おはようございます。
今月は毎日更新を頑張ろうと先日のブログで宣言したのもつかの間、もう9月4日です(^_^;)
三日坊主どころか一日坊主でした(笑)


それはさておき、アライブでは現在「DYNAUDIO(ディナウディオ)」が大ブレイク中です!!

DSC_3669
ディナウディオはデンマークの高級スピーカーメーカーです。





アライブでは20年ほど前からディナウディオを扱っています。
当時のブログで店内試聴スピーカーの紹介記事にも載っていました。


なんとも懐かしい写真です(笑)
当然今の店舗ではなく、前の前の前の時の店舗での写真です。
前の前の前って、何回引っ越してるねんって感じですが…(^_^;)

ちなみにですが、今は店内で試聴できるこんなシステムはありませんm(__)m
そのかわり試聴デモカーはありますよ(^^♪

この頃はいろいろな大きさや構造のスピーカーボックスを制作して、さらにスピーカーボックス内にいろいろな吸音材を出し入れしたりして実験していました。

同じスピーカーユニットでもスピーカーボックスの大きさ(容積)、構造、中に入れる吸音材の種類、量、位置、等々によって音がころころ変わることを体感しました。

とくにディナウディオのスピーカーはスピーカーボックスのチューニング次第で良し悪しが顕著に表れるユニットだったので、めちゃめちゃ勉強になりましたね。

また鳴らすパワーアンプによっても良し悪しの違いもよくわかりました。
さらにスピーカーケーブルやRCAケーブル等のケーブルの音の違いもわかるので、いろいろなケーブルのテストもやってましたね。

当時はこんなことばっかりやってましたね(^-^;
暇だったのか!?(笑)

とにかくこの経験がアライブ独自の施工法「スーパーデッドニング」に活かされていて、ディナウディオとの出会いがなければ今のアライブサウンドの存在もなかったといっても過言ではないくらいです。


そんな思い入れが深いディナウディオですが、高級スピーカーメーカーというだけあってめちゃめちゃ高い!!





当時は上記の2ラインナップしかなく、どちらのグレードもそう簡単に手が出せる価格(値段載ってないし…)ではありませんし(最近の値上がりでさらに遠い存在に…)、さらにそれを鳴らすアンプやケーブル類、施行費等々、ディナウディオをまともに鳴らすためのトータルの価格がとんでもないことになります。

ですので実売はそんなに多くはなかったですね。


ところが約3年ほど前に新たなラインナップが追加されました。


cbesotan212
こちらは価格表示がありますね(笑)
量販店が扱っているような国産スピーカーの価格と比べると「高っ!!!!」って思われるかもしれませんが(そもそも比較対象ではないですが…)、ディナウディオとして見ればかなりリーズナブルな価格となっています。

もちろん上位クラスとの違いはあるかと思いますが、ディナウディオというブランドのスピーカーがこの価格帯で手に入ると思うといいのではないでしょうか?


そんなこんなでたまたまですが、「只今、ディナウディオがブレイク中です!!」というお話でした(笑)


ではまた〜

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング