本日はこちらのお車のご紹介。

DSC04178
TOYOTA CAMRY
カムリです。

DSC04179DSC04180
赤黒ツートンでめちゃめちゃ渋いです!!


ご依頼いただいた施工内容は『スーパーデッドニング&スーパーチューニング・フロント&リア同時施工』です。





最近人気のメニューです。


DSC04181DSC04183
オーディオは純正JBLシステムです。
この様なシステムは基本的にスピーカー交換等が出来ません。

そんなシステムにこそスーパーデッドニング施工がベストマッチです!!
さらに今回の施工メニューはスーパーチューニングもトッピングしたフルメニューです。


DSC04184DSC04188
フロントドア
最近のトヨタ車はエアバックセンサーの関係でサービスホールが樹脂パネルで塞がれています。

DSC04185DSC04189
リアドア
リアドアも同様の構造です。

DSC04195DSC04199
スピーカーと樹脂パネルを一旦取り外します。

DSC04197DSC04198
純正JBLフロントスピーカーです。

DSC04201DSC04202
純正JBLリアスピーカー


アウターパーネルの施工。

DSC04203DSC04204
ドア内部を丁寧に脱脂処理後、指先でアウターパネル裏をコンコンと叩きながら響きを感じ取り制振材を貼り付けるポイントを探ります。

敢えて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC04205DSC04206
これを繰り返していきます。
はじめは大まかに貼っていき制振材をさらに小さくカットして響きを微調整していきます。

DSC04207DSC04208
ヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC04209DSC04210
手が入りにくい部分は非常に押さえにくいです(汗)
そんな部分もしっかりと押さえられるように体制を変えながら確実に押さえていきます。

地味な作業ですがこの工程が一番過酷で時間かかるところです。
でも絶対に手を抜く事はありません!!(当たり前ですが・・・(^▽^;))


DSC04221DSC04222
リアドアも同様に施工していきます。


DSC04225DSC04227
スピーカー裏から出る背圧があたる面に吸音材を貼り付け余計な反射音を防ぎます。
貼り付ける前に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化しておきます。


DSC04231
カムリのJBLシステムはダッシュ上両サイドに中高音域を再生するスコーカーが装着されています。

DSC04232DSC04233
取り外すとこんなユニットです。

DSC04234DSC04235
装着部分のダッシュ側はこんな感じ。
ちょっと見にくいですがスピーカー下は筒抜け状態です。
これではボーカル等の音がぼやけてドアスピーカーとツィーターとの音の繋がりもよくありません。

この部分にもチューニングを施します。

DSC04239DSC04242
シンサレート吸音材をスピーカーを包み込むような感じで装着。
これにより中音域の音に芯が出てメリハリもよくなります。


DSC04243
スピーカーと樹脂パネルを取り付けます。
ここから実際に音楽を鳴らします。

音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わります。
このインナーパネルの響きがスピーカーの音を悪くしている最大の原因なのです。

ボリュームを上げていくとスピーカーの振動が大きくなります。
それに応じてインナーパネルに伝わる振動(響き)も大きくなります。

このインナーパネルの響きが本来出るべき音の邪魔をして歪んだような音になってしまいます。
ボリュームを上げた時にボーカルや各楽器等の音が潰れたようになるのはこのインナーパネルの余計な響きが原因なのです。

かと言って制振材を貼りまくって響きを殺してしまうと、音楽として心地よい響きまで殺してしまい逆効果となってしまいます。

スーパ―デッドニングでは余計な響きは消しつつ、音楽としての良い音色を奏でる響きを作り出す施工法です。


DSC04244
音楽を鳴らしている状態でインナーパネルに手を触れるとパネルが響いているのがわかります。
その響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

まずはスピーカー周りの響きが強い所から制振材を貼っていきます。

DSC04245DSC04246
最適な大きさの制振材を選んで貼り付けます。

DSC04247
ヘラでしっかりと押さえ付けます。

そして次のポイントを探り、これを繰り返していきます。


DSC04248
これで完成!!

DSC04251
リアドアも施行工程は全く同じです。

以上でスーパーデッドニングの完成です。


続いて内張り裏へ施工するスーパーチューニング。

DSC04186DSC04187
内張り裏です。
内張りはプラスチックで出来ていますのでドアの響きが伝わり共鳴してしまいます。
また内張り内には空洞がたくさんあり、そこに音が溜まって音抜けを悪くする原因となっています。

ドア本体はスーパーデッドニング効果で良い響きになったとしても、このような状態の内張りが装着されるとせっかくのスーパ―デッドニング効果に悪影響を及ぼしてしまいます。

特にスーパーチューニングは音の細かなニュアンスの部分に効果を発揮します。
ですので基本的にはスピーカー交換をしてそのスピーカーのクオリティ(ニュアンス)をより引き出すためのメニューとしてお勧めさせて頂いています。

しかし純正JBLの様な標準のスピーカーよりもクオリティーの高いユニットで、かつスピーカー交換が出来ないようなシステムの場合にも効果的ですのでお勧めさせて頂いています。


内張り自体の共振を防ぐために「ダイポルギー」という制振塗料を内張り裏全面に塗り込みます。

DSC04258
ダイポルギー

水性ですので水で少し薄めながら徐々に塗り込んでいくのですが、そのまま塗ってしまうと後々ペロペロと剥がれてしまいます。


DSC04254DSC04255
塗り込む前にしっかりと足付けをしておきます。
この地味な作業が非常に重要なので、ここも絶対に手を抜けないところです。

DSC04256DSC04257
凸凹があるので意外と時間がかかる作業です。

DSC04260DSC04261
まずは満遍なく刷毛で塗り広げていきます。

DSC04262DSC04264
1回目塗り込んで乾かします。

ある程度乾いたら2回目を塗ります。

DSC04265DSC04266
次は濃い目にたっぷりと塗り込んでいきます。


DSC04268DSC04267
しっかりと乾燥させます。
冬場はなかなか乾かないので空き時間が出ないよう施工手順を考えて施工します。


DSC04270DSC04272
しっかりと乾燥した後は内張り裏の要所要所に吸音材を貼り付けていきます。

DSC04273DSC04274
これで完成!!

DSC04278
リア側も同様に完成です。


DSC04279DSC04280
最後にサウンド調整ですが、スーパーデッドニング&スーパーチューニング効果で全てフラット。
要は調整する必要がないという事です。

前後バランスはJBLシステムの場合はセンター位置がベストです。


以上ですべて完成です。

この内容での施工日数は、車種と季節によりますが4〜5日間のお預かりです。


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング