのでちょっとした振動でも共振しやすく、指先で軽くたたくだけでも「ビンビン」と鉄板特有の響きが発生してしまいます。

そんな共振しやすいドアにスピーカーが装着されているのです。

ホームオーディオ等の一般的なスピーカーで、車のドアのようなペラペラの鉄板で出来たスピーカーボックスに装着されている物って存在しますか?

まずあり得ませんね。
なぜなら「絶対に良い音にはならない」からです。

スピーカーから音が鳴ると振動が発生してペラペラの鉄板のドアに伝わります。
ペラペラの鉄板ですので共振しまくり、その響きがスピーカーから出るべき本来の音の邪魔をするのです。

こんな状態のドアは通常のスピーカーボックスとは根本的な部分が違いますね。
ですので車のスピーカーではスピーカーボックスの理論が通用しません。

ではどうすれば良いのか?

響きで音が鳴る物と言えば・・・

「楽器」です。

楽器は基本的に楽器本体の響で音を発生させています。
しかもただ闇雲に響かせているのではなく、良い音色が出る響きになるような形や構造で成り立っています。

その事から車のドアはどちらかというと楽器ボディーに近いのでは?
と、ある時気付いたのです。

そう気付いた背景には僕自身、長年ギターを趣味として弾いているからだと思います。
ギターは弦を弾いて振動を発生させてその振動がギターのボディーに伝わり音色を出す構造です。
ギターを弾いているときは常にギター本体の響きが身体に伝わってきます。
チューニングがバッチリ合っていい音色が出ているときは身体に伝わる響きも自然に心地よく感じます。

そんな感覚が自然に身についていたのだと思います。

その気づきから「車のスピーカーは音楽を鳴らす楽器」という考え方をもとにドア本体を楽器のボディーに見立て、余計な響きは消しつつ音楽が心地良く鳴る様な響きにコントロールするという独自の施工法を考案したのです。

それが「スーパーデッドニング」です!!


おっと、ついつい熱く語ってしまいました(笑)

では施工内容に戻ります。
アウターパネルをドア内部からコンコンと叩きながらドアの響きを感じ取り、制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC06094DSC06093
最初は大まかに貼っていきますがある程度貼り付けた後は更に制振材を細かくカットしながら響きを微調整していきます。

DSC06095DSC06096
貼り付けた後、ヘラでしっかりと全ての制振材を押さえ付けていきます。

DSC06098DSC06099
こんな感じで押さえ漏れの無いように確実に。

DSC06100DSC06101
軽自動車はドアの厚みが薄いので手が入りにくく押さえるのも一苦労です。
この工程が一番大変で、押さえ終わったころには手の甲や腕が傷だらけになってます(汗)


続いてスピーカーの背面に吸音材を貼り付けます。

DSC06108DSC06109
スピーカー裏から出る音がアウターパネルにあたって反射して出る音に干渉して悪影響を及ぼします。
聴感上では中低音域がぼやけた感じになります。

それ(反射音)を防ぐためにこの吸音材を貼り付けます。


次にサービスホールを塞ぎます。

DSC06112
ゴム質の制振材をサービスホールの大きさにカットします。

DSC06110
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化して制振材が剥がれにくくします。

DSC06113
ヒートガンで温めながら太鼓の革を張る様な感じでしっかりと貼り付けていきます。

DSC06114DSC06115
各ケーブル類を上手く逃がして貼り付けます。
このケーブル類が以外と面倒で、ケーブルの取り廻しをよく考えないとうまく塞げません。


つづいてインナーバッフルを取り付けます。

DSC06131DSC06132
インナーバッフルの内側はドア内部からの雨水が伝わってくる可能性があります。
(ドア内部はもともとそういう構造になっています)

インナーバッフル自体にはダイポルギーを浸透させているので防水対策にはなっていますが、念には念をという事でコーキング材を内側に塗り込んで更に防水対策を施します。

DSC06133
コーキングを乾燥させます。


その間にネットワークの接続を行います。

DSC06127DSC06128
キックパネルを外してドアスピーカー側へ接続されているスピーカーケーブルを探ってカットします。
2極カプラーのオスメスをそれぞれ取り付けます。

DSC06129
ここにM6.2iスピーカーに付属のネットワークを割り込ませます。
ちなみにこのカプラーを接続すれば純正配線に戻るようになっています。

DSC06135DSC06136
ツィーターへのスピーカーケーブルは別途新たに引き込みます。
それぞれカプラー式にして純正戻しが容易に出来るようにしておきます。

DSC06137DSC06139
ツィーターは純正ツィーターがもともとある場合は基本的に純正位置へ取り付けます。
このモコにも純正ツィーターがあったのですが、純正ツィーターが付いているグリルがあまりにも小さすぎてM6.2iのツィーターの固定が出来ませんでしたのでツィーターレスのカバーに取り付けました。


DSC06121DSC06122
純正スピーカーのカプラーは純正に戻せるようにカットせずに残しておきます。
M6.2iへのスピーカーケーブルを途中から分岐させて接続。

DSC06123DSC06124
半田で確実に接続します。

DSC06141
スピーカーを取り付けます。


ここからスーパーデッドニング最終工程に突入です。

DSC06154
エンジンをかけて実際に音楽を鳴らします。
(生音のベース音がしっかりと鳴る決まった曲を鳴らします)

DSC06156
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルへ伝わります。
インナーパネルに手を触れて響きを感じ取ります。

感覚としてはまずは響きの強い所から探っていく感じです。

DSC06157DSC06158
敢えて適当な大きさにカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んで探り当てたポイント部分に貼り付けます。

DSC06159DSC06160
貼り付けた後、ヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC06161
次のポイントを探ります。

これを繰り返していき・・・

DSC06162
完成です!!

インナーパネルはスピーカーからの振動が直接伝わります。
実はこのインナーパネルの響きがスピーカーの音を悪くしている一番の原因の部分です。

純正スピーカーの状態でボリュームを上げていくと音が歪んだ(割れた)ようになり、ボーカルや各楽器の音それぞれがぐちゃっと潰れたようになり、ただただうるさい音になっていませんか?

その時に皆さんは「やっぱり純正スピーカーはダメだ」と思うでしょう。
そして、いの一番に「スピーカー変えないと」となりますね。

しかしスピーカーを変えても音は変わりますがボリュームを上げた時の「音が歪んでただただうるさい」という現象は改善されません。

なぜならその原因は純正スピーカーではなくドアのインナーパネルの響だからです。

スピーカーのボリュームを上げると響きが直で伝わるインナーパネルの響きも大きくなります。
しかも薄い鉄板なので部分的には増強して響きまくります。
その響きが音を歪ませているのです。
簡単に言えば余計な雑音がスピーカーの周りから出まくっている状態なのです。

スピーカーを良い物に交換してもその部分は改善されるはずがありませんよね。
逆に言えばそこを改善せずに高価なスピーカーに交換しても、その高価なスピーカーのクオリティーが発揮できないという事になります。

ではそのインナーパネルの響きを止めてしまえばいいのでは?
確かにそうなのですが完全に止めるにはさらに鉄板を分厚くするなど相当強化をしないと止まりません。
制振材をガッチガチに貼るくらいでは止まりません。

それ以前にそんな事をしてしまうとドア自体がかなり重たくなりますし、ドアとしての機能が損なわれてしまい、車で音楽を良い音で聴く以前の問題になってしまいますね。


しかしスーパ―デッドニングの場合はドアを楽器のボディーとしてその響きを利用し、スピーカーの音がより良くなるような響きにコントロールしているのでそんな心配は一切無用です。

逆に純正スピーカーの状態でもスーパーデッドニングのみの施工で激変します。
それは今まで何百台と施工してきた実績から証明できます。

ですのでスピーカー交換をするにしても、音を悪くしている最大の原因であるドアの響きを改善する事が先決かつ重要という事なのです。



長々となりましたが、以上が「コスパ最高プラン」デモカーのご紹介です。

注意事項としてですが、

◆ 基本的にこのプランは市販のインナーバッフル(MDF製)の設定がある車種のみ対応となっております。
◆ 設定がない車種は別料金となりますが、別途インナーバッフルを製作いたします。
◆ 純正スピーカー取付位置や構成が特殊な車種は適応外となります。

ご不明な点はお問い合わせください。


今回はメインのフロントのみ施工しましたが、次はリアの施工も行う予定です。
また出来次第ご紹介いたします。

乞うご期待!!


このモコの試聴ですが事前に試聴希望のご予約をお願いいたします。
代車でも使う場合があります。
突然来られても車がない場合がございますので必ず事前にご予約をお願いいたします。

下のお申し込みフォーム備考欄に「モコ試聴希望」と記載してお申し込みくださいませ。
お見積りや施工ご予約のご依頼もこちらのフォームからお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング