堺市からお越しのアルファード、続きです。




DSC03346DSC03347
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化し、ゴム質の制振材を利用してサービスホールを塞ぎます。


DSC03349DSC03350
スピーカーを固定する穴にナットリベットを埋め込みます。

DSC03353
これによりスピーカーをボルトでがっちりと固定する事が出来ます。


DSC03354
ここから実際に音楽を鳴らします。

DSC03357DSC03358
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わります。
手をインナーパネルに触れて響きを感じ取り、制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC03359DSC03360
ポイント部分に制振材を貼り付けてヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC03361
次のポイントを探ります。

これを繰り返していき・・・

DSC03362DSC03363
スーパーデッドニングの完成です。


続いてスーパーチューニングの施工です。

DSC03368DSC03369
内張り裏全面に制振塗料ダイポルギーを塗り込むのですが、その前に密着性を高めるために足付けをしていきます。

DSC03370DSC03371
この工程は意外と時間がかかるのですが、この作業を怠るとせっかく塗り込んだダイポルギーが剥がれてしまいます。

絶対に手を抜けない重要な工程です。

DSC03372DSC03373
ダイポルギーを水で薄めながら塗り広げていきます。

DSC03374DSC03375
まずは1回目、満遍なく塗っていきます。
乾燥させます。

DSC03377
2回目は厚めに塗り込んでいき、完全に乾燥させます。
乾燥には時間がかかるので前日の夜までに塗って一晩乾燥させます。


DSC03379
完全に乾燥した後は要所要所に見合った吸音材を貼っていきます。

DSC03380
これでスーパーチューニングの完成です。

内張りを取り付けてすべて完成です。

ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング