おはようございます。
またまたご無沙汰の更新です(^^;)

今日はこちらのお車です。

DSC_8312
TOYOTA CH-R

こちらのオーナー様は約4年前にフロントドアのスーパーデッドニング施工から始まり、すぐにスーパーリアデッドニングにステップアップされたリピーター様です。

その時に施工後のご感想メールをいただきました。

ありがとうございます。

そしてそれから数ヶ月後、DLSスピーカー前後交換、スーパーインナーバッフル、スーパーチューニングF&Rのフルメニューで一気にステップアップ!!

残念ながらその時の施工はブログにアップしていませんでした(^_^;)
なので写真だけアップしときます(笑)

DSC03904
DLSスピーカー

DSC03906DSC03907
RCS6.2iとM226

スーパーインナーバッフル制作
DSC03921DSC03926
DSC03927DSC03929
DSC03932DSC03944



スーパーチューニング施工
DSC03886DSC03887
DSC03888DSC03889
DSC03890DSC03892
DSC03941DSC03947



そして今回またまたステップアップのご依頼です!!
モスコニDSPパワーアンプと、DLSチューンナップウーファー取り付けです。

DSC_8317DSC_8319
アライブ一推し、イタリア製パワーアンプメーカー「mosconi(モスコニ)」のDSPプロセッサーパワーアンプ。
8chアンプ搭載でプリアウトが4chの合計12ch出力が可能。
DSPプロセッサーで装着済みの前後スピーカーと、追加のチューンナップウーファーのサウンドセッティングを行います。

DSC_8320DSC_8321
こちらはDLSのチューンナップウーファーです。
国産メーカーと比べると価格はかなり高くはなりますが、鳴りっぷりは本来のサブウーファーと変わりありません。

そしてこちらも。
DSC_8322
オーディオテクニカのパワーレギュレーターです。
車両の電圧は一定ではなく常に不安定な状態です。
パワーアンプはその電圧に左右されてそれが音に現れます。
その電圧を一定に保つ機器で、サウンドのリアリティーがめちゃめちゃ向上します。
こちらもアライブ一押し商品です!!


ということで、まずは各ケーブルのワイヤリング作業から。

DSC_8324DSC_8335
前回助手席下に取り付けていたDLSスピーカーのパッシブネットワーク。
今回はDSPプロセッサーでクロスオーバー調整を行うので必要なくなります。
取り外して、ここにモスコニアンプとパワーレギュレーターを設置します。

DSC_8333DSC_8336
電源とアースはバッテリーに直付けします。

DSC_8341DSC_8340
バッテリー交換等、車両メンテナンス時のことを考慮してワイヤリングします。

DSC_8343DSC_8344
運転席下にウーファーを設置します。


という感じで着々と進行中です。

ちなみに昨日はめちゃめちゃ寒かったので暖房機器をフル回転でした(笑)


ではでは〜

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------
施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング