本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_3969
HONDA N-VANです。

DSC_3971
大阪府堺市よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

こちらのオーナー様は約1年ほど前にスーパーデッドニングの施工をさせて頂いたリピーター様です。

DSC02239DSC02274

今回はステップアップのご依頼として、アライブ人気メニューの「コスパ最高プラン」でのスピーカー交換です。

さらにドア内張りへの施工メニューの「スーパーチューニング」と「ツィーターピラー埋込加工」もご依頼いただきました。

※『スーパーチューニング』についてはこちらをご覧ください。


※『ツィーターピラー埋込加工』についてはこちらをご覧ください。



今回、一気にフルメニュープランの施工となります。
ありがとうございます。


DSC_3982
取付するスピーカーは定番の「DLS M6.2i」です。

コスパ最高プランですので、インナーバッフルは市販の物を使用します。

DSC_3995
が、アライブサウンドとしてはこのまま使用するわけにはいきません(笑)

DSC_3996DSC_3997
元の色を剥がして制振塗料「ダイポルギー」をしっかりと塗り込みます。
これにより防水対策とインナーバッフル自体の強度をアップして余計な共鳴を防ぐ効果があります。

DSC_3998
しっかり塗り込んで、しっかりと乾燥させます。

DSC_3999DSC_4000
インナーバッフルをドアに固定した後、内側の雨水があたる部分にコーキングを塗り込んで更なる防水対策を施します。


コーキングを乾燥させている間にツィーターピラー埋込加工の工程へ。

DSC_3983
ツィーター固定の土台となるリングを切り出します。

DSC_3984
Aピラー全体をサンダーで足付けをし、土台のリングを埋め込む最適な位置に穴を開けます。

DSC_3986DSC_3985
Aピラーを車両に取り付けて左右それぞれ最適な角度に合わせて土台のリングを固定します。

アライブサウンドのコンセプトである「聴き疲れしない、いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド」での、ダッシュボード上部全体に音が広がる様なサウンドを作り出すには、このようなツィーターの向き(角度)となります。

それに合わせて左右の向きをそれぞれ決めています。


DSC_3987DSC_4001
Aピラーを車体から取り外してパテ整形を行います。

一度に盛れないので盛っては削りを繰り返して成形していきます。

DSC_4002
はじめは粗削り。

DSC_4003DSC_4024
最後は手作業で形を整えていきます。

DSC_4025DSC_4026
成形が出来たらダイポルギーを塗り込みます。

DSC_4027
2回に分けてしっかりと塗り込みます。

DSC_4028DSC_4029
ダイポルギーを塗った直後は艶があってパテ整形した形がよくわかるので、絶妙なラインが出ているかどうかのチェックが出来ます。

ここでいつも「おおっ!!ええ感じのラインが出てるやん!!」と自画自賛するのです(笑)


DSC_4034DSC_4035
ダイポルギーが乾いたら細かい凸凹があるのでペーパーで表面を削って慣らします。

DSC_4036
削りカスを水で洗い流します。
そしてしっかりと水分を乾燥させます。

DSC_4037
生地を貼るための耐熱ボンドを全面に吹き付けてある程度乾燥させます。


そうこうしている間にインナーバッフルのコーキングが乾きますのでスピーカーを取り付けます。

DSC_4043DSC_4046
スピーカーを取り付けて直ぐの音はとんでもなく変な音なのでしばらく鳴らし込みます。

写真はすでに施工後ですが、ある程度エージングしてまともな音が出るようになった時点で施工済みのスーパ―デッドニングの修正、微調整を行います。


DSC_4047
ピラーのボンドが乾いたので生地貼り工程へ。

DSC_4052DSC_4053
で、いきなり完成(笑)

ツィーター周りにはスーパーリングを装着。

DSC_4048DSC_4049
これも手作業で制作。

DSC_4050DSC_4051
ツィーターの音を拡散して広げる役割があります。

ただ、幅が細いAピラーやその形状、またツィーターの形状によってはスーパーリングが装着できない場合があります。

DSC_4054
ピラー裏にはシンサレート吸音材を装着。
車体のピラーからの余計な音を吸音します。

DSC_4057DSC_4058
車体に取り付けました。

DSC_4055DSC_4056
なかなか自然な感じで仕上がりました。


そして「スーパーチューニング」

DSC_4004DSC_4005
内張り裏全面にダイポルギーを塗っていくのですが、密着性を高めるために足付けを行います。

DSC_4006
内張り裏は凹凸などがあって狭いところ等やり難い部分が多々あります。

勢いよくゴシゴシやってると突起部分に指を引っ掛けたりして、場合によっては流血する事もあるのでこの地味な作業は意外と大変なんです。

DSC_4007DSC_4008
そしてダイポルギーを塗っていきます。

DSC_4010DSC_4017
一度には塗れないので一度乾燥させた後、2回目を濃い目に塗っていきます。

DSC_4030DSC_4031
しっかりと乾燥させた後、要所要所に応じた吸音材を装着していきます。

DSC_4032DSC_4040
そして完成です。


とこんな感じですべて完成です。

ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング