気まぐれ連載中の、スーパー3点セット施工のレヴォーグです(笑)

その1はこちらをご覧ください。


その2はこちらをご覧ください。



今回はその3として「スーパーインナーバッフル制作偏」をお送りいたします。


DSC02875DSC02876
まず以前製作していたレヴォーグ用のスーパーインナーバッフル本体の型を元に、ベースとなるバッフルを切り出します。

DSC02881DSC02882
ドアに仮固定してインナーバッフルを固定するボルト穴位置をケガきます。

DSC02883DSC02884
赤丸がバッフル固定用のボルト穴です。
斜線部分はスピーカー背圧がスムーズに流れるためにカットする部分です。

DSC02890DSC02891
鉄粉が飛び散らないようにドア内部と外回りをガッツリ養生します。
さらに霧吹きで濡らして飛散防止します。

DSC02892
まずはボルト穴をあけます。

DSC02893DSC02894
次に斜線部分の鉄板をカット。

DSC02895
ベルトサンダーで余剰部分を削ります。
この時に一番鉄粉が飛び散るので、養生をしっかりとしておかないと後が大変です。

DSC02896
最後にペーパーでバリ取りをします。

DSC02898
錆び防止のペイントをしておきます。

これでインナーバッフルを固定する部分の加工が完成です。


長くなるのでこの続きはまた後日〜

乞うご期待!!

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング