久々にハイエンドシステムのインストールです。
そして施工車両は懐かしのレアなお車です。
街中ではほとんど見かけることはないですね、

敢えて車種は伏せておきます(笑)


取り付けるスピーカーはこちら。

DSC_6437
DYNAUDIO Esotec MW162

DSC_6438DSC_6439
見た目からして普通のスピーカーとは違い、高級スピーカーの貫禄が伝わってきますね。

そしてツィーターはこちら。
DSC_6707DSC_6706
Esotec MD102
DYNAUDIOのロゴがオーラを醸し出しています。

DYNAUDIOのクオリティーを引き出すためのパワーアンプがこちら。
DSC_6704
mosconi PRO 4/30
モスコニのフラッグシップアンプです。
4チャンネルなのでミッドとツィーターをこれで鳴らします。

結構な大きさなので設置場所はラゲッジルームです。

DSC_6693
スペアタイヤを外したところにアンプボードを製作してインストールしていきます。

まずは電源&アースケーブル、RCAケーブル、スピーカーケーブル、その他の各ケーブル類を前から後ろまで引き回していきます。

DSC_6694DSC_6698
カーペットも取っ払います。

DSC_6699DSC_6700
電源&アースケーブルはバッテリーに直でつなぎます。
久々に4ゲージのケーブルを使いました(笑)

DSC_6708DSC_6710
ヒューズホルダーを設置するためのアングルを製作します。
エンジン等に干渉しない場所を探って、確実に固定できるようにステーを加工して製作します。

DSC_6715DSC_6716
走行中にヒューズホルダーが外れでもしたら大事故につながりますので、設置場所と設置方法は慎重に行う必要がありますね。

DSC_6722DSC_6723
電源ケーブルにはコルゲートチューブを巻いて外れないように要所要所を固定します。

DSC_6724DSC_6725
プラス側は当然ですが、アースもバッテリーのマイナス端子につなぎます。

DSC_6726
室内側も余計なところに干渉しないように丁寧に引き回します。

DSC_6732DSC_6735
スピーカーケーブル、RCAケーブル、ワイヤリング。

こんな感じでかなり大掛かりな施工内容となっています。

今日はここまで〜


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング